てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の気になるゲーム

「ベヨネッタ」、てっきりカプコンが作ったスタイリッシュ・アクションかと思ったら、
まさかのSEGA。
プロモーション見た感じ普通に面白そうなので気になるゲームです。

いつ発売するのかな~
まだムービーだけしかできてないのかな~

いや、今日発売なんですね。
タイトルから惹きつけられるものが無かったので全然気にしていませんでしたが、ビックリしました。
暇な時に結構insid Xbox見てたんですけどね。


 PV見ただけでは、綺麗なお姉さんが敵をハッチャケタ手法でバンバンやっつけていく、ストーリーが薄くても全然楽しめる爽快なアクションかな?
と印象を受けました、

たとえデビルメイクライをパロッた作品であっても、あのSEGAですから、面白い事は保障済み

シェンムーの制作費は確か60億
サクラ大戦3はオープニングアニメだけで数億円の金をかける
ゾンビリベンジの大人気主役キャラ毒島を生み出した

あのSEGA、あのSEGAなのです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 00:31:28|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本物の寝技を受けた 前編

史上最悪の新入部員歓迎会から5日ほど経った頃。
私はOBから賜った言葉と、先輩のご指導を受け、身長を生かした打撃中心の構えを習得するため、今まで使ってきた日本拳法オーソドックスな構えを変更。

先輩と練習試合(先輩は超手加減)を行いつつ、フォームを整えていきました。
「ストリートファイターⅢサードストライク」の「まこと」風の構えで、
更にその状態からステップ刻む、キモイ構えを習得していきました。

元々、日拳の基本的な構えさえシックリ来なかったのに、こんな体を開いてカッタルイ防具を装着したままステップを踏む動き難い構え、もっとやり辛い。
でも、あのOBの助言もあっての事なので
「この構えクソなので元に戻しますね~」なんて言えない。
先輩も熱心に教えてくれるし、長くやってれば慣れるだろうと覚悟を決めました。


竜虎の拳」で言うなら、周りが全部リョウ・サカザキなのに、私だけロバート・ガルシアである。
それを意識したわけではないけど、当時の私の得意技は「上・中段の左右前蹴り」と「左中段回し蹴り」と足技ばかり、それに加えてネタ技(砂袋相手におふざけで披露するヤツ)でローリング・ソバット。

同級生相手の練習試合では妙に蹴り技が入るので調子に乗って、家帰っても蹴りの練習してました。柔軟も自主トレでやりまくり、なんちゃって「踵落し」もやってみたり・・・


しかし・・・
総合格闘技である日拳で蹴り足を掴まれることは、即ち・・・
軸足を崩されて倒され「寝技の世界へようこそ!」


実は私、年長先輩との練習試合で一度だけ寝技に持ち込まれた事があり、その際に皮膚病を顔に移されたトラウマが・・・
生まれつき色黒な肌が、伝染病で白く荒れ、皮が剥がれ、かゆい!
掻くとまた皮膚が剥がれ、不潔。
コラーゲンが足りねぇ!!
「これじゃ俺のアラン・ドロン風のロメオが台無しだぜぇ・・・どうしてくれるんだ」

どうもしてくれない。
部員の皆は絶対コレが伝染病だって知ってる癖に、年長先輩が原因と言うことあってか誰も気にしてくれない!ネタにもしてくれない!


だから私は寝技の練習をサボる事、日数にして2週間分。

私 「今日はバイトが入っていて出れないんです」
先輩「そんじゃ仕方ない」

汗臭いし
とにかく寝技はイヤッ!


しかも、寝技中に聞こえる声や音
「ウッ・・・」 「んんんんんん・・・」 「アッ」
「じゅるるる・・・」(鼻水すする音)
これも嫌い。



でも今日は普通の練習の日、私は新フォーム習得のために頑張る日だ。


「オッス!!」
道場に誰かが入ってくる。
初見の男。
とりあえず一年は全員「オス!」挨拶を返す。私たち一年より下の者などいないのだから、とりあえずデカイ声で挨拶しとけば何とかなる。

皮膚病先輩「こいつは○○(名前)。別個でブラジリアンやっててさ、ウチん中じゃ一番寝技が強いんだよ」


私  「ブラジリアン?」
友人B「あれだろ、グレイシーのやつ」

グレイシー!?

グレイシー先輩「ん?一年ってこれだけ?」
年長先輩    「そう3人」

どうやらこのグレイシー先輩も就職活動中で今まで部活に出れなかった先輩のようだ。
思えばこの部活には日拳の他にもキック・ボクシング、ムエタイ、バドミントン、ビリヤード、と他流派を同時に習ってる人が多い。

皮膚病先輩 「折角だから一年の相手してけば?」
グレイシー先輩「うん」


突然始まる「一年生3人 対 グレイシー」

グレイシー先輩「俺、防具いらないっす。寝技だけやるんで」
この先輩、相当に寝技に自信があるのか、防具の着用を拒否。さらにグローブまでつけない。
つまり本当に寝技だけで、打撃も何も飛んでこないと言うことだ。



言ってくれるじゃねぇかコイツ・・・
俺の蹴りで悶絶させてやる、お前は俺に触れる事さえ叶わず床に倒れるんだぜ





年長先輩「それじゃ危ないから、一年も防具つけなくて良いや、打撃無しで」

はぁ?


ちょっと待ってくれ、私から打撃を取ったらただの全自動ダッチワイフじゃねぇか!
ヤヴァイ・・・私・・・寝技なんてマジメにやった事ないYO
小学生の時に「相撲」を体育でやったくらいだYO
いや、打撃戦でも私じゃこの先輩に勝てないだろうけどさ!


よく考えれば何故「危ない」かはすぐにわかる。
重く硬い防具を付けた男と、素の男がアッーーすれば、当然色々危険だ。

「それじゃグレイシーが防具付ければ良いじゃん!」
なんてとても言えず、防具を解く。
逃げ場が無い
このままじゃ完全に絞め殺される。

気が重くなってきた。この程よい殺気と緊張感は部活特有の感覚だ。
部活の友人であろうと練習試合では喧嘩のようにシバキ合う、怖いけど燃えてくる感覚だ。

先輩方はみな楽しそうにしている。
そりゃそうだろ、これから「一年殺戮劇場」が始まるんだからね!


ジャンケンで順番を決める私たち一年。
「あ~俺やりたくねぇよ~」とか「一番はお前がいけよ~」と言うようなグダグダな段取りも今回は許された。
普段ならば、こんなノロノロしてたら、速攻で怒鳴り声が飛ぶ
「早くしろっつんだよ一年!」
正座and説教である。

じゃんけんの結果、
先方は歓迎会で男を見せた友人A、こう言う場面先頭をきる星の下に生まれてるのかコイツは

次方は友人B、汝に不幸あらんことを

最後は全自動ダッチワイフの私。
友人A・Bが上手いこと粘ってくれれば、流石のグレイシーも疲れてくるだろ。
そこを狙えば・・・もしかしたら!?
いやいや、それでも勝てないだろ。私は基礎ができてないんだから。
そうなると最良の筋書きはこうだ↓

友人Aがロメロスペシャル(吊天井)でグレイシー先輩を圧倒
               ↓
       友人Bは壮絶な接戦の末、死亡
               ↓
満身創痍のグレイシー先輩、止めを刺そうとウキウキの私であったが
その瞬間!先輩の心臓が停止してしまう。
あわてて駆け寄る私!「大丈夫ですかヒクソン!!ヒクソン先輩!!」
「ヒクソンせんぱ~~~~~い!!!!」

2週間後

女子マネージャーと気持ちが通じ合った私は、ついに彼女と結婚することとなる。
結婚式には部活の仲間、学科の友人、旧友があつまった。
最恐OBもこの時ばかりは私に優しい笑顔を向けてくれる。
皮膚病先輩「よかったな!」
年長先輩方「おめでとう!」
その腕には友人Bとグレイシー先輩の遺影が・・・


私は貿易業の成功により巨万の富を得、妻と長男と可愛い12人の娘達に囲まれ、東京の一等地に広大な土地を買い和式の豪邸を建てた。

今年は、そうだなぁ・・・皆でモナコにある別荘に行って、モナコ・グランプリを観戦しよう。
休暇をたっぷりとってフリー走行から見れるようにしようか。
あそこは道が狭いので抜くのが困難なんだ。そこをどうやって行くのか、プロの業の見せ所だね。
夜はカジノで遊んでみるのもいいだろう。
ハハハッ、ケンシロウ(長男)にはまだ早いか。
リン(九女)とマミヤ(長女)も好奇心旺盛な時期だから変な所は見せられないな。
デューク更家に頼んで、どこか美味しい地中海料理屋を紹介してもらおう。



うん。
私の負けはほぼ確実だが、生憎逃げ場が無いので、やることにした。
先に殺られる友人A・Bには申し訳ないが、グレイシーの動き・・・しかと観察させていただく。

グレイシーを疲れさせるくらいやってくれないと困るなぁ、俺。


関連記事
  1. 2009/10/25(日) 02:20:58|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男らしくなりたいですね

マンガ、GTO(グレート・ティーチャー・鬼塚)の新シリーズが始まりましたね。
アニメもドラマ(反町さんの)も全部見ていたので嬉しいです。

新たな作品でも鬼塚先生の凄い漢っぷりが炸裂していて「変わってないなぁ」と懐かしさと共に安心感がわいてきます。

アレだけ人のために体を張れる人間に私もなりたいと思っていますが、損得が頭をよぎり、つい理屈っぽく言葉で上辺だけのカッコをつけているように思えてしまい、自分はなんて小さい人間なのだ~!と色々後悔することが多いです。

誰しも「理想の自分」を思い浮かべ、日々それに向かって努力しているかと思いますが、その実現の難しさと来たら想像を絶するもののように感じます。

理想の実現は不可能、だからこそ「理想」なのでは?っと勝手に思い込んでしまえばそれまでとなりますし、こう言うのは諦めるの方が断然に楽なのは人にとってかなり罠ですね。

よく考えれば「最強にないたい」とかそんな夢を持つのは子供の頃だけで、成長するにつれ将来のことはより現実的に、自分の器量に合ったモノになっていくはずなので必ずしも不可能な事ではないはずです。
要は「頑張れ」って事になりますね。なんてこった



まず

つまらん嘘をつかない男:
これは「良い男」になるのなら欠かせない要素。つまらん嘘」とは自分や他人に不快感を与える嘘と言う意味で、この様な嘘は大抵の場合相手にバレてる。
ついでにネタとしての嘘をつけないような退屈な人間にならないように。
母「今日学校ないんだっけ?」
私「ダリィからサボった」
OK


他人の悪口を言わない男:
これができれば相当「デカイ男」。友人との会話とか色々な機会で他人を会話の種にする事があるように思いますが、気づかぬうちに結構酷い事を言っているかもしれない。本人に聞かれない所でそんなのを言い合うのはNG、なんの解決にもならんし、何よりチイサイ男っぽい。
友人「アイツ臭い」
私 「それお前」
OK


人間的に頭の良い男:
学力とは別の部分の賢さ。他人の身になって深く考えて、ドンピシャッとフォローを決めれる男に私はなりたい。心の底から親切な行動ができる男。
また、無謀な挑戦はせず、自分の力量を自分で計れる男。
しかし、時折熱くなって玉砕しろ。


潔い男:
引くべきところは引き、押すべきところは押す。キッパリとした未練を残さぬ男に私はなりたい。
特に、愚かにも「自分より格下」として見ていた人に何かで遅れをとった時の悔しさはかなり苦痛ですが、それは完全に自分が悪い。しかも他人を自分より下に見るなどクソ野郎以外の何者でもない。
負けは負け、その結果を真に受けれる男。


超イケメンな男:
男たるもの、どのような造形で生まれようと、どこかに光る部分がなくてはならぬ。
それ即ちイケメン
今の時代、容姿は金を賭ければ大改造が可能。しかしヒューマンの中身は自分で苦労して培った人間性から輝き出す。
友人「無料でAV見れるサイト教えて」
私 「任 せ ろ」
OK


働き者な男:
自分で稼いで自分で使う。他人に手出しはさせねぇ!
誰にも貸さねぇ!これは俺の金!金!金!
存分に無駄使いするため、存分に働く。
金は貸さないけど、誰かと楽しむ為に出す金は惜しまない男。


女性の名前を忘れない男:達成済み
人の名前を忘れるのは失礼。一度会ったらその人の名は心に刻むべし。
相手が忘れていてもコチラは忘れない男。


男に惚れ、惚れられる男:
自分が憧れを抱く凄い男。
それ即ち人生の教科書。
良い所は盗み・真似、悪いところは良く観察して自分なりに考えてみる男。
また誰かに憧れを抱かれる凄い漢を目指すべし。


まず真っ先に思い浮かぶのはこんな感じ。
新撰組の局中法度よろしく、私が思い浮かべる凄い漢像。
これが達成されるとき、私の聖帝十字陵が完成する。
関連記事
  1. 2009/10/22(木) 20:40:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルセルク 千年帝国の鷹編 喪失花の章

ゾッド戦
あの有名なダークファンタジー漫画「ベルセルク」をアクションゲーム化。
PS2のベルセルクのゲームは有名?ですが、コチラはドリームキャストです。

本作のシナリオは漫画作者である三浦健太郎さんが担当しています。
・・・と言うことは、

やっぱり、ストーリーはベルセルクらしい、救いの無いものとなっています。
人間のえげつなさをエグく表現した、愚かしくも切ないようなそんなストーリー。

BGMやグラフィックもキチンとベルセルクっぽい暗く禍々しい雰囲気を保っていて、原作ファンならムービーを見るためだけでも買っておいて損はないんじゃないかな。


ゲームは「ムービー」→「戦闘」→「ムービー」・・・の繰り返し。
戦闘はまず置いておくとして、やはりムービーで進行していくベルセルクのアナザーストーリーにこのゲームの価値があるんじゃないですかね。
一つのOVA作品を見ているような感覚でした。順調に進んでいけば2時間かからずクリアできると思います。
とにかくストーリー。ストーリーが良いんですよ。

今、ドリームキャストでプレイすればちょっと安っぽい表現に満足できないのは当たり前の事なのでしょうが、凄く良いゲームです。


戦闘パート。
とんでもなくデカイ剣「ドラゴン殺し」を振り回して敵を粉砕していく。
原作絵に比べ迫力が劣るのは仕方が無いところ。
敵が裂けたり、真っ二つになったりと残酷な表現を上手く再現していると思います。
効果音が良い感じなので、バッサバッサと敵を片付けていくのは爽快感があります。
「大砲斬り」もありまっせ!
ついでに閃光弾、投げナイフ、ボウガンも使用可能。

難易度イージーとかだと剣で敵をほぼ一撃で倒せるので漫画のガッツのようにプレイできます。
マジ人間離れした強さ

狭い市街での戦闘では剣が引っかかって思うように立ち回れないなどのコダワリも良いですね。(狭い所で雑魚に囲まれボコボコにされるのはストレスですが)

また敵を斬り続けたり、ダメージを多く受けると「ガッツ・ブチギレ・モード」発動。
障害物貫通・ダメージ硬直無し・ダメージ軽減・超スピード斬撃、と最高にハイってやつです。狭いところでも気にせず剣を振れる。(制限時間付)
ボス敵にも激しいラッシュを仕掛けることができるので大事な要素ですし、高難易度ではこの状態での立ち回りが大切になります。
普通にプレイしてればかなりの頻度で発動するのでありがたいです。VERY HARDではコレで活路を見出す。


後半になると敵の数がドッサリ、倒しても倒してもすぐに取り囲まれ、また皆殺し。
ガッツの日常を少し体験できます。

因みに、PS2のゲームではそれが更にエスカレート。
雑魚敵戦はゲームテンポお構い無しで「飽きてもなお、更に飽き尽くすまで」といわんばかりの量の敵を始末せねばなりません。
正直ダレますが、ガッツにとってはいつもの事~♪なのでしょうね



↑の画像はゾッド戦
ノーマルではまだ全然余裕、
ベリーハードだと本物の、使徒としてのゾッドと戦っているような感覚に
強い・デカイ・怖い。ド迫力です。
「こんなの どうすりゃ良いんじゃ~~~~!」
圧倒され死にまくり。(無限コンティニューあります)
実際に漫画のゾッドはこんな感じなのでしょうね。
こんなバケモンと互角以上の死闘を演じるガッツは最早人間じゃねぇ!
関連記事
  1. 2009/10/20(火) 00:55:53|
  2. 少し前のゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近衛兵にお任せ

ワールドアドヴァンスド大戦略

PS2の復刻版初代大戦略にギブアップした私は、割と初心者向けらしいサターン版大戦略に手を出してみました。

難易度はともかくとして、まず「大日本帝國」で大戦略をプレイできる喜び。
アフリカ戦線で私の部隊を毛一本残さず殺戮し尽くしてきた大英帝国軍への復讐は極東の盟友「大日本帝國」で


と思ったら、日本編はノモンハン事変から始まりました。
チャートに分岐がある大戦略では勝って行けば歴史を覆す「if」のストーリーが展開できるので、とりあえず我が日本帝国は勝利を目指すのみ。



・・・勝てないね。

最初のノモンハン前哨戦でかる~く捻ってやったソ連軍と外蒙古軍ですが、いざノモンハンの決戦となるとちょっと手に負えない。
私は下手です。

日本軍の優秀な航空兵力、劣悪な陸上兵力。
このアンバランスさを上手く使っていく力が私にはありません。
ソ連の旧式戦闘機をいくら叩き落しても、陸では敵の空港を制圧できないので、日本軍が絶対に避けなければならない消耗戦に

ノモンハンでの敗北、まぁ歴史に沿ってるっちゃ沿ってるけど、悔しい

負けてもストーリーは続いていきます。

「一体何が始まるんです?」

「第二次大戦だ!」



運命の「真珠湾」。
ここは負ける要素無し。猿でもクリアできるステージでした。
将棋で言うなら既に相手が詰んでいる状態。



次はついに復讐の時。
大英帝国極東の要衝シンガーポールを陥します。
本気(ぽんげ)でいきました。
進めや進め、 こちらには「零戦」があり「一式陸攻」があります。
空では負ける要素が全く無し。
海上ではノコノコと出てきた敵戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」「レパルス」を難なく撃沈。
制空権 制海権 を完全に奪取。

問題は陸!

相変わらず帝國陸軍の戦車は心もとない。ノモンハン戦の時点でかなり手こずる戦車戦。
後半になっていき、敵の新鋭航空機に零戦で対応できなくなった場合、陸上での戦闘は悲劇。
史実通りの大苦戦となってしまうでしょう。


しかし、そこへ
現れたのが彼ら「近衛兵」。
強いのなんのって、強いんですよ。
嘘付けや! って位強い。
「歩兵」なのに飛行機撃墜するは、戦車撃破するわで何だかターミネーターの軍団でも指揮してる気分になります。
対歩兵戦では殆ど被害を出さず全滅させてしまうほどの攻撃力を持ち、
この時点での戦車相手でも何故か優位に戦い、
航空機に襲われても逆に落してしまう。

一人百殺

この「近衛兵」、日本の歩兵ユニットに戦闘経験を積ませてやるとワンタッチで進化できるユニットで実は、ノモンハンの時点から使用可能。(あの時は何が何だかわからず敵の野砲で一方的にやられてしまいましたが・・・)
そして近衛兵は本ゲームの歩兵ユニットで最強のステータスを持ちます。

チート!!チート!!

強いユニットを最初から使用できる日本軍。
ハッキリ言って戦車を並べるよりもコチラを量産するほうが良い。
多分これ史実通りだと日本編が難しすぎるので、セガがちょいと配慮した救済処置ではないでしょうか?

かくして、彼らはシンガポール解放の英雄となったのであった。


ついでに、日本の航空機・艦船も高性能で、それぞれ大切に扱って、油断さえしなければまず負けない。
太平洋戦争のターニングポイント、ミッドウェーも余裕の勝利、これは・・・
もしかして・・・もしかするのでは!?
関連記事
  1. 2009/10/19(月) 02:11:32|
  2. 少し前のゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気が付いたら朝だった 完

私「オッス!! ○○大 一年!!日本拳法部 ○○(名前)!! 身長180 体重62キロ!!
 よろしく御願します!! オッス!!」

体育会系、魔の第二試練は私が先陣を切った。
第一の試練で遅れをとった・・・と言うか、わざわざ友人Aが先に犠牲になってくれたので、借りを返したいと思ったのが大きかったのです。
(「誰が行く?誰が行く?」とグダグダしてると絶対叱られるとその時の空気から感じた、と言うのもありますが)

心はとっくに恐怖に屈していましたが、ビビッて声が小さくなったり、声が震えてしまう方が怖かったので正に「無心」とも言える境地で元気良く飛び出しました。

淡々と自分のデータを言い並べる。
デカイ声を出し、超恥ずかしい。だってふすまを開けたすぐ向こうはカウンター席だし

自己紹介が終わり、
エレベーターOBが私を見ている。
すると・・・

エレベーターOB「久々にデカイのが入ったな」笑顔で

あれ?笑っておられる。

エレベーターOB「来年までに体重つけとけ」笑顔で
私「押忍!!」

エレベーターOB「オマエの学科から部員が入るの何年ぶりかな?大体○○学科のやつらが多かったんだけど」
先着OB A「○○さん以来かな・・・すぐ辞めちゃったけど」
先着OB B「身長は武器になるから、お前打撃を良く練習しろよ」笑顔で
私「オス!!」

以外にもハートウォーミングな会話が始まる体育会系魔の巣窟。
新入部員には優しく接する伝統でもあるのかもしれない。油断するな!っと自分に言い聞かせOBに集中する。

エレベーターOB「お前のこの○○(苗字)、どういう字書くの?」
私「♂!!草冠に・・・」

なんだぁ・・・OBも大した事ないじゃないか。よゆ~よゆ~

OB「そんじゃこれから頑張って」
私「オス!!」


出番が終わる。
意外過ぎて肩をすかしてしまうぜ・・・OBってのはこうやって扱うんだよ。
完全に気の抜けた私。
友人A・Bもそれなりに自己紹介を済ませ席に戻る。
何とOB、新入部員3名にたいし全く棘のない対応。優しい眼差しさえ感じた。

さぁ~~~終わった終わった。
あとは本当に飯でもつまんでればこの宴も終了。

厳しい試練ほど乗り越えた時の安堵感は素晴らしい。
終わった!終わったんだ!




エレベーターOB「あれ?新入部員3人だけか?」
年長先輩「オス!!全員終わりました」

エレベーターOB「そうか、3人だけか。」
「うん。まず声が小さいんだよ」

ビクッ・・・え?

エレベーターOB「入ったばかりで、技術がねぇのは仕方ないけどよ。
声だけは大きくすんのが一年だろぅが」


ひぃぃぃぃ・・・

エレベーターOB「指導ができてねぇ。 ○○(主将)正座しろお前」
主将「オス!!」



また・・・始まった・・・主将いびり。
今回は我々新一年の責任です。私たちの声が小さかったばかりに、、、
直接私たちに叱責くれたほうが心安らかと言うもの・・・
一体こういうときどのような行動をとったら良いのか・・・

1、「主将をかばう」
2、「黙って座ってる」
3、「小指をちょん切る」


「こんな事して強くなれんなら安いもんだよな拳法もよぉ・・・!!
おぉ!!!OBさんよ?」

主将に責任はねぇ・・・責めるんなら俺達だろ?それが道理だ。
指導ができてねぇのは
テメェだろうがッッッッッ!!!」


↑選択肢「1」


ありえん。
命は投げ捨てるものではない

あの時新入部員の誰もが動けなかった。
自然に選択肢「2」黙って座ってる。安牌を選択した。
そしてゴツイ先輩のお歴々も黙って正座をしている。
下の者の失態は上の者の失態。そういう事だろうか
なるほど・・・体育会系 恐ろしや

余談ですがこのエレベーターOB、数年前、生意気な新入部員と練習試合を行い、
防具の上から顎をカチ割るという偉業を達成し、退部に追い込んだらしい。(後日、先輩談)

だから、誰も逆らえない。
部員の誰もが恐れるこのおっちゃん。つーか犯罪じゃないか 素人の私には完全に「指導」の域を脱しているように思えるんですけど!

実はこの拳法部、生意気な・・・ちょっとした常識を知らぬ若者には結構厳しく、そんな輩は「練習試合」と称した処刑場へと案内される。

私たちが入る一年前には、「彼女を道場に呼んで練習を見学させる」というヌルイ行動を行った新入部員を、その彼女の前で「練習試合」にご案内し、本気で気絶させた事件があったばかりだ。
この時、手を下したのは我が拳法部のエースU先輩。
この人の直突きはちょっと普通じゃ無い威力。
サンドバッグが飛び跳ねる、所謂「まっくのうち!まっくのうち!」状態である。

そのU先輩以下、部員の全員が主将いびりを静かに眺めている状態。


そして、私たち新一年生にとんでも無い罪悪感が残ったまま、新入生歓迎会が終わった。
主将がコテンパンに叱責されたすぐ後のことである。
こんな空気で終わる宴会ってなんだよ!


撤収はこの宴の始まりと同じくセッセと行われた。
エレベーターに乗り先に下りていくOBと女子マネを部員全員がお見送り、
「オッーーーーース!!!!」
女子マネはOBがタクシーだか電車だかに乗るまで付いて行く生贄状態だ。彼女の仕事が一番しんどいのかもしれない。来るときもOBの傍らにいたし


ついに完結した新入生歓迎会。
座敷の予約時間を超過していたらしく、延長代を支払う先輩。
残った酒と肉をむさぼる先輩。
主将に詫びを入れる私たち。



帰って寝れるとばかり思っていたら、今度は部員だけでカラオケに行く。
なんやかんやでかなりの飲酒量な先輩達は完全に喉が焼けてしまっている。
酒が苦手でシラフな私は尾崎紀世彦。
友人Aはアニソン。
友人Bは寝た。

朝7時全てのプログラムが終了し解散。
中にはこれから一人暮らしの先輩宅に集まりAV鑑賞会の後、登校するという鬼の様な体力を持った先輩達もいたが、殆どの部員は帰宅、その日の授業をサボる。

カラオケ店から出たとき、他の部の新入生歓迎会一行とすれ違う。
空手部だ。あっちもオールだったらしい。
日拳に比べ護身術としての色が濃い空手部には女子部員が多い。
皆、幸せそうな顔をしている。(男子部員が)
さぞ楽しかったのだろう。

この戯けが




関連記事
  1. 2009/10/13(火) 01:10:29|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新入部員歓迎会と言ったな? あれは嘘だ

OB達の醸し出す尋常ならざるオーラを、空元気と勢いで必死に払拭しようとする先輩達。

気が付いたら乾杯からまだ10分も経ってないじゃないですかぁ!?

穴があったら入りたい、ビビッてビビッて大変な面持ちの私を含む新入部員3名。
初めての「体育会系の洗礼」
OBにビールを注いでくるぜ!

誰が先に行くのか、打ち合わせた訳でもないのに新入部員の一人Aが先陣を切る。
「面倒な事は先に済ませておきたい」・・・そんな匂いがプンプンします。
でも、凄い男だ   こんな状況で進んで先陣を切ってくれるとはありがたい。
思えばコイツは練習試合の時も戦力差を省みず相手の懐に突っ込んでいくのが得意な奴でした。
そんな性格がこんな場面でも発揮されるとは・・・

私達新参のテーブルとOB・年長先輩組のテーブルとの距離実に2メートル。
金色がピカピカして既に心労極まった私の目には少々痛い、そんな装飾がなされた高級料亭でもこの座敷はわりと狭い。

OBにたどり着くにはOBの3分の1くらい怖い先輩を押しのけて行く。
なおかつ先輩方の完璧なビール注ぎのタイミングをぬって我がビールを注ぎ込むのだ。

年長先輩「おっ!!新入部員!!」

と先陣切った友人Aに興味がある様子の年長先輩。
「失礼します。失礼します・・・・」
ととにかく突っ込む。大丈夫なのか?

気づけば既にOB必殺の間合いにたどり着いた友人A、あとは数秒間小話でも交えてビールを注いでしまえば良い。


・・・・・・・・

あれ?
コップが空かない

目もくれない。
わざとらしいくらい相手にされない友人A・・・

彼はあのまま逝ってしまうん?

一体全体なんなんだこの状況は・・・酷い殺し方だ。


我慢できなくなった友人Aはまだ全然空いていないコップにビールを少量注ぎ込んで帰ってきた。
一応これでもミッション達成だ。


さぁ次は誰だ?

私だ。
新入部員Bは完全にラスを引く気でいるらしい。
まるでミッションを忘れたかのように河豚の刺身をほおばっていやがる。
全く私と目を合わせないし、
「次は君だ」と言う空気を完成させた。

仕方ないね。

イクゼッ!


友人Aに習い「失礼します!」の連呼で闇雲に体育会系魔の巣窟に潜り込む私
怖い怖い・・・しかし、途中で足を止めるのも無様なのでとにかくOB席に進む。
この様子を友人Bはしっかり観察する、、、なんて奴だ


キタッッッ!
これが所謂OB必殺の間合い。
目標はマグワイア級の丸太腕が特徴のエレベーターOBだ。
見た感じ、あと一口ぐらい飲んでいただくと次注ぐにはちょうど良いかな?と思われるコップ加減。
しかし、私もここまで近づいているのに全然相手にされない。
ダメだ。このOBは癖が強すぎる。そしてその服装は何とかならんのか!?今時ジャイアンみたいな格好しやがって・・・近くでよく見たらその服、虎の刺しゅうまで入っているじゃまいか。


先着OB A「ん?」
私に空のコップを差し出すこのOBはエレベーターOBが到着する前から座敷でくつろいでいた、わりかしヒョウキンそうな、洒落の通じそうな顔だなぁと印象を受けるOBでした。
エレベーターOBが範馬勇次郎過ぎて殆ど視界に入りませんでしたが、年長先輩組に混じって見分けが付かない感じなので、多分わりと若い年代のOBなのだろう。

私「オスッ。失礼します」
OB・先輩がどうしようもない会話を楽しんでる最中、いくら声を最大限出せといわれてもこんな時くらいは大丈夫だろうと声量を押さえ酌。

先着OB A「おう」
ストックホルム諸侯群だかにかかった気分で、ちょっと気を回してもらうと惚れてしまう私
エレベーターOBの意味不な新参イジメから私を救い出してくれた。
お慕いしております

用が済んだらスタコラサッサ
退避!
通常の3倍のスピードで元の席に帰ります。


さぁて残るはオマエだよオマエ
友人Bです。

「汝に不幸あらんことを。」



しかし、先の二人の犠牲をもって研究史尽くされた今回のミッション。
友人Bはやっぱり先着OB Aの元へ直進。
イージーモードを選びおったで

事が終わるとすぐに帰ってきました。
楽な道を選ぶのは仕方ないね


まぁまぁまぁ、これでとり合えず山場は越えた。
後は適当に飯でもつまんでれば嫌な夜は終わる。

所が、
エレベーターOB「そんじゃ自己紹介始めろ」


ん?

先輩の一人が勢い良く立ち上がり
「オッス!!○○大2年!! ○○学科!! ○○才 身長172センチ 体重63キロ!!」
と自分のデータを晒す。
それをメモるエレベーターOB。

先着OB A「大分体重乗ってきたな、もっと食ってけ。オマエは筋が良いから、後は体重な」
先輩    「オス!!」
そして次の先輩、次の先輩・・・と自己紹介が続いていく。それを漏らさず全員分メモるエレベーターOB。

どうやら、そのデータを昨年のものと比較し、不定期に訪れるOBの「指導」時に感じた事をアドヴァイスしているようだ。
この程度ならビビル必要は無い。デカイ声で受け答えすれば問題ないはずだ。



続いて、本歓迎会の乾杯の音頭をとった3年生、我が日拳部主将の自己紹介。4年の部員は就職活動で殆ど部活に参加できないので部長(主将)は自動的に3年生。
何の問題も無く終えたかのように見える。
しかし、この主将に対するOBのアドバイスが始まり
私は実感することになる。


やっぱりこれ新入部員歓迎会じゃねぇ



エレベーターOB「オマエ、年長がいないからって一年にヌルイ練習させてるんだってな 
ふざけんなよ

正座しろ
・・・オマエ何氣ぃ抜いてんだ。だから勝てねぇんだよ
次から無理にでも4年に部活覗かせるからな
そん時気合入ってなかったら ぶっ殺すぞ


( ゚∀゚)・∵.

やめて・・・くれ・・・

次の瞬間、叱責を受けた先輩は「オッス!すいません!!」っと頭を下げ
懐から出したドスを畳に突き刺したかと思うと自分の利き腕である右手の小指を刃に噛ませ、すごい形相で、勢い良く全体重をかけ・・・嘘です

ただただ頭を下げつつデカイ声で「オス!すいません!オス!!」
いびられまくる主将。
やっと主将の自己紹介が終わり席に戻ったかと思った次の瞬間・・・!?



エレベーターOBはサイドバッグから素早く取り出したソ連製自動拳銃「トカレフ」を主将の眉間にブチ当て躊躇無く引き金を・・・嘘です

とにかく まだ地獄は終わってなかった。



「一年にヌルイ練習させてるんだってな」
「一年にヌルイ練習させてるんだってな」
「一年にヌルイ練習させてるんだってな」

うわぁ・・・これ絶対私たちにも何か辛いアドバイスが来るな。
そう覚悟しての第二の試練。
もう嫌だよ、帰って風呂入って眠りたいよ
関連記事
  1. 2009/10/10(土) 00:19:30|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

燃え尽きる

今日の大学の講義は一個だけだったので、同学年の友達とゲーセンへ

ショッピング街とかで大音量出してる騒がしい店ではなく、町の裏通りでオヤジさんが経営しているチョイト古めのアーケードが並ぶ感じの店でした。

このゲーム昔見たことあるな~なんて1プレイ50円くらいだったので気軽に遊べました。
「ぷよぷよ」なんて家でやればいいのにゲーセンで金払ってプレイ。
「メタルスラッグ」とかアクション系は私の十八番です。

30分ほど入り浸っていた頃です。
「おい○○ 麻雀やってみようぜ」
と友人が声をかけてきました。

ぷよぷよ」とかならともかく麻雀なんてゲーセンでやって何が面白いんだ。
「あれって機械で制御されてて勝てないようにできてるんじゃないの?ツマンネ」
とバッサリ斬る私。
すると友人が
「だって脱衣だよ?」

!?


何が「だって」なのかわかりませんでしたが、脱衣麻雀・・・
「脱衣麻雀」と言う単語は小さい頃から聞いたことがありましたが、実際にやった事はありませんでした。興味もサラサラなかったし

しかし、今日の私は違う。
興味津々です。

入学当時から着々と「黒髪のエロ貴公子」として確固たる地位を確立してきた私が、ここで引き下がるとでも?

やりましょう。と二つ返事、私のノリの良さに友人共のボルテージも上がっていきます。この戯けが

問題は勝つか負けるか

私はどうしても麻雀とかポーカーとか運が絡むものを機械でやるというのに抵抗があります。
だって機械だと勝敗なんて好きなようにされてしまうでしょう。パチンコの裏事情的な都市伝説を耳にしてからは絶対に誰かしらが「経営」してる所でのギャンブルはやらないと決めました。


ん?・・・・・・ちょっと待て

これはお客様がお金を投資して行う神聖なる取引です。
しかも客が勝っても店側に損害は無い。

これは逆にプレイヤーが勝てるようにできているのでは?
そうだ。配牌時からアガッテいるに違いない。
お客さんにバーチャルでも「豪運」を味あわせてやろうと言うジャンルなのだ。脱衣麻雀ってのは



プレイ開始(50円)



その牌だ・・・ロン

チートイツ。


悪いな友人諸君。何の面白みも無く勝ってしまったよ
さぁ紳士の悦楽を満喫するが良い

待ってましたと言わんばかりに声量高く喚き出す愚かな友人達
脱衣ムービー チェケラッ!



!?



ムービーが終わる。

私「・・・オイ!コラ!てめぇ上着脱いだだけじゃねぇか」
何が脱衣だ・・・何が麻雀だ・・・何がチートイツだ・・・何が・・・
だまされた だまされた だまされた

友人「落ち着けって、こういうもんだよ」

てっきり私は、ちょっとでも高得点で勝てば画面に映る姉ちゃんがセッポムポムになるのかと・・・
違うのぉぉぉぉぉぉ?


完全に戦意消失
どうせ次勝っても靴下片方脱ぐとかそんなんだろ・・・


・・・ほれキタ
タンヤオ・・・



!?

本日☆二度目☆ 脱衣ムービー開始

何ぃぃぃぃ!?こんな安い手でも脱・い・じゃ・う・の・か・YO    
Foooooooo!!
USA!! USA!!


Fooooooo!!

ご覧。
予想に反してかなり露出度が高くなってきましたよ
次のアガリで待望のグランドフィナーレ
50円でこんなに楽しめるとはね!
その布っきれをすぐにひっぺが××××!!


配牌

さっきまでの勢いから見れば、随分とツマラナイ牌が集まる

とにかく早く。早く。早く。早く。早く。
チー ポン ポン カン と一直線に極安手を急ぎます。
素人版「哭きの竜」と恐れられた私の雀力を持ってすれば小娘一人3秒でスッパスパ!

画面内の女の子「ロンですぅ」

早ぇ


振り込んだ!
ふぅん・・・



!?



ちょっと待てコラ!
ドラ9ってなんだオイ!
スーアンコだとぉ
おいおいおいおいおいおいおい
オカシイダロ

そんな奇跡みたいな手がこの流れで来るんですか?
私が開けたカンドラがことごとく乗ると言うミラクル
バーチャルの女は化け物か!?

今まで見たことも無い様な点数を引かれる私。
さっきまで稼いだビビたる点数は消し飛び・・・-5万とか訳わからん(点数は曖昧にしか憶えてない)
これはもう素っ裸どころではない、あらゆる毛を引っこ抜いても足りない

げ~むお~ば~


ギ・・ギブアップですぅ



続いて麻雀強い友人が挑戦。


本日☆三度目☆脱衣ムービー☆


さきと同じ、上着を脱ぐ


そしてそして
本日☆四度目☆脱衣ムービー☆☆
目標がインナーをパージ! 繰り返す 目標がインナーをパージ!



ここからだ・・・・この女はここからが強い・・・

そして、画面内の女の子、変態の友人、共にリーチと熱い展開

友人は両面待ちの悪くない感じ。
だが、勝てる気がしない。
あんな化け物手をすんなり極めて来るような女だ、きっといいところでツモるに違いない。


ほれキタ

あともうちょいで流局と言う場面で都合よくツモりやがる
役がモリモリ乗ってまた一撃必殺のゲームオーバー

麻雀に詳しい変態のこの友人でさえこんな負け方。
このゲームはブービートラップだ。
そう気づいた時にはもう遅かった。

男達は既に燃えていた

次から次に金をつぎ込む。
麻雀を知らない友人はデキル友人に金を貢ぎ、何が何でも御神体を拝もうと必死である。
手に持つ携帯はモチロン動画撮影モード


見たいんです



ゲーセン入店から約2時間
男たちは敗れた
大量の金銭が犠牲になった
我ガ軍ノ被害ハ甚大也

このゲームの仕組みがわかりました。
プレイヤーが初っ端からどんな点数でリードしようと、後一勝・・・後一勝の所でありえない手を完成させてくる。
ゲームなんてこんなもんか、最初からわかっていた事ではないか

欲に任せて理性を失った先に、栄光は無い

いい勉強になった。
関連記事
  1. 2009/10/07(水) 22:56:41|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こういう時こそ燃える

今日は特売日、しかも規模を拡大しての勝負と言うことで、かなりの仕事量でした。

そもそも最近になって何故か増えだしたバイトの仕事、契約時間内に終える事がほぼ不可能な状況が続いています。今年の8月頃から「上司の思いつき」の様な指示が伝わってきて、仕事がドンドン効率の悪いものになっていきました。

これで売り上げが上がるのなら当然やるべきでしょうが、末端であるバイトは辛い。
「バイトの事なんて知らねぇよ」
と上司の心の声が聞こえてきます。

私の仕事場ではバイトにも超過勤務手当てがでるので、別に良いか・・・
と考えていましたが、学校が始まるとそうもいかない。

体力のない私にとって、次の日朝っぱらから学校なのに、バイトから家に帰ってくる時間が11時過ぎとかちょっと面倒です。
だから、そろそろバイトの変え時かな~なんて思ってます。


そして今日の特売日、とんでもない量の仕事。
当然のように時間内に終わる気配がありません。絶望的です
上司は今日の売り上げが良かったのか上機嫌。無性にムカツク状況ですが、

燃える

この仕事をもし時間内におさめることができれば相当の達成感だろうな!!!
と、エンジンがかかりました。
昨日もバイトand学校であまり睡眠時間を取れず、体は疲れていましたが、
精神は別物。いつだって無限の闘魂でどんな困難をも乗り越えることが可能です。多分

ダァーーーーーっと仕事をこなしまくる私、上司のツマラン指示も難なくこなしていきます。

売り上げなんかしるかっ!!
存分に私を使うが良い!!!
バイトの本領を発揮してやろう!
給料上げろ

子供が遊びに無尽蔵の体力を発揮するように、今日の私は疲れ知らず。
何が起ころうと負ける気がしない。人類なんて消えてしまえば良いんだ

全く止まる事をせず働き続ける、ゲキリュウニミヲマカセドウカスル ワガアニノゴウノケン イクゾッ


しかし、やはり時間内に終えることは出来なかった。5分ていどのオーバー。
目標を達成できず、ちょっと悔しい。
体力は何故か衰えず、むしろこれから42時間ぶっ通しでマージャン打てそうな気さえする。


因みに、上司は上司で、毎日残業。
会社から残業するな!と叱られても残業の毎日。
残業しなきゃ終わらない程の仕事を押し付けられつつ、抜き打ちで視察に来る上司の上司に頭を下げヘーコラヘーコラ猫なで声で話す。
現場をたまにしか見に来ない「上」からの命令に忠実に答えなければなりません。
それをバイトとは比べ物にならない勤務時間・勤務日数でこなすのですから、彼らは男の中の男。
関連記事
  1. 2009/10/06(火) 23:52:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイオショック 恐ろしい

Xbox360のFPS、ホラーアドベンチャー。

まだ全然序盤ですが、何が恐ろしいって、敵が怖い。
うわ言を喚いて襲い掛かってくる完全にイッちゃってる人間達。日本語吹替えの声優陣が上手いのもあると思うのですが、感情的に激しく殺しに来るアイツらの恐怖はこのゲームに慣れるまでしばらく続きそうです。

「コイツら人間じゃねぇ!!」

まさか異形のクリーチャーやらを一回りして狂った人間を怖く感じるとはこのゲーム良いですね!

また、このゲームの舞台である荒廃した海底都市は、Xbox360グラフィックだけあって、暗く湿った感じがよく出ていて素晴らしい。
もしあの狂った敵共がいなければ、ゆっくり風景でも見て回りたいくらい綺麗に作りこまれています。
その美しさが更に気味悪さを増幅させるのです。この海底都市、普通に観光したい


敵を倒すにはやはり火器。
舞台は1960年だけあって渋い道具が揃っています。
トンプソンSMGやエンフィールド?(中折れ式リボルバー)を派手にぶっ放すと気分がいいです。
ゲームによって銃器の発射音は変わるものですが、このゲームの発射音は結構派手で良いかも。
命中率を省みずマシンガンを敵が居ると思われる方向にぶっ放すのは本当に良いものですね

ガッガッガッガッガッガッガッ!!!
「余裕の音だ、火力が違いますよ」


まぁ、よく狙わずに撃ちまくるというのは弾丸の無駄なんですが、
コッチは怖くてしょうがねぇんだよ!!
できるならアイツ等を私の視界に入るまでに蜂の巣にしたいところですが、そう上手くいかない。
だからできるだけ近づけさせずにぶっ殺したいのです。

大半の敵は恐ろしいといっても所詮は人間なので、数発でくたばってくれますが、中には常軌を逸した動きで迫ってくる上に、ありえないタフさを誇る敵もおるので全く油断なりません。
体力が少なくなったら逃げていくとか、賢い部分もありFPSの戦闘としては凄くやりがいがあります。



敵を倒すにはやはり火器。でも超能力も使えるよ
主人公は、海底都市で新たに開発された技術によってハイパーパワーをゲット。
電気を飛ばしたり、炎を飛ばしたり、凍らせたり。 (一部の敵も使ってくる)
如何様に敵を料理しようか迷います。
チョコマカ動きまくる敵に電撃を浴びせ動作を封じ、接近して38口径を喰らわせてやりましょう。
この超能力、攻撃系だけではなく、狂った敵をさらに錯乱させるものや、自分の分身を作りだし囮にしてみるなど、中々戦略性に富んだものとなっています。




「この邪気は・・・・・・!?」
ビッグダディ
このゲームのボス的存在でしょうか?ゲームのパッケージにも載ってるドラえもん風の大男です。
潜水服とか宇宙服みたいな防具に身を包んだ一応は人間のようです。
リトルシスターなる幼女に付きまとい、手を出そうものならトンでもない勢いでプレイヤーを殺りにきます。私はまだ序盤ですが、マシンガンとかリボルバーの銃撃に怯む様子無し、電撃などと火器を組み合わせてなんとか倒せるといったところです。柱や壁も上手く使って敵の激しい攻撃をかわすテクニックも必要です。それでも無傷でコイツを倒すのは至難の技、いちいち重い攻撃の数々で回復を怠ると一気に昇天してしまいます。

コイツを倒すと幼女から「新たな超能力」を手に入れるのに必要な代価がもらえので見つけたら何とか倒しておきたい。
弾丸も沢山使わなくてはならないし、回復薬も大量に用意、その場の地形も把握して・・・
仕留めに掛かります。

ビッグダディを倒そうとするたびビビッて覚悟が必要になっています。
一度壁際に追いやられ、ハメ殺されたのが結構トラウマ。

外から見る分には、「小さい娘を一所懸命に気使うゴツイ父親」みたいな感じでホッコリできるんですがね。
関連記事
  1. 2009/10/01(木) 18:39:22|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。