てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴァンダム式脱獄方 「ヘル」

すっかり忘れていました。4週連続ヴァンダミング。
米国、セガールがセクハラで訴えられたりと色々なアクションがありました。この寒い春に、アクション映画を見まくるのも良いもんです。

今週のヴァンダムは刑務所映画「ヘル」。


不当な裁判で刑務所に送られたヴァンダムが、脱獄します。
「脱獄」ってネタバレじゃないんか!?と思われるかもしれませんが、
この映画のキャッチコピー「完全脱獄!!」なんですよね!
多分レンタル屋さんに行って、ヘルのDVDなりビデオなり手にとってパッケージ見ると、デカデカと書いてあります。
ヴァンダムを檻に閉じ込めようとするのがそもそも無謀って話じゃないですかい

脱獄と言ってもショーシャンクとかそこ等へんの刑務所モノと違い、
力ずくの開けゴマ。
看守を殺害するなどのヴァンダミングな脱獄です。

「看守の体罰」と「喧嘩」と「友情」と「おケツが好きなマッチョ」
「なんでお前みたいなのが刑務所にいるんだよw」と思えるような、やけに哲学的な囚人がいたりと、これぞ刑務所映画。

そして盛り込まれるヴァンダミング。

この刑務所には「スパルカ」と呼ばれる囚人同士を戦わせる風習があり、囚人の権力争いに煽られつつヴァンダムも参戦することになります。


不当な投獄に絶望しつつ、刑務所で生き残るべく戦う男になっていくヴァンダム。
いつものヴァンダム映画と一緒じゃねーかっ!!


アクション色の強い刑務所映画なのに、
被せられる意味深なシーン。
ヴァンダムの葛藤とかだったら、「主人公だからな!」
となる所を、
あまり存在感の無いようなキャラクターの苦悩を突然マジマジと描かれても、ちょっと大味になるんじゃないかと思った。
「ただのヴァンダム映画じゃねぇぞ!」と監督の意気込みが伝わってきそうなシーンだったけど、
意味深 一転 意味不 になる危険もあるのかと感じた。
刑務所の映画だから、人の心理的なシーンを盛り込んでいって、「深い話だなぁ、たまげたなぁ」と視聴者に思わせるのが目的だったのかもしれない。

監督はお馴染みリンゴ・ラム。
中々面白い映画だったと思う。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/13(木) 22:32:16|
  2. オリジナルヴァンダミング4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超大人気ドラマに出現する男 ヴァン○ム

ウホッ

オシャレなドラマ。

迸るトレンディ。

クールなジョークに自嘲的な笑い声。

惚れた腫れたのドタバタ喜劇
亜米利加国で大人気のあのドラマ
「フレンズ」に我らがジャン=クロード・ヴァンダムが堂々出演!!

4週連続ヴァンダミーング!!
第三週目はドラマで見るヴァンダム。





フレンズって何だ!?

いきなりセカンドシーズンなんてレンタルしたもんだから、全くわかりません。
とりあえずフルハウスと同じような感覚で良いっぽいのですが、ちょっとドコで笑えば良いのか理解できない部分がある。


5秒ごとにボケるドラマ「フレンズ」
主に下ネタで構成される大人な雰囲気のボケ、すかさず入る「ワハハハハハ」の笑い声。
テレビドラマでありながら、あたかも観客がいるかのように歓声が聞こえてくる。一種の誘い笑いみたいなものだろう。
しかし、そのギャグがアメリカンなので、日本人が素直に反応して笑えるのかはわかりません。
「ん?・・・・あぁ!!」とフレンズの台詞を頭の中で処理しているうちに、もう次のギャグが被せられている感じだ。
私には少し難しい。



ヴァンダムが出てるのに誰も死なないドラマ「フレンズ」

これは仕方ないかもしれない。
「フレンズ」は固定のメンバーが強いキャラを持っていて、背景・場面は変われど狭い範囲でギャグをこねくり回す。
ヴァンダムがレギュラーメンバーに後ろ回し蹴りを喰らわしたり、ナイフを刺したりしたら大変なのだ。

前回でチャンドラーは死んだので
次回からチャンドラー不在

だと既存のファンに申し訳が立たない。


そして、このフレンズにおいてヴァンダムはただのゲスト。
ちょいと大物登場で「ワーオ!!!」と見ている人が喜んでくれればそれで良いや!なポジションである。

設定としてはダスティン・ホフマン主演で有名なパニック映画「アウトブレイク」
その続編の「アウトブレイク2」の撮影現場にフレンズのメンバーが遊びに来て、
ヴァンダムに会う。

メンバーの一人、女性がヴァンダムのファンと言うことで話が広がっていく。
という回だ。

なんとヴァンダム、登場して間もないうちにフレンズ、レギュラーメンバーの二人の女性を手玉に取る!!
流石色男ヴァンダム。
一話30分のこの回において、総出演時間7分程度の間に強烈なヴァンダミング。
その存在感たるや、まさにヴァンダボーである。
やったぜヴァンダム!



ヴァンダムの他に、アメリカ姉御ジュリア・ロバーツまで出てくる。
なんて豪華な回なんだ!!


映画界だけではなく、大衆向けドラマでまでその豪腕を振るうヴァンダム。
まるで別世界の住人が登場したかのような心地よい違和感。
アンパンマンにドラえもんが出てくるようなもんで、なんとも新鮮だ。


  1. 2010/04/15(木) 00:47:22|
  2. オリジナルヴァンダミング4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原宿を混乱に陥れる謎の男 JCVD

原宿で事件発生!

「芸能人がいる」との噂を発端に殺到するギャル達。
けが人が出るほどの大パニックに陥いり、壊滅状態の原宿。

犯人はジャニーズか?
山Pなのか!?

それともジャック・スパロー船長か!?

私は違うと思う。


捜査線上に浮かび上がる黒い影
今、女子高生の間で密かなブームとなっているあの男。
兄貴にしたいアクション俳優NO.1
犯人「ジャン=クロード・ヴァンダム説」急浮上!!
ヴァンダムの現住所は「香港」。
原宿までの距離約1000キロか!?
近い!!
原宿にヴァンダムが現出する可能性は高かった。

と、いうことで

4週連続 「ジャンクロード・オブ・ヴァンダミアン マッチョマンズチェスト」
第二週目突入。
物語はついに最終章へ!

今日紹介する映画は「その男ヴァンダム」!!
の「特典映像」!

昨今のDVD、メイキング映像くらい付いてて当然的な空気がありますが、「その男ヴァンダム」の特典映像は一味違うぜ。
「もう一つの本編」ともいえるボリューム。

撮影裏話、ヴァンダムのブリュッセル観光案内。
なんと!ヴァンダム聖誕の地ブリュッセルをヴァンダム自らが、幼少の頃の思い出を語りつつ案内してくれるという超ヴァンダミングなボーナス特典なのだ。


ヴァンダム「小さい頃はよく空気銃で遊んだよ」


幼少の頃から「戦う男」の片鱗を見せていたことや、
ヴァンダムの昔住んでた家が、今は床屋になっている驚愕の事実まで!!
喋る喋るヴァンダム!信じられないハイテンションでブリュッセルを歩き回る。
インタビュアーもちょいと引くくらいのはしゃぎっぷりにヴァンダムの素晴らしいサービス精神を見た!

インタビュアーを空港まで迎えにきているヴァンダム!!(!?)
インタビュアーを助手席に座らせ安全運転のヴァンダム!!
アンタ大スターだろうが!!もっと偉そうにしろよっ!!セガールみたいによ!!
あますことなくヴァンダミングな内容の特典映像。


また日ごろのトレーニング方法まで露になる特別仕様。
「ヴァンダム式バーベル術」を貴方もマスターしよう!
体を第一線にさらし続けるアクション俳優の特別な肉体の作り方、やはり一工夫なされていたぜ!



通常のメイキングは、俳優ジャン=クロードの演技に対する真摯な姿勢が白日の下に露になる。
実はヴァンダムは演技が上手い。
アクション映画では無い本編「その男ヴァンダム」を見てみると、母国語であるフランス語を操り、全く違和感無く役である自分「ヴァンダム」を演じている。
アクション要素のほとんど無いこの映画で注目されるのはヴァンダミングではないのだから、自然に演技に力が入るのもわかる。(力むのではなく)
監督・ヴァンダム共に納得するシーンが撮れるまで撮影を繰り返す。
上手くいかず、苛立ちをつのらせるヴァンダム。
スタッフに迷惑をかけてしまう自分を責めてしまうヴァンダム。
ヴァンダムの弱い面も垣間見れる貴重な映像だ。

アクション路線から脱したこの映画に出るのに、どれだけ勇気を振り絞ったのだろうか。
今まで築いてきた「ヴァンダム」のブランドから大きく逸脱する本作だが、それでも、どこまでも自分の映画にこだわるヴァンダボーな姿勢が心に響く。
アクション俳優だって全て筋肉でものを考えているわけではない。
アクションを前面に出した映画でも、低予算でも、心を込めてきたヴァンダム。
凄い真面目なんですよね、この男の人は。
ヴァンダミング映画からは想像もできないほどド真面目な性格ですよ。
色んな映画のメイキングでヴァンダムを見てきたけど、どの映画でも
「(この映画の)ここが良いんだ!」「凄い映画なんだ!!」「スタッフ、皆が凄いんだ!!」
と熱く語っています。
この人の映画への思いはいつも感動する。
流石、単身アメリカに乗り込み、努力でのし上がってきた「漢」ヴァンダム。
根っこが太いぜ!憧れるぜ!


世界はこの男を捨ててはならない。



4週連続ヴァンダミング。
一週目は脳みそすっからかんガチアクション「ハードターゲット」。
そして二週目に「その男ヴァンダム 特典映像集」。
激しいアクションから一転して、今週はヴァンダムの素顔を見てみる。
きっと貴方のヴァンダム観が一変したはずだ。
俳優って凄いです。
  1. 2010/03/30(火) 00:53:24|
  2. オリジナルヴァンダミング4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパーヴァンダミング4(キャトル)

4週連続パイレーツ・オブ・カリビアン。
なんだぁそれ?

ならば私は4週連続ジャン=クロード・オブ・ヴァンダムだ。

皆大好きなヴァンダム映画を4週間かけてじっくり見ていこうねぇ

さぁ今週のヴァン・ダムは!?

スーパーヴァンダミングアクションいくぜぇ!!


ハードターゲット!!
ちょっと前に紹介したスーパーヴァンダミングアクション映画ですが、今週はこの素晴らしい映画を再び味わっていきたいと思います。

監督はジョン・ウーさん。
二丁拳銃と鳩。

撃ちっ放し、爆発しっぱなしの派手な映画を撮ることで有名なヴァイオレンスディレクターです。
このハードターゲットはジョンウー監督北米大陸進出記念作品ということで、盛大にヴァンダミングした愉快なアクション物語なのです。

矢、一本で家屋一軒吹き飛んでしまう映画は中々ないと思います。
火力と格闘シーンの素晴らしさは前の記事で結構語ってしまったので、今回は違うところに注目してみます。



敵俳優陣にも輝きのある「ハードターゲット」
まず、ランス・ヘンリクセンさん。「エイリアン」シリーズのアンドロイド役で私の印象に強く残っている俳優さんです。
真面目で優しそうな顔のランスさんですが、このハードターゲットではインテリでいてプロフェッショナルの冷酷な殺し屋として、抜け目無い悪党といった雰囲気をかもし出すヴァンダミングな怪演を私達に見せてくれます。
カッコイイデス。
ヴァンダムに追い詰められ、段々と冷静さを失っていく演技とか、ヴァンダヴォー!
体もあまり大きくなく、1993年公開のこの映画では50歳オーバーのお歳。
ですが、ヴァンダムとの空気ヒリつく銃撃戦、必死な格闘戦(文字通り的な意味で)を見事にやり抜きました。
ベリーヴァンダボー!!
プロフェッショナル!!
上品なオーラを持つカッコイイ悪役でした!

アーノルド・ヴォスルーさん。「ハムナプトラ」のイムホテップ役と言えばすぐに顔が浮かんでくるでしょう!
ハードターゲットではランスさんの右腕的な有能な役を務めています。
中ボスです。
ランスさんに負けず劣らずの冷静・冷酷さを見せるアーノルドさん。
ヴァンダムとの死亡遊戯(文字通り的な意味で)をスタイリッシュに演じるヴァンダボーな演技。
背景に飛び交う爆発に決して負けぬ存在感。
素晴らしい死に様にヴァンダムのアクションも大いに引き立ったと思う。
ヴァンダボー!


脇もキャラ立つヴァンダミングな「ハードターゲット」の人選。

ウィルフォード・ブリムリーさん。
ヴァンダムのおじき役!(文字通り的な意味で)
弓矢を使って自宅諸共悪党を吹っ飛ばしちゃうヴァンダミングなアーチャーです。
皆が皆銃を乱射する中、一人だけ弓矢装備の男らしいおっちゃん。
中年メタボの可愛らしい外見に反比例する戦闘力でヴァンダムを強力サポートいたします。
ヴァンダヴォー!
劇中突然出てくるちょっとした脇役ですが、その戦闘力を持ってして見る人に強烈な印象を残します。
実はこの映画で最もカッコイイキャラなのかも知れない。
・・・そんなことないか。
そんなことあるか?
う~ん。こういう特殊な位置にある渋いキャラクターが好きだ!

ヤンシー・バトラーさん。
ハードターゲットの名誉あるヒロイン。
お隣に住んでる美人お姉ちゃん風な綺麗な女性です。
8代目ヴァンダガールにも関わらず、ヴァンダムとの決定的な恋愛関係に発展する描写が無い。貴重なヒロインかもしれない。
激しいヴァンダミングな状況にオロオロする一般人の女性ですが、ランスさんに一矢報いる(文字通り的な意味で)強い一面も見せてくれる。
ヴァンダムのフィニッシュに大きく貢献したことは確実。サンキューヴァンダボー。


いや、本当に面白いんですよこの映画。
  1. 2010/03/27(土) 02:03:03|
  2. オリジナルヴァンダミング4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。