てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ディズニーランド

1週間ほど前、デデニーランドに行ってきました。

いったい何年ぶりか、
最後に行ったのは間違いなくトゥーンタウンが完成する前、久々のシンデレラ城にワクワク!

電車から見える難攻不落の名城シンデレラ城。懐かしい!
待ってろミッ○ー!!!戻ってきたぞ!!


まず舞浜駅周辺から作りこまれたデデニーの世界観。
見えそうで見えないランド内と西洋風のドデカイ宿場が興味をそそる。
中から楽しげな声が聞こえてくるのだ。

そして夢と魔法の王国へ入国。
入国手続きは超簡単。
現ナマ払ってパスポートを購入。
改札をくぐればワールドバザールというお買い物エリア。
いきなり外貨獲得に迫り来る王国。
バッチシ日本円で買い物出来ます。
でもお土産は帰りの時に買うよね。


一通り国土を散歩してみたが、平日でも最低40分待ちのアトラクション群。
絶叫系などの人気アトラクションは、1時間を余裕で越える。
夢と魔法の待ち時間である。
いくら友人と一緒とは言えはっきりいって会話が持たない。
カップルの場合深刻な問題となるだろう。
明石家さんま級の人間か、エディー・マーフィー級のマシンガントークでも身に付けていないとまず話題が無くなる。
結構無口な私などは、生まれ故郷である青森の風土について解説を始めるなど意味のわからない行動に出た。

だが、
あたりを見渡せばそこら中に女子・女子・女子!!
卒業シーズンだからか、カワユイ女子が多い。
流石ディズニー、男性客にも夢と魔法の絶景だ。
最早会話などいらぬ
美しい王国の景観に心を打たれた。
なんという開放感
童心を通り越して思春期を再び迎えたかのように私のアンダーマインドは、遥か太平洋の向こう亜米利加国の如く広大に膨れ上がり、宇宙(そら)を舞う戦士の魂のように永遠なる命を得たのである。

待ち時間90分と言っても実際には1時間ほどと思われる。
一度に大人数を回転させるアトラクションは少し我慢してでも並ぶべきだ。


結構たくさんの乗り物を回ったが、一番印象に残ったのはジャングルクルーズ。
・・・あれ?
この船長・・・十年前もいなかった?船長!?船長!!?
凄い、まるでタイムスリップしたかのような感覚。
雰囲気も台詞も昔のまま。
思えば、顔の造形まで瓜二つのような気もする。
夢と魔法の王国は伊達ではない
あまりの懐かしさに泣きそうになった
マジで


夜はエレクトリカルパレード。
チカチカ光る出し物を見物するのも楽しい。
だが、二十歳を超えてしまった私の楽しみはディズニープリンセス達。
ディズニー作品のプリンセスの衣装をまとった西洋人のチャンネーである。
普通に美人なベル(美女と野獣)にシンデレラ。エキストラの日本人チャンネー
色っぽいアリスのヒラつくスカートに、少ない休日無理して家族を連れてきたお父さん方も大満足である。

しかし、本当に懐かしい。
童心も何も、昔刻まれた楽しかった思い出がまさに蘇る。
もうディズニーを真っ当に楽しめる年ではなくなったが、パレードの出し物一つ一つに子供の頃の思い出が湧き出てくるようだった。
ついついボーっと見入ってしまう。
あの輝きは人を恍惚とさせる効果があるんじゃないか?泣けるぜ

閉園時間が迫る。
恥ずかしながら帰るのが寂しかった。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/16(火) 00:38:15|
  2. 夢の王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。