てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歪みなき心 首都東京に

昨日、待ちに待った我らが兄貴ミスター「ビリー・ヘリントン」さんが秋葉原にやって来てくれました。
元ゲイポルノ男優(実際は両刀、バイセクシャル)であり俳優。
現在は建設業に勤める、妻子あり、彼氏ありの一見変わった超マッチョなアメリカ人の彼

極東日本の動画サイト、「ニコニコ動画」のヒーローとなった彼はその日、兄貴動画ファンのために姿を現してくれたのです。観覧はなんと無料
ニコニコ動画においての兄貴と言えば、ポルノ時代の映像が切り貼りされ「直球過ぎる下ネタ、卑猥な編集を施されたMAD動画(局部は完璧にモザイク処理)、として、ある種の笑い者的な扱いだったのではないでしょうか。

「本当に来てくれるの?」
「なんで?バカにされてるのに?」
「怒ってないよね?」
などなど

来日前にはファンの間で様々な心配事が話し合われました。
実際、自分が真面目に仕事を行っている姿が、笑いを呼ぶ物に改変されているとなると、怒るのは当然でしょう。

しかし、当日イベントの兄貴は完全に日本のファンに尽くす・・・歪み無い優しく逞しい兄貴。
まさに我々日本のファンが想像する人物像そのまんま、いや・・・それ以上の素晴らしい人物でした。
そこまでしてくれると何だか申し訳ない気持ちになります。
イベントが秋葉原だけあって、兄貴のフィギュア発表も行われ、

そして・・・なんと・・・・・
兄貴の誕生日である7月14日、再び来日してくれるとの事・・・ッ!!
誕生日にこんな遠くの国来て大丈夫なんですか!?兄貴!
家族とお祝いは?

正直、何故こんなにも積極的に我々ファンを喜ばせてくれるのか全く解りません。
ただの動画からパーーーーーっと人気が出て、日本に呼ばれる。
何故そこで「よっしゃ、そんじゃ行こうか」って気になるのか。
運営の話によれば
「彼は自身のニコニコ動画での扱いを知った上でノリノリである」との事。

マジでこれは一人の人間として尊敬すべき「寛大さ」ではないでしょうか。

ゲイポルノに出演していた人物が人気になる。
おかしいし、間違っている。
そんな意見を持った方もいるでしょうが、
私を例にすると

最初は正直ネタとして、心底バカにしたような気持ちで動画を鑑賞していました。
ですが、ある時彼の中に子供の頃から好きだったアーノルド・シュワルツェネッガー、シルベスター・スタローンに見られる親近感、そして安心感を抱くようになったのです。
シュワちゃんやスタローンって男のヒーローじゃないですか。あのカッコよさには憧れます。それと同じです。
ゲイだホモだと言われてもカッコイイんだからしょうがない。
兄貴に憧れる、男が漢に憧れる、それです。

私は同性愛の気を持っている訳ではないのですが、なぜか彼がすきなのです。
恐らくこのような人は沢山いて、だからこそ昨日兄貴に会いに行ったのだと思います。



そんでイベント、
収容人数300人ってどう言うことなの・・・
入るわけないじゃないですか!
当日他のイベントも同ビルでやっていたので兄貴目的で来た人の人数はわかりませんが、ざっと見積もって700人?もしかして1000人超えてたんじゃないですか?

兄貴の人気を過小評価したのかイベント主は?
そうかもしれない、なんたって彼は動画の中で絶大な人気を誇る人物、実際に彼でお客さんを集めるとなると未知数なところもあります。
もしくは、無料でイベントを行ったので、施設にお金をかけれなかったのかもしれない。

しかし、
さぁ!!これで兄貴の人気がわかったはずです。
次は後楽園でも武道館でも借り切って兄貴単独のイベントを行いましょう!7月14日!!彼の誕生日に

どうせならチケット有料にして兄貴のギャラを奮発、豪華なものにしてくださいよ。

無料だからあんなに集まった?有料にすれば敷居が高くなる?
そこらへんをプロフェッショナルな方々に考えてもらって



因みに、私は当日会場に入ることで出来ませんでした。
徹夜組で300人容量が既に埋まっていた?そうですね。
無念!
街頭の巨大スクリーンで放送を見るというなんともシラけた感じでしたが、不思議と満足な私。
次こそ生兄貴!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/02/15(日) 03:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客さん

バイトでのこと。

私が勤めるのはデパートの水産部門。
仕事と言えば、「掃除~商品の値引き」くらいですね。

その値引き、私たちアルバイトが帰る頃には寿司や刺身を通常価格の半分にして帰るようになっています。
当然半額にすればあっと言う間になくなってしまうのですが、上司に聞くところによれば

「半額で売っちゃうと赤字なんだよね。だから半額って言うのはサービスなんだ。売れ残っても寿司・刺身は当日に消費期限が切れてしまうし」

つまり、残った物はとにかく廃棄・・・
でも半額にしないと殆ど売れない寿司・刺身・・・

半額と言えば、寿司などの当日が最もうまい生鮮食品に良く見られます。
さらに、半額になると言う事は、商品が加工されてから有に数時間経過したものになります。
2割引~3割引~半額、と過程を経るのは「段々新鮮ではなくなる」つまり「美味しくなくなる」って事です。

調理の人達が一所懸命作っているところを見ていると、やはり美味い定価の状態で売りたい所です。


ですが、今日のバイトで嬉しいことがありました。

お客さん「遅い時間に買いに来たけど、すっごい安くて3つも買ってしまったよ~、ありがとう」
と笑顔で言ってくれました。

コチラも「ありがとうございます」と返せば
そのお客さんはまた「いやどうもありがとう」と返してくれます。

う~ん・・・心の底から「ありがとうございます」ですね。
わざわざお礼を言っていただけるのは初めて、と言うかこれから先、まず無いでしょうから本当に嬉しかったです。

「早く半額にしろ」と言って来る人もいる中ですから、これは本当に本当に嬉しい出来事。
サービスの有り方がなんとなくわかったような気がしました。

関連記事
  1. 2009/02/11(水) 06:33:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CoD2 コンプ!! そしてゾンビ狩りへ

今日はバイトのみ!朝を気にせずに夜遊べる!
っと言うことで一気にCOD2をクリアしました。
目指していたのは実績フルコンです。
このCOD2は箱○初期の作品でCOD4のように細かく実績が設定されておらず、10個ほど解除すれば実績1000ゲットとなります。

ただ難易度ベテランで全てクリアすれば良いのです。
チェックポイントも沢山あり、私のような下手な人でも根気があればいつかクリアできるようになってるんですね。

道中は約3発間をおかず喰らえばご愁傷様な中、ヒィヒィ言いながら最凶ドイツ第三帝国を相手にします。
とんでもない凄腕のドイツ兵、小さな隙間でも普通に当ててきます。
人間業では出来ないような事をポイポイしてくるのでそれはそれは死にまくりました。

しかもこのゲーム、味方CPUが役立たずな上、敵が最優先で自プレイヤーを狙ってくると言う男らしさです。
CPUは私の進行を妨害し、あるときは突然動かなくなります。困ったチャンです。
ステージは主人公があるエリアに入ることで敵が発生し次の目的が出現するのですが、敵を全滅させた後は仲間がついてきません。
次の敵を発生させる時は大体一人で進むことになります。
これが一番キツイです。
「そ!こ!か!ら!??」ってくらい突然撃ってきて死にます。これが一番イラつきました。
だからチョコチョコ敵を発生させては少し戻りCPUが来るのを待つ・・・みたいな姑息な手段を使ったりしました。
と言っても敵が真っ先に狙うのは自分。弾除けにもならない味方CPUを少しでも頼りしても・・・

やっぱり使えない。
まさに犬死ですよ。味方沸く→前に出て撃ち始める→すぐ死ぬ  の繰り返し。あのプライス大尉でさえ槍衾

ただ凄い便利なときもあります。
CPUは「手榴弾を投げ返せる」のです。
このCOD2では自分は敵の手榴弾を投げ返す事が出来ないので、これのお蔭で助かる場面もあります。

ラストステージは伝説の戦車ティーガーを2両撃破して終わり。
終わってみればラストが一番簡単でした。でももうベテランではやりたくないです


 そして次はL4D、コミュニティで出来たフレンドとプレイしました。日本人3人+CPU
初めてのオール日本人メンバーに興奮冷めやらぬ私でしたが時計は朝の5時を回っておりテンションはドンドン下がっていきます。眠い・・・

でも、日本の方たちと声を交わしながらできる楽しさは最高でした。
途中、韓国の方も加わり最強状態、ウィッチも次々蜂の巣にしていきます。
CPUや外人さん達とやるのと違って、連携・意思疎通が取れるというのは素晴らしいです。

最後まで特に危険な事もなく、助け合いながらクリア。
やはりCOOPが秀逸なゲームですね、連携が取れる状態ならばこんなにもスムーズに進めるとは
是非またやりたいですね
関連記事

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/02/03(火) 07:23:35|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。