てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえず関心を持ってみる

強行採決だ 何だ~ と騒がしい民主党。

民主党と言えば、小沢一郎さんがいる所、
この人に関しては、去年のことだったか、いわゆる西松建設事件のおりに
政治に対しては全くの素人ながら、「なんで失脚しないんだろ?」と気になっておりました。

その後もこの人は、日本の象徴を愚弄したりと大暴れです。

北の拉致の件に関しても
「お金いっぱい積んで、何人か返してもらえば良いだろう」
とか発言しちゃうトンデモな人だ。
拉致事件に関しては、
日本人として、一生かかってでも関心を持ち続け、一歩たりとも引いてはならない部分だと、私は馬鹿ながらも思っている。

いい加減腹が立つ。

って、
この人、アメリカ国防情報局のPVにもちゃっかりゲスト出演してるんだけど

http://www.youtube.com/watch?v=meRafxUNXv8


良いの!?これ!!
1分56秒あたりにクッキリ。
米政府に目をつけられているって事なのかこれは
すっかり世界のOZAWAになった政界のイチロー。
世界最強のイーグルに睨まれていやがる。
小沢はアメリカの外交政策・国防政策にとって邪魔な存在なのか
今の民主の対米外交を見ると、少し納得できる。

何にせよ、普通の人なら星条旗に敵視されるなんて生きた心地がしない。

が、そこは流石に世界のOZAWA。
「俺の後ろには赤い巨星が付いてるぜ」

なんちゃってな!

このアメリカ国防情報局(DIA)というのは、アメリカ合衆国国防総省の諜報機関。
諜報機関!?諜報機関だと!!?

きっとこれ以上調子乗るとジェームズ・ボンドかソリッド・スネークかゴルゴ13でも永田町に送り込まれる。


同盟国アメリカの諜報機関のプロモに日本の政治家が映る。
異常だこれは


そして、この人を囲う鳩山・民主・日本国民。

我が国のリーダーである鳩山総理大臣がルーピーと呼ばれた。
「あ~あ、鳩山馬鹿にされてやんのぉ~」
では無くて、その総理選んだの日本国民だ。
ルーピーと呼ばれるような人間が総理になってしまう国なのだから、恐らくルーピーなのは日本人の殆どって事になる。

と色々考えてるうちに、「my日本」なるホームページを見つけた。

無料の会員制なんだけど、どことなく安心できる雰囲気があったので、入ちゃった。

そしたら、随分と色々な情報に目を通すことが出来た。
主に民主党の批判や、未来の日本を憂う記事なんだけど、
「これ本当かよ!!」と思うような、ニュースじゃ欠片も目に出来ないような情報まで目にすることが出来た。
信じる信じないはともかく、そこで得た情報は、自分で考えて・調べて、根拠を見出すようにしたい。

情報が強烈過ぎて、うろたえてしまう事もあるけれど、
火のないところに煙は立たない。
強引なこじつけか、それともマジなのか
とりあえず調べることで何か見つけ出すことができるのかも。

「my日本」 恐ろしい所を見つけてしまった。
テレビが生ぬるい。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/05/29(土) 01:44:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうぶつの森DS

DSは凄いな、数ヶ月放っておいても充電が切れてない。

内部の時計もきちんと働いていたようで、私の村は雑草だらけの未開拓地みたいになってた。
室内にはゴキブリがウジャウジャ。
村の住人も知らない奴ばかりになる。(持続的に仲良くしないといなくなっちゃって、違う奴が引っ越してくる)

どうぶつの森って、勢いにノッてくるとタダ、金稼いで過ごして行くふうになるようで、すぐに飽きてしまったんだけど、また遊びたくなる魅力も感じる。


牧場物語とか、終了制限の無いゲームって一旦やめて再びやり始めると
操作を忘れたりするのもあるけど、何より「あの頃何やろうとしてたんだっけ?」とかなり戸惑うなぁ
関連記事
  1. 2010/05/27(木) 16:46:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夏の夜のヴァンダム 「ボディターゲット」

銀行強盗の罪で囚われたサム(ヴァンダム)。
友人の囚人移送トラック襲撃で危なげなく脱走。
自然豊かな森に潜伏したヴァンダム。

森に潜伏しつつも、近くの民家に侵入して物品を探るヴァンダム。
その民家は父親のいなくなった一つの家族の家だった。母親と娘と息子の三人暮らし

ちょくちょく侵入するうちに、好奇心旺盛な少年ムーキーと接触する。

罪人であることを隠し、ムーキーやその家族と接触していくヴァンダム。


自然豊かなその地は、大規模な開発の標的にされる。
頑なに拒否するムーキーの母親だったが、開発業者の嫌がらせは日々激しさを増した。

父親のいなくなった家を守れるのは誰か!?
ヴァンダム。




究極の肉体自然主義ラゾリズム・ヴァンダム・ムービー。
少年とマッチョの心暖まる一夏のヴァンダム。

友人同士の熱き抱擁。


この映画、
アクション要素は所々にあるけれど、ただ「アクション映画」と分類する事はできないぜ!
凄く良い話だから。

強い母親、強いヴァンダム、
少年とマッチョの強い絆。


ラストシーンは思わずウルリッと来たぁぁ!!
泣かせんなよ!ヴァンダム!
あまりの感動に言葉を失ってしまったよ。

・・・でも、こういう映画も全然違和感無く見れるヴァンダムに感動したっ


劇中何度と無くヴァンダムが物陰から、子供達・家族の風景を覗くシーンがある。
友達になったとは言え、やはり罪人であるという後ろめたさのヴァンダムか

折角ここまで仲良くなっても、罪人である事には変わりない。
視聴者は解っていてもラストには感動してしまうでしょう。
お涙頂戴、というより、少年とヴァンダムの絆に、自然と感動してしまう感じだ。
良い映画です。




題名「ボディ・ターゲット」・・・
ジョン・ウーのハードターゲットと同系列で期待して見ると、大きく肩透かしで脱臼してしまうこと確実。
もう少し題名マシなのにできなかったのか
それともタダの邦題なのかな


若き日の超絶イケメン・ヴァンダム。
綺麗な筋肉の鎧も余すことなく見せてくれる。
色男だのぉ

私の中では間違いなく名作のヴァンダムです。




ところで・・・・・

貴方が泉に落としたのはドチラ?

こちらのアクション俳優ですか?
湖にヴァンダム


それとも、こちらのアクション俳優ですか?
ついに怪物と戦うことになったセガール。

また太った?
セガール。

今度の敵はなんと!?
「ゾンビ」!!!!!!!!
肉食餓鬼ですよ!アクションファンの皆様の
夢のバトルが幕を開けた。
最強のオヤジVSモンスター。

「ZANGEKI 斬撃」キャッチコピー「このオヤジ、ゾンビ斬る」

今度記事に書いて見たいよ!


お・・・おも・・・・しろ・・・

お・・・・おもしろ・・・・・

お・・・も・・・・し・・・ろ・・・

オモシロカッタデス
関連記事
  1. 2010/05/23(日) 22:26:46|
  2. ヴァンダム!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「国家の誇り」フルヴァージョン

第二次世界大戦 欧州戦線 イタリア
伊国千年の歴史を持つ塔に立てこもった一人のドイツ兵が、米兵500人(!?)を撃ち殺す映画。

全編白黒、監督はクエンティン・タランティーノ。
「真面目に作った」体のクソ映画だから面白い。



この「国家の誇り」の正体は去年公開の米映画「イングロリアス・バスターズ」
監督クエンティン・タランティーノ ブラッド・ピッド出演
のストーリー中に度々出てくる映画。
「映画の中で上映されてる映画」
なんです。大戦中撮影の設定なのに、コマ落ち無く画質が極上。見やすい


内容は、
米兵が独兵士一人が立てこもる塔に突撃していって、ひたすら殺される。
だけ
でも何故か面白いんだこれが!
最近の映画でこんな単純に人が次々死ぬ映画なんてないから!!


ゲッベルス完全監修。ヒトラー総統大喜びの映画でした。

面白いとか、面白くないとか、
そういう感覚じゃ言い表しにくいけど、面白かった。

本編「イングロリアス・バスターズ」終了後、特典映像メニューにて
トップにこの「国家の誇り(フルバージョン)」が来る。
流石タランティーノ監督。
バカだ。

本編「イングロリアス・バスターズ」視聴後にこの「国家の誇り」(フルバージョン)がすぐさま見れる仕様は本当にお見事だと思う。
しかも、ちゃんと作りこまれているし。
本編エンドロール終了後にこんなオマケが用意されているなんて予想できるはずがない。
「イングロリアス・バスターズ」自体、ストーリーがコネクリマワサレタ映画の上、ブルーレイの仕様さえもこの凝りようとは!!

ついでにこの仕様のおかげで、この映画がブラックなコメディーのジャンルだと私の中で確立できました。
全然戦争映画なんかではないんだ。



ジーク・ハイル!!

爽快・滑稽。
多分、本編を見終わった後にこの裏本編を見れるからこそ感じられる面白さなんですよ!きっと。


本編イングロリアス・バスターズは、内容からするに日本ではあんまりウケそうにない映画だぁ!!!(かなり面白いと思ったけど・・・)

シュルーンと感じたのですが、この裏本編はア糞ン映画好きの方には一度見て、頭の片隅にこべりつけて頂きたい位面白かった。

今時こんなの堂々と公開できる奴なんてタランティーノ監督くらいしかいないねぇ!!
流石バイオレンスオタクです。

勿論、本編も凄くおススメなんですが、
「国家の誇り」なんですよ!
ウケタ

んん・・・でもこういう映画「面白い!!」って大っぴらに言えないんだろうなぁ
だからこそ面白いんだ!!多分ね
関連記事
  1. 2010/05/20(木) 04:14:34|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れた

バイトから帰った夜。

寝ようと思って二階の自室へ。

タバコを吸いたくなったけど、タバコは一階の居間。
取りに戻りました。

そしたら小腹がすいて、
そこらにあったパンと飲み物を持って自室へ。

少しパンをつまみ、、
タバコを忘れた事を思い出してまた一階の居間へ。


「この後、すぐに寝るんだよなぁ・・・」と、ふと思って風呂場へ顔を洗いにいく。
歯磨きはなし。
そんでまた自室に戻る。



「タバコが吸いたいんだよ!!タバコ!!」
また一階の居間へ。


妹がマリオカートやってたので観戦する。
少し喋って、自室に戻る。


「タバコ!!!」
居間へ行く。


タバコを取って自室に戻り、一服して寝る。



次の朝。
起きて居間へ。

タバコが吸いたくなる。
自室に取りに行く。


携帯にメールが届いている。
ミクシィの友人の日記をチェックしたりする。
居間に戻る。


朝食。
洗顔に歯磨き。
タバコを取りに自室へ。


「今のうちに着替えておくか・・・」
普段着になる。
めざましテレビの占いを見るために居間へ戻る。


タバコが吸いたくなって自室に取りに行く。
一服する。


家を出る。

電車に乗る。
立ったまま寝る。

元横浜ベイスターズ、マシンガン打線の一角ローズが、
長いブランクを経て日本球界に復帰、ロッテの入団会見時
会見席に座るローズの後ろでロッテマリーンズ球団旗が右からハラリと剥がれ落ちた」場面を鮮明に思い出す。

一回起きてまた寝る。

1998年日本シリーズ最終戦。
リードの横浜、9回大魔神佐々木がマウンドに立つも、ランナーを背負う逆転のピンチ。
西武は代打にマルティネスを送る・・・

親父と一緒になってテレビに見入った記憶が蘇り、
「あの頃から人生をやり直したいなぁ」
鬱になった・・・

電車に乗って、5分の間に過去の野球史を頭で思い描きつつ、、
起きて~寝て~起きて~寝て

ちょっと精神的に弱っているのかもしれない。
最近調子がおかしいな


珍プレー好プレーまたやらないかなぁ・・・
みのもんたじゃ無い方のヤツ。
TBSだっけか
関連記事
  1. 2010/05/19(水) 02:56:40|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OBの奇襲 1

ある部活の日、いつもどおり道場に入るとOBがいらっしゃる。

今日平日ですよ?

何でこのゴリラOB(旧エレベーターOB)が道場に!?

平日の夕方4時。


しくじった。

いくらOBが社会人とはいえ、平日暇な日もあるのだろう。
その平日の暇な日に、後輩をしごきに来たくもなるだろう。

あぁ・・・帰りたい。と心の底から思った。

「押忍っ!!!!失礼します!!!」
道場入り口で両手を振り空を切る。一礼して道場に入った。

OB何も言わない。

懐かしい!新入生歓迎会以来の「無言視殺」。

OBの来やすい「土曜」の稽古は
「バイト入ってます」と回避してきた私。

この日はついにOBとめぐり合った。

私が道場に入った時のOBの顔・・・
既に出来上がっていた。
キリリッ!っと締まったゴツイ表情に、
まるでキレちゃった人間のような目で、私を一目見る。
街ですれ違う程度なら、優しい眼差しのおじさんだが、道場で目を合わすと、覇気が凄い。

何か言えよ!

なんで既にイラついたような感じなんだよ。

本当に体育会系ってのは意味不明だぜ。


どうしようもないので、普段どおり準備を始める。

無言でコッチを見ているOBと極力顔を合わせないように淡々と準備を進める。
気まずいにも程があろうよ。

そして、私の後に続いて続々と道場に入る部員達。

あれ?今日は先輩達少ない?

私を含め、5人。
部長・副部長は勿論いたが、一年坊は私と友人Aと友人B。これでもう5人。
まぁ先輩はみんな就職活動で忙しそうなので、あんまり道場で見たことはなかったけど、今日は極端に少ない。


知 っ て い た な ?

今日、OBが来襲することを


いや!単に自分の将来と真剣に見詰め合う故に、部活に注ぐ体力がないだけなのだ。
大学3・4年は地獄だぜ。
そうでしょう?
決して逃げたわけではないでしょう。


とにかく、この日は死ぬ。
これは間違いなかった。

OBのしごきで、先週まで私と仲良くお喋りしていた、仲良かった先輩が退部。
「OBが気に食わない」とハッキリ発言しての退部届けだったそうだ。(部長談)

基本的に性格が悪いんじゃないですかね?ここのOBは



OBと部長が道場中央で何やら話している。
道場の端っこで準備を進める部長以外の部員達には聞こえない声量でしゃべっていた。


アップ開始。
いったん道場を出て体育館に移動。
走る。

私は体力が無い。凄く。
普段なら、2キロ走っただけで ゼハゼハ だが、この日は併走してくれている友人Bにあわせ、体育館を一体何週したのかわからない。
多分だけど、5キロくらいペロッと走った事になる。
高校時代は陸上やってたらしいこの友人B、
ペースをあわせ、完全に走りきった。

部活は一日3時間位。
この持久走で20分近くは使った。
これは大きい!

友人Aと共に道場に戻ると、先にアップを終えた部員達がバンテージを装着し終え、防具を装備していた。

準備を終えた部員達と、OBが私たち二人を見る。

「なにサボってんだよ」

とでも言いたげな眼差し。
あんまりだ

私たち二人は、普段の行程どおり、すぐに柔軟体操を始める。

周りの目が、私たちを急かすが、
こういう時、何故か丁寧に完璧にやりたくなる。

急ぎでやれば、
「何適当にやってんだよ!殺すぞ!」
と言われそうだし

遅く(普段どおり)丁寧にやれば、
「ちんたらしてんじゃネ~ヨ!!殺すぞ!!」
と言われそうだ

つまり一種の「詰み」チェックメイトである。


でも柔軟は大切。
大怪我を未然に防ぐためにも、ココは慎重に行うべきだと思い。
実行した。

OBは終わるまで退屈そうにしていた。


次、バンテージ装着 防具装備。
これは、どんなに慣れた人でも10~15分位かかるように思う。

座ってモジモジとバンテージを巻く、
みんな既に準備が出来ている。
なんとももどかしい。
急げば解れ、慎重にやればとろい。一年坊ですから!

いつもは我が愛しの女子マネージャーに巻いてもらうバンテージ。
今日は居ない。



・・・?



女子マネも

知 っ て い た な ?




防具も同様に、どんなに頑張っても時間がかかる。

既に準備を終えた部員達は、独自に素振りをしたり、また柔軟をやったり、とりあえずOBの気に触れないように頑張っている。

ランニングに時間かけるんじゃなかった。
とにかく
「私急いでます!!あとちょっとですから!!」と体で表現するように頑張る。



準備完了



OB「一年はスクワット300」

300?

300って何だ?
なんだその数字?

300回やれということか?

OBに山本小鉄が憑依したのか?(あれは3000回)
ここはプロレスの道場ではない。

が、OBにかかれば、我々一年は、防具までいちいち装着しての筋トレである。

先輩方は順突きの練習に入る。


嬉しいことに、OBはこの日一年に付きっ切りだった(嬉嬉嬉)

OB、
なんと剣道部の竹刀を装備!!

怖いです。

その竹刀を、私の顎に引っ付け、スクワットさせる。
私はOBの持つ竹刀の動きに合わせ、

腰を落とし
腰を上げた

OBは各一年に洩れなくこの行為を実施。

竹刀の装備目的が、私たちをブッ叩く目的でないことが幸いだが、このスクワットもやはり半端ではなくキツイ。
当然のようにOBは辛い位置まで竹刀を下げる。私たちはそれに合わせて腰を落とすしかないのだ。

30回。

随分早いが、私の限界が訪れる。
これまで生きて来て、スクワットなんてやりたくなかったので、やらずに生きて来た。
限界値が低いに決まっていた。

堪らずに、足を突っ立て、膝に手を突いて、顔を苦痛に歪めた。
一年3人の中でぶっちぎりの早さであった。

OBは無言。

少し休んで再び作業に入る。
300回はとりあえずこなせねばならない。



・・・

・・・・

・・・・・


あれからどれ位時間が経っただろうか。
私はただ一人スクワットをしていた。

300回のノルマを終えた友人A・Bは先輩に合流。
OBも私一人の世話だけを焼くわけにも行かず、先輩グループの指示に向かった。

泣きたいほど悔しかった。



300回終了。

これでやっと先輩グループに合流できる。
一体何分遅れかは焦っていたので覚えていない。


私「押忍!スクワット終わりました!」

OB「直突きやってみ」

この日練習に参加していた人数は5人。
スクワットで遅れをとった私のペアは?


OBである。




「勘弁してくれ~!!」
普段の私なら、こういう弱気な文を書きそうだけど。


私は直突きが凄く凄く得意だ。
ハードパンチャーU先輩から日々吸収した体の動かし方。
「一年の中では一番上手い」と自惚れていたほど、
自分なりに研究して、自主練習を繰り返して自信を作っていた。

スクワットの汚名はこの稽古で返上させていただく。

たとえ相手がOBでもだ!!

OB「相手がいねぇな。」

仕方ねぇな・・・とダルイ感じでOBが防具を装着。
その体格に見合う防具あったっけ?と思ったけど、

やっぱりあった。


OB「声出せよ」
私「押忍!!」

「セェイ!!!」
ボフっ!!!
OBの腹を、殺す気で、
本気でぶっ叩いた。

くたばれ!!!


続く
関連記事
  1. 2010/05/18(火) 02:21:12|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不気味な夢を見てみた

私はあまり夢を見る体質ではないのですが、今回見た夢は正に過去の再現。

高校生の頃の記憶が夢となって蘇りました。

私が受験勉強中に通っていた塾。
夜の11時ごろ、全ての授業が終わってやっと開放されるのです。
塾はマンションの中にあって、この時間になると正面玄関が閉じられるので、私等受講生は裏のドアから帰りました。
このドアが面倒で、出るのには鍵が要らないけど、入るのには鍵が必要。
忘れ物をすると、次の塾の日まで取りにもどれない。

夜の11時になっても塾の近くは人通りが割りと賑やかで、大きな交差点があり自動車の音が途絶えることがありません。
近くにはコンビニや私が後に勤めることになるショッピングセンター、横浜に一直線で行ける便利な駅があるので、かなり都会チックな地域でした。

塾のあるマンションの裏ドアから脱出し、寄り道せずに帰宅しようと、歩き出して50秒ほど。
右に顔を向ければ、地域で一番デカイ病院の患者病棟(入院する所)と駐車場。
いつもは警備員がこの駐車場の入り口に立っているのですが、今日は居ない。
時々警備の居ない日があるこの病院。

まぁ別に気にすることもなく、

帰ってメタルギアやって明日の学校のサボり計画を立てよう!
と普通に歩き、通り過ぎようとしました。


「キャハーハハ!!」と女性の笑い声。(今でも思い出すと鳥肌が立つ)

この夜に似つかわしくないやかましい笑い声。
と、いうか笑い声と呼ぶにはちょっと下品なくらいな奇声といっても良いような品の無い笑い。

病院の駐車場の方から聞こえてきた。

「ギャルかっ!?」

私の家の近くには近所でも有名なバカ中学があり、そこの生徒は夜でもお構いなしに遊びまわり、たむろする。
ガキが溜まるにはうってつけだな。そう思って顔を笑い声の方向に向けました。(ちなみに私もそのバカ中学卒)
目の保養に、ギャルでも眺めて帰ろう。

そしたら、予想を大きく裏切る幼女が一人、駐車場に立ち私の方を見ていた。
駐車場には明かりが無く、幼女の顔を判別することが出来なかったので、「見ていた」と言うか、私の方向を向いていたと思われた。
スカートを履いていて、背も低かったので幼女に間違いない。

姿は、例えるなら「ちびマルコちゃん」。
赤いスカートに、マリオみたいに肩に服を引っ掛けてボタンで止めるヤツ(名称忘れた)
におかっぱ頭と記憶している。

今の時代、あまり見る格好でもなかったので結構鮮明に覚えているんですよね。


このガキが今の奇声の主?

声の質からするに、10代~20代前半の女性の声ととっさに判断したが、
声の主と思われる人物を見ても、やはりあの声には違和感があった。
随分大人っぽい声を出すガキである。


わたしはつい、足を止めてしまった。
ちょっとビックリしていたし。

そしたら、また「キャハハッ」と笑いやがる。
やっぱり少し変。
どんなに大人びた声帯の幼女でも、この声はセクシー過ぎるだろ・・・

あれ?つ~か今コイツが笑ったの?

肩も揺れず、微動だにせず私を見る幼女。
とても笑う体制には見えないが。

幼女と私の距離、約20メーター。


何だか少し怖くなってくる。
「これって・・・もしかして」
周りの建物の明かりでようやく姿を確認できるような暗い駐車場で、こんな夜に、
ガキが一人で何で、私を見て、笑い声を上げるのか。
今思い出してもゾッとするような声で


私はマジでビビッて、走って家を目指した。
一度恐怖に襲われるともうダメ。
後ろを振り向けば、あの幼女が付いて来ている妄想が頭をよぎって、とにかく怖い。
また、走っている最中も、「アレは何なんだったんだ!?」と考えに夢中で、
しかも、幽霊とか化け物とかそんな想像しか思い浮かばないのでなおさら怖くなるのに、どうしても「アレは・・・」と考えにふけってしまった。

走って走って約1キロ500メートル。
家の玄関を叩き開けてようやく安心する。
おばぁちゃんが夕食を用意していてくれる。
当時小学生の弟や高校生の妹、両親が勢ぞろい。

私はテンションを上げて、帰り道の出来事を喋りまくった。
皆が怖がるようにちょっと話を盛って

「そりゃぁ本物だな!」
とか
「子供が本当に駐車場に居ただけでしょ」
など、ちょっとした議論になった。


あ~だこ~だで帰宅して1分ほど、靴下を脱ぎソファに腰掛けた。

いつもは私が遅く帰ると、玄関に出てきて、
寄ってきて「撫でろ~」とせがむ犬の姿が見当たらない。


何故か玄関で家の扉に向かって吠えまくっている。

この事件以来、こんな事は大学・バイトで夜遅く帰宅する今でも経験しない。
犬が興奮している!

家族が黙る。

親父が言う

「お前、連れてきちゃったんじゃないの?」



おーまいがー


顔から血の気の引く私と家族数名。
コレハコワイ。

犬には霊感があるなんてどうせテレビで言っていた事なんだろうが、この日ばかりは洒落にならない。
今日に限って!!

もし仮に連れて来たといっても、犬がしっかりと締め出している。
吠え続けること5分ほど。
夜遅くにうるさいので、ビーフジャーキーで釣って黙らせる。
でも、やっぱり喧嘩腰に玄関の方に向かっていってしまう。

これはマジでオバケなんじゃないの?


そう思いつつも飯を食って、ゲームして寝ようとする。

怖いので眠れない。
結局寝付いたのは朝5時くらいだった。
今日の学校は行けないな!!サボり確定。

そして、サボるにしても一応朝の7時に起きる。
学校に行く準備をして、「私は!今日!学校に行きます!」アピール。
家でたらどこかで寝ますが

顔を洗い、飯を食って、制服を着る。
部屋に戻って、いつも身に付けている勾玉の首飾りを取ろうとしたら、
なんとその勾玉が割れていやがる。

出来すぎた話。

でもマジなんだからたまらない。

京都旅行で買った、全体運向上の勾玉1500円である。

机の上にいつも外しておくので、
壊れる原因なんて、昨晩のアレしか思い浮かばネェ!!!

私を害から守るために散ったんだな!!
この勾玉は!!
そう考えた。
こういうご利益のために買ったんだから、仕事を果してくれた。
これで1500円は安い。

これが本当にマジな話なのだから、凄い。
(まぁ、実際は机の上にダンベルのウェイト置いておいたので、それで粉砕されたのかもしれないけど。2.5キロ)

明るい朝なのにまたビビル私。


これから一体どうすれば・・・


また、あの丸子の亡霊に追い回されるのか!?



いや、

甘い。
甘いぜ丸子。


こんなこともあろうかと、京都旅行で買っておいた「数珠」があるのさ。700円のな
プロは敵の二手三手先を読む。
「こんなこともあろうかと~!!」
どや?

その日やっと数珠の封を切る。
今まで勾玉と数珠は同時に着けていなかった。
RPGでは、アクセサリー類は大体一つしか装備できないからだ。
そんな意味不明なこだわりを持っていた高校生の頃の私。

数珠のおかげもあってかその日以来、何度もあの駐車場の前を通ったが、丸子の姿は見なかった。

この数珠は今でも身に付けている。




・・・と、当時の夢を見た。
何で今になってこんな夢を?
意味深。

思い出すと怖い。
この記事書いてる最中に何度も鳥肌立って寒気がした。
もう5,6年前の事。

身の回りで何か起きたら嫌だなぁ。

受験勉強~今大学生~5,6年前の話~まだ大学生だ!?
関連記事
  1. 2010/05/15(土) 04:33:44|
  2. 未知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ヴァンダム式脱獄方 「ヘル」

すっかり忘れていました。4週連続ヴァンダミング。
米国、セガールがセクハラで訴えられたりと色々なアクションがありました。この寒い春に、アクション映画を見まくるのも良いもんです。

今週のヴァンダムは刑務所映画「ヘル」。


不当な裁判で刑務所に送られたヴァンダムが、脱獄します。
「脱獄」ってネタバレじゃないんか!?と思われるかもしれませんが、
この映画のキャッチコピー「完全脱獄!!」なんですよね!
多分レンタル屋さんに行って、ヘルのDVDなりビデオなり手にとってパッケージ見ると、デカデカと書いてあります。
ヴァンダムを檻に閉じ込めようとするのがそもそも無謀って話じゃないですかい

脱獄と言ってもショーシャンクとかそこ等へんの刑務所モノと違い、
力ずくの開けゴマ。
看守を殺害するなどのヴァンダミングな脱獄です。

「看守の体罰」と「喧嘩」と「友情」と「おケツが好きなマッチョ」
「なんでお前みたいなのが刑務所にいるんだよw」と思えるような、やけに哲学的な囚人がいたりと、これぞ刑務所映画。

そして盛り込まれるヴァンダミング。

この刑務所には「スパルカ」と呼ばれる囚人同士を戦わせる風習があり、囚人の権力争いに煽られつつヴァンダムも参戦することになります。


不当な投獄に絶望しつつ、刑務所で生き残るべく戦う男になっていくヴァンダム。
いつものヴァンダム映画と一緒じゃねーかっ!!


アクション色の強い刑務所映画なのに、
被せられる意味深なシーン。
ヴァンダムの葛藤とかだったら、「主人公だからな!」
となる所を、
あまり存在感の無いようなキャラクターの苦悩を突然マジマジと描かれても、ちょっと大味になるんじゃないかと思った。
「ただのヴァンダム映画じゃねぇぞ!」と監督の意気込みが伝わってきそうなシーンだったけど、
意味深 一転 意味不 になる危険もあるのかと感じた。
刑務所の映画だから、人の心理的なシーンを盛り込んでいって、「深い話だなぁ、たまげたなぁ」と視聴者に思わせるのが目的だったのかもしれない。

監督はお馴染みリンゴ・ラム。
中々面白い映画だったと思う。
関連記事
  1. 2010/05/13(木) 22:32:16|
  2. オリジナルヴァンダミング4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これも凄い 「アンチャーテッド黄金刀と消えた船団」

アンチャーテッドの二作目。

こんなに面白いゲームだとは!

マルコ・ポーロの船団に隠された謎を手がかりに、桃源郷「シャングリラ」にある巨大な「チンターマニ石」を探す大冒険。

東南アジアのジャングルから極寒の雪山、ネパールの市街、トルコの博物館に忍び込んだり、
ボリュームが凄い。
初プレイで、クリアまで12時間位かかった。
アクションゲームでこの厚さはハンパじゃない。

敵を倒し、ちょいとした謎を解き、ドコでもよじ登って行く。
内容は前作と同じなんだけど、今作は飽きなかった。
前作はず~っとジャングルが舞台だったけど、今回は地形に富んだステージがいっぱい。

敵との撃ち合いも、熱い状況が生み出されていて素晴らしい。
疾走する列車を、攻撃ヘリに追われながら突っ走っていく。
楽しいなぁ!おい!

常に弾切れを意識させる残弾設定は相変わらず。
看板にぶら下がって戦ったり、敵にバレないようにコッソリ移動したり、
基本的に主人公側は一人で多数の敵を相手にしないといけないので、バレていないうちに
どうやって奇襲してやろうか・・・と企むのは楽しかった。
逆に、何も考えずに突っ込んでいって、なんだかんだ上手いこと敵を殲滅できる場面も多いので、難易度ちょうどいいですね。

クリアすると、弾無限とか特典をつけることが出来るので、二週目からさらに楽しくなってしまうね!


前作は二週目やろうとか思わなかったけど、今作はやりたくなった。
面白い!面白いよ!
アンチャーテッドを前作より、もっと面白くしてみたってのか!!

そして、シャングリラの美しさ。
ゲームだからこそ表現できる超美景。
長らく続けた冒険の終盤に、ドーン!と出てくるシャングリラを見たときの達成感が凄かった。
今回初めて、HDMIケーブルを買って遊んでたので、次世代ゲーム機の画の綺麗さに驚いちゃったよ。


関連記事
  1. 2010/05/13(木) 00:24:47|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の映画館 「アリス・イン・ワンダーランド」

今、流行の映画を見に行ってきたぜ!


独特な色合いの映画を作るティム・バートン監督と
ご存知ジャック・スパロー船長ジョニー・デップ
のコンビ再び。

ディズニーアニメの「不思議の国のアリス」をリアルにした感じだった。
王道典型的なファンタジーの中に、ちょっとしたグロテスクがあって面白かった。
ディズニーのアリスと話が全然違うけど、多分コッチはルイス・キャロルさんの原作重視。なのかな?

でも、下地としてディズニーのアリスが頭にあったので、実写と綺麗なCGを新鮮に思いつつ、
「あ~、これ何か見覚えある!」
と昔のアニメの場面がよぎった。


不思議の国では、
そこらに生えてる花も、猫も喋る。
ファンタジーだから。
でも怖い。

アニメだと上手いこと子供向けにデフォルメされてたこの手のファンタジー要素だけど、
ティム・バートンが描いたファンタジーはエグイ。
喋る花の顔が老けた親父(リアルな)だったりするもんだから、不思議を通り越して不気味である。
たんに子供向けの映画を作ったわけではないと言った感じでしょうか

昔ディズニーアニメのアリスのテープをビデオデッキに突っ込んでた世代が多分私と同じくらいの年齢になるのかな?
20歳オーバー
その世代が改めて作られたアリスを見て喜べるように出来てるんだと思う。

主人公であるアリスが19歳で、幼少の頃に不思議の国を冒険した~。って設定だし。
ハートの女王は頭デッカチの醜い姿。
チェシャ猫は口を耳まで裂けさせて微笑む。子供が見て「カワイイ!」って感じではないで


色合い豊かな不思議の国ですが、どこか暗い影もある奇妙さが良い。
私が見たティム・バートンの映画ってこんなのばっかりだ。
綺麗なんだけど、暗い。
魔界に片足突っ込んだ幻想的な世界観だと思う。

映像綺麗で、こういう中世風味のファンタジー嫌いじゃないので、見てて飽きなかったけど、
ストーリーは割と平凡かと思う。
関連記事
  1. 2010/05/06(木) 00:16:25|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろバイト変えようと思う

もうそろそろ潮時かと思いまする。

このバイトを続けて3年。
山の天気のように変わる上司の機嫌にイライラ。
日々複雑化し、増量する仕事量。契約時間内に終わらねぇ!
景気悪化の影響下何かですかねこれは


文句があるなら辞めれば良い!
アルバイトの特権だと思う。
バイトなんて代わりが5万といるはずだ。

けど、ここで踏ん張ってみれば何か自分のためになるのかと思いもする。


上司の上司「仕事増えちゃうけどバイトちゃんの時間は大丈夫かな?」

私の上司 「大丈夫っすよ~」


こんな会話が聞こえてしまったのさ!
マジで!

アルバイトがここまで軽んじられているとは驚きですね。
バイトが夜遅くまで居残って次の日の予定に支障をきたす事など、どうでもいいことみたいだ。
社員の人がバイトを軽んじるなんて普通のことかもしれないけど、聞こえちゃってますぜ。

こういうことが聞こえないバイトを探したいもんだ。


バイトかえると言っても、3年も通ったここをやめるのは何か怖い。
別の仕事場にいって、また一から覚えていくのが面倒に感じる。
ちょっと浸りすぎた。

接客とか高校生のときにコンビニやったくらいで、かなり苦手意識がある。
丁寧な敬語苦手なんですよねぇ
しかもコンビニって時給少ない、800円とかあるけど、相当低いと思う。
コンビニってただレジ打つだけじゃダメだし、ず~とただ突っ立ってたりするから時間進むの遅く感じるし。
バイト探しで安易にコンビニって選択はキツイ。
でも色々なお客さんと直で接するから社会勉強には良かったかも。
(店長が出勤してないときの開放感は楽しかった)

力仕事が好きといっても工事現場とかはあんまりやりたくない。
日当は魅力的だけども


うん、今のバイトは辞めちまおう!
私の同僚は「辞めたい辞めたい」と日々のた打ち回ってる。
このままでは乗り遅れてしまうね。
終わる時間もまちまち・クソみたいな上司と
「こんなバイト聞いたことないですよ」後輩談
私もそう思う。
去年の夏あたりから確実におかしくなっていると思う。この仕事場。
仕事場にむかう階段を降りるとき言葉に表せない変な感覚に襲われる。
虚無感でもなく、ただ面倒臭いと思う感覚とも違う。
私の仕事場のバイトのみんなが感じでいるらしいので、私の根性が無い訳ではない・・・多分。

バイトのみならずパートの女性陣に対する待遇までとにかく酷いの一言に尽きる。
そりゃどうしようもないブラックな所に比べれば一定の水準はあるとは思いますが
店名を大っぴらにしたいくらいムカツク。
国内大手のデパート。
客として買い物するなら全く見えない作業場・裏のほうはマジで汚い。
現場の社員は人格壊れるまで働かされてるっぽい感じまでする。何か変な人多いし。
い逆に私が変になったのか!?元々変なのか!?



「武士たるもの、七度主君を変えねば武士とは言えぬ」 By今治藩 藤堂高虎

私は武士じゃないけど、
折角だから、この戦国時代の言葉を信じてみよぉ~


次はせめて女性のいるバイトを見つけ・・・

バイトたるもの、七度仕事を変えねばアルバイターとはいえぬ!
関連記事
  1. 2010/05/05(水) 06:49:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気

ゴールデンウィーク!

嬉しい!!

私の学校は黄金週間でも休みをつなげない事があるのですが、今年は連休コンボ。
今まで暦通りにしか組まれなかった日程、今年は学校の思いやり?で連休だ~い!!

なんだか最近ウチの学校に色んな変化が見られる。
講師に気合みなぎり、不真面目な生徒には授業が受けにくくなった。
校内施設に関しても、金はかなりかかっているみたいだけど、生徒にとって良い変化が出てきている。
増築~増築~ だ。
猛烈な喫煙者の締め出しとか、、、やってくれたなコノヤロー!!

学生にとって環境が良くなってきている。
あとは生徒がそれに応えるのみ。
頑張って学校の雰囲気をエネルギッシュにしよう!
普段元気なの野球部くらいだからね!


関連記事
  1. 2010/05/01(土) 07:50:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。