てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おーのーっ!!

何故だっ!

今日テストだってのに 授業で書き溜めたノートが消えた!

誰か詳しく説明してちょうだい!

私は如何すれば良いのだ。



面白い!

折角書き留めたてきたテスト必勝のノートを喪失。
これくらいのハンデがないと勝負は面白くないですよ。

テスト6時間前に努力がパー
まぁ?こんな時間にノートの紛失に気付く時点でワロスですがね!!

絶望的過ぎて悪足掻きする気も起きないぜ。
あぁ・・・ノートなら多分捨てた!

心当たりは無いが、多分捨てちゃったよね。
いくら部屋を穿り返しても出て来やしねぇぇぇぇぇ!
ヒャッハー I shall die!!!!

誰か私の腐れ脳みそに延髄斬りしてくれよぉぉぉぇぇ


このクソ暑い中、風邪引いて大変だってのに
珍しく真面目に勉強しようとすれば~
この有様。

テンション上がってキター

試験本番が待ち遠しいなぁ
後5時間半!

負けねぇ!
この勝負もらったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/07/30(金) 03:38:08|
  2. 未知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジングル オール・ザ・ウェイ

メリークリスマス

久々の州知事映画。

長い戦いの末、
時の流れは、戦う男を「父」に変えていた。

ハイテンション・クリスマス・ファミリー・バトル・ムービー
Jingle All The Way ジンゴォ・アァル・ダ・ウェーぃ

筋肉モリモリ マッチョマンのお父さんだ


仕事に没頭するあまり、息子との交流の時間も持てないシュワちゃん。
ついに息子のKARATE発表会までスッポカし、妻にまで愛想をつかされたかに見えた。

時はクリスマス。
一発逆転
史上空前の人気商品、ヒーロー「ターボマン」のアクションフィギュアを息子にプレゼントするため、
シュワちゃんの長い長いクリスマスの戦いが幕を開ける。



「ハートフルコメディ、死人ゼロの安心ファミリー映画」

クリスマスがテーマとあって、マシンガンもロケットランチャーも出てこない。
マッチョで不器用な父シュワちゃんが、息子の為に悪戦苦闘する姿が可愛く見える。
品切れ続出ターボマン人形を巡り、街の店をくまなく回る。
商戦に巻き込まれた父親の苦労が、見ている人には面白おかしく見えるのだ。

年に一度、特別な日 クリスマス。
絶対に失敗できない!
息子に最高のプレゼント!

そんな気迫を燃やしてオモチャを探す!

つい、頑張って!と応援したくなってしまう。
だってシュワちゃんは良いお父さんだから!



「熟年のアクションファン・シュワちゃんファンにも安心のバトル要素」

人気商品、ただ店を回っているだけでは中々手に入れられないターボマン。
クリスマス当日に、大ヒット商品を手に入れようなどとは、既に詰みに近い状況であった。
品切れ~品切れ~の連続でイラつく州知事。
この日、ターボマン人形を買いそびれた他の親達との力ずくの戦いに巻き込まれていく。
開戦

コマンドー スイッチON
このクリスマスの騒乱を「戦争」として臨む事になった州知事。


ターボマンを求める人の波にもまれ、ついに目覚めた戦(いくさ)の鬼は、その持ち前の戦闘力を駆使してターボマン人形を探し彷徨う。

悪徳詐欺サンタ集団との格闘戦や、
トナカイをパンチ一発で昏倒させるなど、
やはりシュワルツェネッガーは戦う男だったのだ。

ドアをブチ破り、ガラスを粉砕する。
同じく、ターボマン人形を探す一児の父マイロンとの人形争奪戦は、
ドタバタコメディでありながら、
エグイ、徹底的な潰しあいである。
息子の為に父は、ライバルを貶め、嵌める。

あんた等、こんな日に何やってんの!?



低年齢層を狙った突飛なシーンが目立つものの、
アクションファンでも、コメディファンでも笑って楽しめる 
テンポの良い
爽快な作品。

クリスマスに見たいよね!



体を張った、筋肉のクリスマス。
関連記事

テーマ:映画紹介 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/29(木) 01:06:49|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また風邪だ

去年もこの時期に風邪っぽい状態に陥ったような気がする。

吐きそうだぜ YeaH !! ←去年 7月22日




いえぇぇぇぇい!!

じゃ、ねぇぇ!!


まぁ今年も吐きそうですが。

夏、暑いからと言ってクーラーガンガンはイケナイ。



しかし、暑いね~~~~!!


いいぞ。いいぞ。もっと暑くなれ。
それだけ私は夏を感じる事ができる。
楽しむぞぉ!

かまわん。
40度イコッ!(体温的な意味で)
関連記事
  1. 2010/07/28(水) 21:25:49|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

値上げ!

値上げ!?

値上げかぁーーーー?

たばこ。

今私が吸ってるのが320円。
う~ん。
安いっちゃぁ 安いと感じる値段。

まぁ、まだ値上げOKな値段だと思う。


でもなぁ、次値上げして、喫煙者の様子を見て、また値上げでしょ?

1000円とかになると流石に皆、馬鹿らしくて辞めてしまうだろうし、
多分、500円近辺の値段が商売になると思う。
マルボロなら520 キャスターなら490 わかばなら350とかで

もともと、全面禁煙やらの歪みねぇ方針を進める日本。
喫煙者は死ねば良いんですよね。
了解致しました。


禁煙しようかな・・・




パチンコとかに課税しちゃえば良いのに
関連記事
  1. 2010/07/25(日) 19:58:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドーヴァー越えて サイレントハンターⅢ 低難易度で

コツコツと哨戒任務をこなすこと10回。
Ⅶ級B型潜水艦からⅦ級C型潜水艦に乗り換え。

1940年8月の大西洋パトロール。

目標はイギリスの輸送船。
まだ米国が参戦してないので、英海軍のボロ駆逐艦の目を盗んでドーヴァーを越えるのは割りと簡単。
しかし、一度見つかるとシツコク頭を抑えられ、しばらく海上に頭を出せなくなる。

一度見つけた潜水艦は航空機やボート、駆逐艦を使って徹底的に張り付くのが英軍の方針らしく、私の艦は何時間も海中でノロノロ航行することを余儀なくされる。
海中でエンジンフル稼働してるとア~っというまにバッテリーが上がってしまうので、常に前進微速。
その速さなんとたったの3ノット。
トロトロ・・・トロトロ・・・

ドーヴァー海峡の水深22メートルの所を忍び足で進む。
上に張り付く哨戒艇に見つかったらえらいこっちゃ

早送り機能で倍倍速で快適にゲームを進めることができるプレイヤーだが、
退屈と緊張感に押し潰されそうになっている乗組員の精神は発狂寸前だろう。
死ぬほど窮屈な船内で、一週間~一ヶ月、 暇つぶしが全く無いという状況を想像してみると潜水艦勤務とは壮絶である。

そこ等辺の心理は名作潜水艦映画「Uボート」で予習してきました。
何時までも部下をこき使う私ではない。

幸いにもこの艦にはMP3プレーヤーが搭載されている。 ドイツの科学技術は世界一だぜ
精神ヒリつく水面下の航行にはハイカラな私の選曲で心を癒してもらいたい。

映画「クリムゾンタイド」「ローレライ」の心躍るBGMで士気を上げたかと思えば、
極東の同盟国 ヤーパンの人気バンド、サザンオールスターズのTSUNAMIで精神を落ち着けてもらう。

2時間超に及ぶ 稲川淳二 真夏の地獄 旅先案内 ライブinドーヴァー海峡 の艦内放送などは、大いに乗員の精神を癒すのに役立つ。

稲川「え~・・・これね、潜水艦乗りの友人に聞いた話なんですがね。」
  「彼の船がぁ・・・イギリス沖の浅~い海で着低した時の話らしいんですよ」
  「エンジンも動かない・・・酸素はドンドン減っていく・・・」
  「ヒュー・・・ヒュー・・・酸素が無くなっているってんでぇ、皆息が細くなっていく」
  「あ~もう終わりかなぁ・・・なんて思っていると、変な音が聞こえるんだぁ」
  「ピコーン・・・ピコーン・・・」
  「やだなぁ・・・怖いなぁ・・・こんな所(海域)に友軍の船が来るわけが 無い。」
  「だんだんその音が近づいてきて・・・ちょうど自分たち船の上を通り過ぎようとしてたんだぁ」





潜水しながら薄れ行く酸素に気を使いつつ、根気良く敵艦の音を聞いて操鑑する。
夜になれば視界も狭まり海上に頭を出すチャンスが生まれる。

今だ!
一気に浮上し、全速力 16ノットっで突っ走る。
運よく抜けた敵の包囲網。
後方4キロ地点には依然敵の哨戒艇が私の船を捜していたが、夜の闇が上手く我が艦を敵の視界に入れない。

上手く敵をやり過ごした。
しかし、この先まだ約1000キロは狭いイギリスとフランスの海峡を進まなくてはならない。
夜はそのうちに明けてしまい、
朝の五時、日の出にはもう英軍の航空機が我が艦を見つけるために飛びまわる。

昼は潜り低速で進み、夜は隙を見て浮上、
酸素とバッテリーを回復しながら最大船速でぶっ飛ばす。


敵の哨戒が薄くなってきたフランス、ブレストの沖、北西に約700キロ地点 昼の2時 深度15m 3ノットで航行中
ソナーマンが敵国の輸送船のスクリュー音を探知する。

潜望鏡で見渡す。何も見えない。
思い切って浮上。あたりを見渡しても何も見えない。

音の主が敵の大型輸送船だとしたら、足は遅い。良くて10ノットだったと思う。
上手く敵の進路を把握すれば先回りして待ち伏せすることも容易だ。
哨戒の目標海域グリッドBF15大西洋のど真ん中を目指して航行していたが、美味そうな獲物は逃せない。

昼間だが、大胆に浮上して速度を出す。
一路敵輸送船の予想航路へ


夜になる。
浮上して動力を切り、敵が通り過ぎるのを待つ。
来なければ、さっさと本来の任務に戻るだけ。
運がよければココを通るだろうな・・・と山を張って待ち構える。

早送りで数時間。
見張りが敵影を発見。

キタ!

早速潜って、姿を隠す。
深度13m すぐに潜望鏡を上げて敵の情報を得る。
速度4ノット。真っ直ぐこちらへやってくる。
このまま行けば、敵はデカイ横っ腹をこちらに見せながら、通り過ぎる進路。
雷撃にはこれ以上ない最高の位置だった。

こちらはまだ見つかっていない、全く焦る必要はないが、早く魚雷を撃ちたくてウズウズする。
慎重にやれば必中する。

敵が我が艦の前方800メートルの位置を、速度変わらず4ノットで呑気に進んでいる。
魚雷には既に諸元入力が完了し、発射口は開かれている。
後は発射ボタンを押すだけ。
この距離で、しかも雷跡を確認し難い夜間。
敵は絶対に避けられない。

用意した魚雷は一本。

固唾を呑む瞬間。
魚雷を発射する。

弾着までわずか50秒。


チキチキとストップウォッチが進む。


ドォォォンという音がする。
潜望鏡からはデカイ横っ腹のど真ん中に立つ盛大な水柱が確認できた。
超クリティカルヒット。
当たり所が良すぎた。

敵船は真っ二つに折れ、時を待たずしてグングン沈み行く。
貨物からは火が出ており、次々に誘爆を起こしている。

バァァァン!! バァァァァン!!と吹き飛ぶ積荷。

絵に描いたような轟沈の記念に、稲川淳二の怪談話が大音量で大西洋に鳴り響いた。

魚雷一本でこの戦果!
万歳!


この爽快感があるからこのゲームはやめられない。
関連記事

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/07/25(日) 17:33:07|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏山や一足づつに海見ゆる

梅雨明けて 滴る汗に 日差し照る~(;´Д`)
心は躍る 乙女の薄着に~(´ε` )



日差し・・・アッーーーーー

心が折れそうだ

学校を山の上に建てちゃダメ



関連記事
  1. 2010/07/24(土) 13:07:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴリラ、ニューヨークへいく 「キング・コング」2005

心優しきゴリラ

アメリカが作った超映画。

キング・コングの正統リメイク。
落ちぶれた女優のストーリー、広い海原を進む船、未開の地での冒険、化け物との戦い。
初代キングコング、1933年公開当時のアメリカ人の夢が全部詰まっているかのような大作
の作り直し。

CGを使いまくった豪華な映像、当時のニューヨーク市街から未開の地まで、
ここまで作りこむとはたまげたなぁ・・・

恋愛・アクション・アドベンチャーと、どれもこれも詰め込まれているのに、
どれもこれも中途半端な感じが全くしない。
加えて、キング・コングと言う自然を象徴としたキャラクターが、都会で人間の見世物にされ、
エンパイアステートで飛行機に射殺されるという 人間の糞さが解りやすくメッセージとして読み取れる。
素晴らしい映画だと思う。

廃れたNY市街から始まるストーリー
謎の島の地図を頼りに、大海原へ出かけていくアメリカ人。
冒険心をそそるとはこのことだ!

長い船旅の末到着した「ドクロ島」がマジで未開な件について、
恐竜や凶虫ひしめくハラハラドキドキの大冒険。
道などない酷く険しいジャングルを進んで行く。
冒険映画のお手本のような感じ。

そこで見つけたデカイゴリラ「キング・コング」
アメリカ人女性との親交で心を通わせたゴリラだったが、
欲に目が眩んだタフガイたちに囚われてしまう。

未開の地を開き、宝を見つけ、危険に見合う対価を得る。
フロンティアスピリッツって事なのか、、
キングコングを捕らえんとする、欲と野心に満ちたタフガイ達の表情が印象的。


コングを勝手に島から連れ出し、
縛って弱らせ、見世物にする。
そして、いざコングが逃げ出しニューヨークで暴れだすと、すぐに軍隊を出して殺そうとする。
なんてこったい。
人間は残酷すぎる。

コングのとても優しい性格を理解しようともせずに害獣として駆除しようとする。
そんな人間にコングが何故暴れているのか解るはずもない。

見慣れぬ人間の住処で迷い戸惑うコングの姿は、人間には恐ろしい化け物にしか見えない。
実際目の前であんなにデカイゴリラが動き回っていたら怖いけどね
コングの優しさを知っているのは映画の視聴者と、ヒロイン「アン」ぐらいなもの。
人間の自分勝手な本質が表現されている。
執拗な攻撃によって、アメリカの富の象徴、エンパイア・ステートビルに追い詰められたコングは、
技術の結晶たる「飛行機」の攻撃で射殺されてしまう。

一体コングが何をしたって言うんだバカヤローが!
コングが可哀そうだ!

と誰もが思うだろう。


アンと遊ぶコング

体長7~10メートル。
趣味はアンを転がして遊ぶ事。
ユーモアがあるらしく、アンの見せる芸で笑ったりする ウホウホ!
退屈な芸をしようものなら「それ、スベッてるから・・・」と冷めた表情をする。
凶暴な動物が多い孤島に住んでいたので、
心を通わす友達は多分アンが初めて


心弾む冒険
コングとヒロインの優しいストーリーが胸をうつ。
スゲェ映画。
正直終盤は泣きそうになって鼻水すすって見ていたけど、友人がいたので何とか我慢できた。
一人で見てたらまず間違いなく泣く。何度見ても泣く。
もうコングに萌えまくりだぜい。
ちなみに私はこのコングはメスだと思う。
だって、・・・



昔読んだ国語の本で、「動物園とは、自然を管理しようとする発想から生まれた」と学んだことがある。
自然を人間の力で管理するという西欧的な考え。
庭園とか盆栽とかも自然の一部を自分の好き勝手なようにしていると言えなくもない。
人間にはそういう気質があり、コングを「自然」そのものとして見ると、この映画は人間のエゴを真っ向から批判する映画と言う事になるのかな。

見栄え良し!ストーリー良し!メッセージ性良し!
の素晴らしい映画。
3時間もの長編映画だけど、途中ダレるようなシーンもないように感じた。

日本ではこの映画、ハリウッドの予想に反して激しくコケたらしく興行収入が23億円。目標としていた80億円に全然届かない、お話にならん結果に。
どうやら、「キングコング」は日本ではもう有名なキャラクターではないらしい。
残念。

関連記事
  1. 2010/07/22(木) 23:33:26|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃費× ダイエット

食った割には良くバテル。

最近、体の燃費の悪さが気になる。
高校生の時は、一日一食で十分動き回れたけど、大学生になってからと言うもの、
外食の機会が果てしなく増えたので、
安く・美味 の物をガツ食い。

でもバテル。
夏に入る前からそんな燃費の悪さが気になる。

病気か!?と思ったけど、単純に体力の低下かな。

困った。


世の中美味いものバカリで困ったYO


良く行くファミレス。
トンカツ定食をガツンといったら、デザートはパフェ。
カロリーって何だ?




話は変わるけど、家族がダイエットを始めました。
食制限というやつです。

私が夜、食卓でカレーを貪ってる横で、
妹はヨーグルトとグレープフルーツをガッツイておる・・・
これをもう1年近く続けている気がするが、
それ、食事!?

私から見れば、目に見えて痩せていっているようにも見えないし、
肌も荒れているように見える。

体を動かさずに痩せようとすると、こんなんになります!
の良い例だと思う。

どう見ても健康的では無い。
しかし、私が「お前・・・それ効果ないぞ?」と言えば妹はキレる。
「ココまで続けてきたんだし、意地でも続けたい!」というような精神に捕らわれている気がしてならない。

いつかぶっ倒れる。

驚いたのが、そのダイエット法が妹の友人周りで流行っているとの事。
ダメじゃないんですか。

体質によるかもしれませんが、この食制限で痩せる人もいるでしょう。
しかし、それって栄養不足で痩せていることになりませんかい?

ヨーグルトもグレープフルーツも栄養のある食べ物みたいですが、
所詮はデザート。

人のパワーの源になりますかいな?


痩せたいのなら動いて痩せた方が絶対に効果がある。

そもそも、便利器具や便利なダイエット法・無理やりなダイエット食品で簡単に痩せる。
なんて発想はドコからやってきた!?業者の商売か?


ここは一つ、私の経験談を披露する必要があるね!

中学の頃、体育教師が
腹筋パワーアップ器具「アブトロニック」を使っているとの噂が実しやかに流れた。
腹筋に腹巻のように巻きつけ、振動させる。
その振動が腹筋に刺激を与え、運動せずとも負荷を与える。
結果、ムエタイ選手のような腹筋が出来る。
らしい。

噂は噂。あの脳筋教師がそんな玩具に惑わされるわけがない。

だが、実際使ってた。

もう50歳にもなろうというオヤジ体育マンが!?
その器具を使って!?
何でムエタイ選手になりたいんだよ!?

嘲笑が生徒の表情から受け取れた。
アブトロニックの効能自体、我々中学生には信じがたいものだった。

馬鹿にされる体育教師。
オヤジofスポーツ「信じてやれば、叶う」

何を格好の良い事をほざきやがる。
確かに、筋トレは
理想像を妄想し、信じて取り組めば、効果が上がるらしいが、、、
テメェのやっていることは違う。
科学の、筋肉に対する介入。
昔ながらの男らしい体育教師であったアンタがそれに助力してどうするのかっ!

日に焼けたどす黒い肌(病的)。
角刈りでバットを装備(?)し、校舎の廊下を練り歩く。
「サボリ狩り」の体育教師。
いかにもな、精神論男だった。
それがまさかのアブトロニック使用者。

とある科学の超腹筋振動
これであなたも夢の腹筋をゲェェェェット


中坊に馬鹿にされ激昂したその教師はジャージを捲り、
腹筋を生徒に披露した。

!?

これは・・・

まるでブロックの様に区分けされた腹筋。
呼吸するたび、息つく立派なソレ。
たくましかった。

肉が過剰に付いているわけでもなく、
痩せた腹で、皮膚が突っ張っているような筋肉でもなかった。

それは、まさにK-1選手を彷彿とさせる腹筋であった。

これで、50歳・・・だと・・・?

アブトロニック万歳。
腹筋アッパーの威力や、いと恐ろし





そういうことだ。

まぁ、↑の話はダイエットの話と全く関係はないが。
ただ思い出しただけ。


しかし、私の知り合いの女子は、皆口をそろえて、太るから・・・
と美味しそうな食物をスルーする。

運動すればいいじゃん?

時間が無い。

本当に?

・・・


結局は面倒だという言い訳に繋がって行く。
1日1時間でも暇な時間はないか。

体力を消耗して運動するより、痩せ我慢で食欲を抑える方が良いのか。
このままでは、体力無く・いつもダルそうにした、カ細い人間にならないか。

世界屈指の美女大国日本。
石を投げれば美女に当たる。

だが、石が命中した美女が、その一撃で倒れてしまっては問題だ。
むしろ、その石を華麗に避け、投げ返してくるような威勢が好ましい。


私のような紳士は、日々 大和撫子の健康にも気を使って生きている。
決してヤラシイとか、そんなんじゃない。


そんなんじゃない。
関連記事
  1. 2010/07/21(水) 23:29:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金的2

初めての金的を体験し、先輩の一撃を喰らう。

視界が真っ暗になったり、立っている感覚が無くなったり、
と結構KOに近い状態だったけど、立っていた。

まだ終わらんよ!

一発喰らって臆していたんじゃイケナイ。
U2先輩との距離は、乱取を始めた時と同じように約2m程空いてた。
先輩の打撃は私に届かず、私の足が辛うじて届く距離。

U2先輩との身長差がこの距離を作り出した。

さぁ次は、どこから行こうか
やはり、蹴りから・・・
いや、それじゃ面白くない。
次は踏み込もうか・・・

U2先輩「今の攻めは良かった。もっと突っ込んで来ると良い。蹴りは取られやすいからおススメしない」

押忍。


多分、次からは足を取ってくる。
と言うことは、ここは普通に殴りに行こう。
と先輩の懐に踏み込む覚悟を決めた矢先、

U2先輩「ぜいっ!!」

ポンッと私の頭が後退する。
先輩のジャブを喰らった。
間合いをスルっとホバー移動するように摺足して、私に距離を詰めた先輩はその勢いを使って左拳。

左が来たら右も来る。
積極的に手を出してなんぼの日拳だ。

左はちょっと、速くて避けられない。
無防備にしてたのが悪かった。

しかし、右は見える。
U2先輩の利き腕は私と同じ右。
左拳を打った後に間をおかずの右の直突きは、ほぼ間違いなく真っ直ぐに、
私の胴か、頭に飛んでくる!

U2先輩の腰が、回る。
頭から腰までの線がブレずに、上半身がクルリと曲がる見事な動き。
先ほど私の顔面に当てた左腕は既にその回転を先導するように脇に引かれ、回転力を増す役割を果していた。
その勢いを十分に利用して、腰の辺りからグンッと飛んでくる右。

日拳の代名詞 直突!!

を、左腕で防御する。
咄嗟に出したような私の左腕、U2先輩の右は私の左腕の肘あたりに命中した。

私は反撃するために、悪い体勢から右を繰り出した。
苦し紛れに出したこの右。これが偶然にもU2先輩の顔面を捉える。
少しカウンター気味に入った右。

悪い体勢なので、一本は取れそうにないだろうけど、また先輩に攻撃が当たった。

先輩が退く。

U2先輩「ほらッ、ここで攻めてこないと!!来いっ来いっ!!」

熱くなってきたU2先輩。

私「押忍!!」

ココで~ また蹴り!!
左の中段廻し。

攻める!攻めますとも!

U2先輩は避けきれずに右腕を胴に被せるようにして蹴りを防ぐ。
防いだとは言え、本気で蹴ったので痛いんじゃないですかぁ!?

左足を素早く戻し、次は右の上段前蹴り。
狙うのは先輩の顔面。

私の左蹴りを受けてすぐさま反撃の態勢に入っていた先輩。
しまった!もう反撃してくる!!

右前蹴りが外れ、先輩の反撃のジャブも不発に終わる。

私が足を戻している間に、先輩の右直突きを胴に喰らう。
ドフッという音がする。もし、足をもっと遅く戻していたら、片足で先輩の突きを腹に喰らっていた。
多分ぶっ倒されていた。運がよかった。

今度は、私の反撃。
左!先輩の顔面に当たる。
間髪置かずの右は先輩の左受けに防がれる。

右前蹴りの足の戻しを、反撃のために不完全だったので、両足が揃ってしまっていた。

先輩が、私の体を強烈な力で押す。

私は堪らずに、倒れないように気張りながら不恰好な体勢で後退する。


ウハァ!!何これスゲェ面白い!日拳部入って良かった!!!

防具を着けてやるので、ここまで派手に殴り合える。
これが武具のない競技だったら、もっと詰らない練習になっていただろう。


先輩との距離がまた空いた。
すぐに構えを取り戻し、右のつま先で床を蹴り、先輩に突っ込む。

左、届かない!
右、届かない!

U2先輩「スェイ!」
先輩の左、届く!
また顔面に喰らう。

前進の勢い余って、先輩と胴をぶつけ合うような抱き合う状態。
近い!

私はガムシャラに右をフックの様に繰り出す。
かなりの大振り、先輩の顔面狙い。

U2先輩スウェーバックでかわす。

すかさずに左の突き。
先輩の胴を捉えるが、これは威力不足。

バックした上体を戻しつつ、先輩も右腕をフックで振り回すように飛ばしてくる。

うぉぉぉ!!っと私もスウェー!!かわす。

私の左ジャブ、外れる。とりあえず出しただけなので当たらなくても良よかった。

左を素早く戻して、ここで、右の直突き!!
上体を激しく回転させ腰の辺りから先輩の顔面めがけて、渾身の直突き!

外れる!
疲れた。当てる気で力を込めて放った攻撃の空振りは、何より疲れる。


ここで、先輩の異変に気付いた。

私「先輩、口から血でてますよ?」

U2先輩が唇を舐める。

U2先輩「あぁ、切れただけだから大丈夫」

やった!先輩の唇切ってやったぜ!
しかし、防具。面着けてるのに唇を裂くとは、不思議だ。

あれか!?私の拳はカミソリか!?カミソリなんだな!!?
あまりの速さ故に、カマイタチを生み出した私の拳。
何時の間にか能力に目覚めた私の拳。これで晴れてレベル3能力者の仲間入りである。


U2先輩「いいねぇwwwそれだけ攻めれれば上出来だと思う。ただし、もっと声出さないと試合のとき審判にウケが悪いよ!
それと、スウェーはしない方が良い。ダメージなくても、仰け反ると、審判によっては攻撃が入ったように見えるから」

先輩もしてたじゃねぇか!
それに、あの熊みたいなフックを避けずに受けろと!!??

私「押忍!!」

U2先輩「よし来い!」


また距離を程よく開き、乱取再開。

また先手を取るべく、左足を跳ね上げ、折りたたみ、溜めて、
胴を蹴る。
U2先輩には「蹴りは来そうにないなぁ」という油断が見られた。

シュフォッ!!と当たった音が鳴る。
完璧に近い形で、自分の持ちうる最高の威力で当てた。
咄嗟に下半身を引いた先輩であったが、そのダメージは明白である。

当たった!!
ただし、 股間に


声も無く、ゴロゴロのた打ち回る先輩。

完全に血の気を引き、穴と言う穴から冷や汗を吹き出して呆然と佇む私。
こ れ は、、、
マズイ!半端無くマズイ!!

本日2発目。しかも本気で蹴った。
泣きたい。
殺される!これ絶対殺される!
調子こいた!

「すいません!!」と激しく謝罪しつつ、先輩の傍らで何も出来ない私。

あぁ・・・ヤバイ・・・どんな仕返しされるんだろ・・・ボコボコにされる・・・


周りの他の乱取組は、私たちの方を見る組もあれば、
気にせず乱取を続ける完全に火のついた組もあり。

周りの先輩の視線が、私に殺気を発しているような気がしてならない。

「糞一年が、調子こきやがって」
と言われても仕方がない。

ここで、道場の彼方から悲鳴が聞こえる。

「うぉぉぉぉぉ!!!」

部長の声であった。

その声の方向を見る部員達。

部長が、股間を押さえて倒れている。

友人Bの蹴りを股間に喰らった部長もまた、男にしかわからない痛みに苦痛の表情。

仲間!!仲間!!
なぜが気が楽になる私。
同じ罪を背負う友人B。気が楽になるね!!


U2先輩は、「気持ち悪りぃ・・・」と便所に行く。
部長はしばらくして復活、また友人Bと乱取を再開する。

私の相手がいなくなってしまった。

S先輩「俺とやろう」

他の先輩と乱取稽古していたS先輩が私の方にやってきた。
この先輩は厳しく怖い。

普段、挨拶以外に交流が殆どないS先輩。
これは、調子こいた一年坊に仕置きをするためにやってきた。と言って間違いない。


私が人生初の気絶を経験するのもこの日だった。
関連記事
  1. 2010/07/18(日) 03:19:04|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モグラは叩く ワニも叩く

友人とプレデターズのチケットを買う。
待ち時間2時間半。

平日でも結構込むんだね。仕方ないね。


タバコも吸えないのでゲーセンに避難する。
モグラ叩きで友人とスコアを競う事にする。

今時こんなゲーム誰もやらない気がするが、ゲーセンにはこの手の台がないと雰囲気が盛り上がらないよね。

一体何年ココにおいてあるのか、
モグラの脳天は欠け、塗装が剥げている。

接触も悪くて、思い切り叩かないと得点にならなかったり。

筋肉・スピード・反射神経。

嬉しいぜ・・・こんな危険なゲームがまだ生存しているとは・・・!?

ピョコピョコ頭を出すモグラを狩るだけなのに・・・

なんだってこんな燃えやがる!!


腕を使って殴るのでは無駄が多い・・・手首で殴るのだ。
スナップを効かせて、最短の距離で、最低の動作で、必要なダメージを与えるのだ。

殺人モグラ共の動きを見切れ。
考えるな、感じるのだ。

左右交互から襲い掛かるモグラ。

子供だましが!!!

ハンマー二天一流。
真のモグラバスターとは、利き腕でない方の腕も自由自在に扱い。
モグラの脳天を割るものだ。

人間の目は、馬の様にサイドを見るように出来てはいないが、
両の手に握られたハンマー。
前面の180度を隙無くカバーすることができる。


本日のトップは私が獲得した。
自慢じゃないが自慢だ。

浜風のトゥーハンド 正に横浜のモグラ殺しである。

私の前にあっては、モグラが何匹集まろうと、ただの卑猥な的でしかない。



更に強い獲物を求めて・・・


ワニ。
モグラは地中から飛び出すように出てくる。つまり、「点」で捉えなくてはならない。

変わってワニは「面」である。モグラに比べて数も少なく、縦に一定の動きをするのみだが、
そのスピードはモグラを大きく凌駕していた。

精神を前面に集中し、数匹のワニを一匹と見る。
ワニが大勢で襲ってくると思うから焦るのである。
ただ、来たモノを叩き返す。それだけの簡単なゲームだ。

しかし速いな・・・

私の動体視力を持ってしても翻弄されそうだ・・・

無数の突きが、私の胴を捉えようと引っ切り無しに繰り出せれているようだ。


蜂より速く
熊より強く
螳螂より冷静に

室伏より遠くへ・・・


考えるな、感じるんだ。

見える!見えるぞ!






ぱんぱかぱーん

7月14日は兄貴の生誕日。
ビリー・ヘリントンの兄貴、誕生日おめでとう!!

40超えても、まだまだ歪みねぇな!!
関連記事
  1. 2010/07/15(木) 19:25:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレデターズ

久々に公開前から気になった作品だったプレデターズ。

実際見てみると、普通に面白い映画だと思った。

人間の中でも選ばれた戦闘のプロが、プレデターの用意した狩場の惑星に連れ去られ、
狩猟の標的にされる。

結構突飛というか、
そこまで話を膨らまして大丈夫なのかい!?
って心配はあったけど、プレデターの映画って基本的に、
強靭無双なプレデターを人間がどうやって倒すのか、楽しめる映画なのでストーリーは後からついてくるのかもしれない。

地球外、別の惑星だからって問題ないんだね。
でも、プレデターの本拠とする惑星はたしか、日常的に地面からマグマが吹き出たりする、
危険な星だった設定があったような、無かったような

なので、本作は緑繁る一作目を髣髴とされるジャングル地帯が舞台なのは良かった。
派手な戦闘シーンもあるし、見ごたえはあったと思う。


今回は人間側が相当強い部類の人間で、
別の惑星に飛ばされたにも関わらず、早々に落ち着きを取り戻し、
寄せ集めの集団だが、上手いこと内紛も起こさずに、
プレデターの習性を学んで戦闘に持ち込んだりする。
人間が強い。
なおかつ、集められた人間は
傭兵・工作員・死刑囚と個性的。
プレデターとの戦闘以前に、まとまりのない個人個人が勝手に殺しあう映画でなくて良かった。
人間同士の競合いで死ぬキャラクターが出てきたりしたら萎えるだろう。


そして、シュワ州知事が奮戦した一作目へのオマージュが多く見られるので、
「このシーン知ってる!!どこかで見たことある!!」
みたいな楽しみがあるので良い。



ハンゾー。

皆様が注目の視線を向ける日本人キャラ ハンゾー。
日本人とプレデターが戦う時がこようとは、誰が想像できたであろうか。

無口過ぎる。

映画開始当初から居るくせに、やっと喋るのが映画終盤に差し掛かった辺り。
こんなに寡黙か日本人。
見る人に「コイツはデキル・・・!!戦ったら凄いんだろうな」
と期待を抱かせる。

持ち込めた武器はアイボリーグリップのベレッタ一丁。
ヤクザなので、機関銃など持った他のメンバーに比べると、武装はかなり貧弱な部類。
しかし、道中手にした日本刀によって彼は一等の輝きを放つ存在に昇華する。

ハンゾーに期待を寄せてこの映画を見に行くのなら間違いない。
彼には素晴らしい見せ場が用意されていた。

CMでもちょいと見る事ができる。
プレデターとのチャンバラである。

このシーンは燃えた。
日本人には銃は似合わないけど、日本刀は似合う。

剣を無闇に振り回したりする、カンフーに近い殺陣ではなく、
一振り一振りが重い、コレが日本刀の使い方!!と言わんばかりの空気ヒリツク場面。
これは素晴らしい

ハンゾーとのタイマンに乗ってくれたプレデターにも感謝!!
関連記事
  1. 2010/07/14(水) 00:48:19|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモンズソウル よん

腐れ谷を飛び越え、
その後も着々とエンディングへ向け突き進んだ。

他のステージはちょちょいと越せる。
やはり腐れ谷は別格の地獄だった。


エンディング直前。
飽きた。

近年ゲームしてると、ついエンディング直前で燃え尽きる。

「ここまで遊びまくったんだ。ラスボスに負けるわけないし。もういいや」

と、なんともウンザリな冷め方。
ゲームは一日一時間とか決めてないので、やると決めた日には
明日の用事など考慮せず、夜中に5時間でも7時間でもぶっ続けではまり込んでしまうので、
かなり熱い。
その分飽きるのが早いのかも。

でもゲーム自体には凄く思い入れがあるので、また最初から始める。

初期ステータス・初期装備。
序盤に悪戦苦闘するのが好きだったりする。

経験を生かして、初見で苦戦したところをいかにスンナリ越していけるか とか面白いんですよね。


どこをどうすれば強くなれるのか、主人公の強さが安定するまでの道順は何となくわかってるので、ガンガン進む。
どこに何があるのかわかる。装備を予定通り集め、、ステータスを上げる。
達成感がある。

気が付けば、またエンディングに近くなってきた。

この二つ目の記録では、無駄なレベルアップを抑えているので、後半はキツイ。
そこで、ベテラン戦士の皆様に助っ人を頼んで行く。
オンラインでいっぱい遊ぶ。





「塔のラトリア」

腐れ谷ほどトラウマにはならなかったものの、ここもかなり苦痛だった。
全体的に暗い空気を醸し出すデモンズソウルの中でも、このラトリアは一番ホラー要素が高いと思う。
怖い。
腐れ谷は汚い怖さ。
ラトリアはホラー。

敵も強くて、装備をキチンと整えないと、ラトリアの敵の攻撃は一撃のダメージが高い。

本格的に暗く、気味の悪いオブジェクトとステージの住人達の呻き声が、心を折りに来る。

暗くて先が良く見えない。
軽く50回は落下死した。


印象的なステージの一つ。
関連記事
  1. 2010/07/12(月) 20:37:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自由が丘に潜入してきた

オシャレのシティ、リバテーヒル。

あん?
御洒落って あんた(笑)


アロハシャツで行ってきました。

電車をおりて駅。普通。

駅界隈。人多過ぎ。


駅から少しずつ離れていくにつれ、この自由が丘のリバテーが見えてくる。
町並みがキレイ
多分、建物の高さが揃っているので綺麗に見える。ゴッタゴッタした横浜ではちょっとこんな清々しさは感じられない。
民家は西洋風?欧州風?のたたずまいが多くて、ここは日本なのか、ロンドンなのかわからなくなた。
民家に囲まれ、ひっそりと営んでるパン屋さんとか、こういうのがオサレなんだと思った。

オープンカフェ風と言うのか、外にテーブルを出して商売してるイタリア料理屋がとてもオサレに見えた。
あんなの始めて見たね。
暑い日差をパラソルで遮断しながらスパゲッティでも啜るのがリバテーヒルの粋さ。

駅からしばらく歩くと、教会のような建物。
広くて、何だ?何だ?と外から覗いて見ると、中学生と思しき男女が集団でテニス。
なんと、ここ学校みたい。
キリスト教の学校なのか、建物のつくりが私の通っていた中学校とゼンゼンチガウ
校内にテニスコート。
緑輝く木々に囲まれた校舎。
ハレルヤ



そして、アロハシャツ着てる人なんて誰も居ない。
横浜からここまで、ざっと1500人程が私の視界に入ったような、入らなかったような。
アロハ着てる人は皆無。

まるで自由が丘に拒絶されているような気がしないでもない。
街から発せられるオシャレオーラが私の存在を許さないのだ。

自由が丘「アロハシャツ(笑)」

不愉快である。


この基督学校から数百メートル。
厳かな神社。
この神社、駅から降りてちょっと歩いたところで、直線上に目に入っていました。
計算されているかの様に、道がその神社に一直線に伸びていました。
遠めに見ると、市街に繁った森のように、なんとも不思議な感じ。
あそこには自然公園でもあるのかな?
と思って近づいていったら神社でしたね。

この神社に入った瞬間、街の雰囲気は全て遮られたかの様な錯覚に陥ります。
この上なく厳かなのです。
一昔前に流行った、マイナスイオンとか言う奴かもしれません。
涼しく、静かで、アロハシャツなんて着ている場合じゃないと思いました。
境内も広く、手入れされた植物が美しい。
自由ヶ丘の交通量が少ないのもこの雰囲気作りに一役買っているのかもしれません。
こんな綺麗な所に、車のエンジン音は不要。
神聖なものを感じずにはいられない。
「和」の神秘ですよ。

ちょっと戻れば基督教学校。
ちょっと進めば平静な神社。

こんな光景が見られるのは日本くらいなもんかな。
これがイスラエルとかだったら、両陣営 どちらかが全滅するまで争い続けるだろう。

日本のいい所。


いい所でした。自由ヶ丘。
こういう風景のある所を散歩するのが好きです。
でももう行かないだろうな~ 私のような下賤の者が入らざるべき場所・・・!
関連記事
  1. 2010/07/10(土) 03:16:25|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての金的。

男に手軽に致命的ダメージを与えられる部位。
それは・・・

空手や中国の古式拳法の人体急所図を見ると、必ずと言っていいほど出てくるブツ!!
まぁとりあえずココを叩いておけば大概の男は悶絶する。
咄嗟の護身にここまで最適な急所は他にない。

変態・暴漢、撃退するにはアソコを叩き、蹴るのだ。
K-1の元武蔵選手の試合を見ればいかに金的が有効かがわかる。武蔵選手の試合はどれも重要な金的資料である。
たとえ故意に金的を狙っていなくても、かすっただけで滅茶苦茶痛い。
K-1決勝、レミー・ボンヤスキー選手と死闘を演じた武蔵選手でさえ上手く当たると卒倒する。

金的に日々の訓練はあまり関係がない。




ある日の日本拳法部・道場。
いつもの準備トレーニングを終え、防具を装着。
この日は乱取(らんどり) 榮倉奈々のダンドリでは無い。乱取である。
スパーリングの日だった。

「OBもいねぇし!!今日は楽しいなぁ!!!!おい!!!!」

凄く爽やかな日だった。

私の相手をしていただいた先輩はU先輩。
私の部活記事によく出てくるハードパンチャーのほうのU先輩ではなく、別のU先輩だ。

この先輩は優しい。
私にフザケ半分でDDTを決めてくるくらい優しい先輩だった。


蹲踞も無く、始め!の合図もなく。
気ままに始まったこの日の乱取。

OBや先輩方から教わったリズムを刻み、普通より距離を置く私の構え。
堅苦しいと感じていた日本拳法のオーソドックススタイルから脱却した私に隙は無い。

通常の構え同士の立会いならば、すでに相手を射程圏に捕らえ、勇気を振り絞って突っ込んでいく場面だが、
私の構えは違う。
U2先輩の打撃は私に届かない。
しかし、私の足は先輩に届くのだ。

わかるかい?

初手、一方的に攻撃を加えることが出来るんだぜ。
これは美味しい。

狙うのはやはり胴。
左の中段廻しが程よく入りそうな感じなのだ。
成功した試しはないけど

タンッ タンッ
とリズムを刻み、呼吸を整える。
私はU2先輩を中心に反時計回りに回ろうかと重心を気持ち少し傾けるような動作。

これ、フェイントなんだぜ

次の瞬間には、左腕と左肩をピクッと動かす。

これもフェイントなんだぜ

内の部でこんなウゼェ動きするのは私ぐらいなものだ。

ダブル・フェイントを華麗に決めた直後。
左の足を跳ね上げ、折りたたむ。
溜めた左の中段廻し。

しなれっ!!俺の脚よ!!鞭の様に!!


U2先輩は私の動きを見るやすかさず後退。
全部読まれていたね。仕方ないね。

勢いあまって体が回転しそうになる。
コレが廻し蹴りのカッコイイ瞬間の一つ。
蹴り技って外れても見てくれがカッコイイから好きだ
良いのだよ外れても、自己満足できれば。


そして、何故か前かがみに倒れるU2先輩。
まるで、私に土下座をするかのような体勢で、腰の辺りを右手でポンポン叩く。
U2先輩「うあわぁぁぁ・・・・」 (瀕死のステゴザウルスか!?)



あ・・・・れ・・・・?




私の左足には、U2先輩の胴を捉えた感触は無かった。
ただ、つま先には何か、布に覆われた硬いものを捉えた謎の感触・・・

ファ・・・ファウル・・・カップ・・・

!?


ヤベェ。U2先輩のUを本気で蹴っ飛ばしてしまった。

U2先輩「大丈夫・・・大丈夫・・・かすっただけ・・・誰でも一度はやることだから・・・」
私   「すいませんでした!!!!」死ぬほどの角度で頭を下げた。


まるで鉛を背負っているかのように思い動作で立ち上がるU2先輩。
痛いですよね。
本当に申し訳ない。


再び元の位置へ
仕切りなおしと言う奴である。


さて、今度はどう攻めようか。
U2先輩が私を攻めないのも不自然だったが、多分これは先輩の気概と言うか、
後輩に存分に打たせてやるよ!!的なお気遣いであった。
この日参加していた他の一年坊と先輩の乱取を見ても、
先輩は一年に打たせ、程よく隙を見ては反撃し、アドバイスを与えていた。



U2先輩は「ふぅぅ~~~~」っと呼吸している。
金的ダメージを克服しようと必死だった。

だが、なまじ距離が開くと蹴りたくなる。
当たらなくて良いのでまず先に牽制したくなる。

よしっ、狙うのは胴。

今度は空手部から教わった「三日月蹴り」と呼ばれる蹴り技だ。
廻し蹴り と 前蹴り の中間の軌道から蹴る空手技。

さすがのU2先輩もあまり受けたことがなかろうて

今度はセェイ!!と声だけのフェイント。

ワンテンポ置いて
左足を折りたたみ、しっかりと溜める。
本来なら、体の捻れを利用して威力を増す三日月蹴りだけど、速く出そうとすると不完全になる。
見よう見まねだったからかな。
とりあえず、
先輩の体に当たり、パシィっと良い音がすればダメージの有無に関わらずに「一本」をもらえる可能性があった。

空手の、相手に対して正面を向きがちな構えとは違い、日本拳法の構えは相手に対して半身に近い構え。
本来なら相手の脇腹を狙うこの蹴りも、日拳で当たるとしたら胴にいく。

数瞬溜めた左足をクォーター軌道で解き放つ。
体のどこかに当たってくれー

U2先輩これも見てすかさず後退する。

三日月空振り。
多分当たらないだろうなと言う気持ちはあった。

蹴り足を不完全な位置に戻し、右足つま先で床を蹴る。
このまま先輩に突っ込む。

まず左の突き。狙うのは先輩の顔面。
摺足の勢いと、体重が乗った左拳。日本拳法の左は威力があるぜ!
しかし、蹴り足を不完全に戻したまま勢いを作ったため、腰を落とせていない。
この左の突きは先輩に対してハッタリにしかならない。

ここで私の右腕は腰の位置。
左腕を戻した後は、腰で溜めた右の直突き。
日本拳法の得意技。
ついでに腰を落とせていれば完璧だったけど、焦ってダメ。

まず私の左が先輩の左腕で防がれた。
先輩の左腕は顔の位置に上がった。
胴が空いとる!!
もらった!!!

右の腰溜め 直突きが先輩の胴に当たった。
グッ と鳴った。当たった。結構綺麗な形。
先輩は腰を引いてクリーンヒットを逃れたものの、これは褒めて欲しいよ!!!
空手 イェイ!!

入った・・・入った・・・!

喜びのあまり決めた右腕を戻さなかった。
どうも、渾身込めて打った腕を直ぐに戻せない癖がついている。

さぁ先輩。
私にお褒めの言葉を!!
「良く出来た!!」の一言くださいませ!






次の瞬間。

私の視界が眩い白い閃光に包まれる。
脳内で バチッ という音が鳴ったような気がした。

脳みそが激しく揺れました。の合図である。

先輩もまた右腕を腰で溜めていたようである。



私の記憶が確かならば!!
先輩の直突きは、良く腰で暖められた極上の突きであった
そもそも、私は自分の突きを決めた喜びのあまり、これが乱取であることを失念していたのだ。
榮倉奈々のダンドリでは無い。乱取であったのだ。
私が拳を当てたのは、日本拳法暦2年と呼ばれるU2先輩であった。
なぁんと、この大学に拠点を置く関東の隅っこの日拳の最高峰ニッポン・ケンポーブ
その道場であの男は着実に腕を磨き想像以上に成長していた。最早何時までも一年坊が好き勝手やるわけにはいかない。
私は一先ず先輩のマジ突きを食らい。熟練経験の差を堪能することにしたのだ。


そぉれでは、正式にお披露目しようぉ
2年の差を持つニッケンの部員U2先輩 当時21歳。


タニカワ「今ノ効キマシタヨ! ハイッタ! ハイッタ!」
ミアケ 「U2先輩の右が一年坊を捕らえた!!!」
タニカワ「コレ、シュゴォ~イ」
ノリカ 「キャハー!!」


これは乱取。 榮倉奈々のダンドリでは無い。乱取である。
誰かが気絶するとか、沙汰でも起きない限り「止め」は無かった。


効く。
一発喰らってクラクラさ!

私と先輩の距離が始めと同じ位にまた開いた。
先輩はフィニッシュに来ない。

この日の練習は、始まったばかり。
まだ終わってないんだね。

Golden Ball Attack


続。
関連記事
  1. 2010/07/08(木) 01:11:00|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

公開迫る プレデターズ

いよいよ7月10日土曜日 
プレデターズ公開です。

ただのプレデター新作の公開なら大して騒ぎもしないのですが、
今度のプレデターは日本代表YA☆KU☆ZAのハンゾーが出る。

プレデターに日系人が出る、
しかも、日本刀を使って戦うんですよ!

主人公が白人なので、9割9分、物語 序盤から終盤での死亡が予想されますが、
ひ弱で小さい 日本人のイメージを払拭する活躍を大いに期待します。
(ついでに、韓国人や中国人との区別も)

この映画がヒットすれば、ちゃんとした日本人のハリウッドアクション方面での活躍の場が広がるかもしれない。

まずは宇宙人を何匹か倒して橋頭堡を築くのだ。
プレデターの弱点と言えば、アクション俳優。
第一作目では州知事に
第二作目ではリーサルウェポンに

アクション俳優特有の強運と、不屈の攻撃精神の前に敗れ去ったプレデター。

日本人に出来るか!?
出来るのか!?

間違っても詰らないシーンで呆気なく死ぬのだけは勘弁。
刺し違えてでも、奴らの命を取る。
大和魂ってやつを見せ付けてやろうぜ!!




ハンゾー


「プレデターズ」の公式ホームページで見つけたハンゾー予告映像のひとコマ
ハイスピードなアクションシーンなので、一コマだけ取るとブレまくって仕方ない。
右側がプレデター。
左側がハンゾー。

プレデターの巨躯、長い腕に備え付けられたロングタイプのブレード、日本刀を持ったハンゾーでもリーチの差はないように見える。
得物の特性から考えると、刃渡り長い刀のほうが、武器を攻防一体して扱うには有利に思えるが、、、

そして注目したいのが、プレデターがステルスしていないというところ。
プレデターが工学迷彩をオフにしてタイマンする相手というのは、奴らが「戦士として認めた」人間であるということだ。
より強い獲物を求めるプレデターにとって、強敵と対する事はこの上ない誉れであるから、
自ら認めた獲物を狩る際には、姿を隠したり、プラズマキャノンを使うなどの小細工は取り払われる。
プレデターが武装解除してリストブレードのみで相手に対して見栄を切るのは、シリーズの一種の様式美である。
つまりハンゾーにはアクションスターの資格有と見ていい。



プレデターの腹部に散る緑の蛍光液は奴の血。
どうやらハンゾー・・・一太刀入れたか!?
画像を見る限り、プレデターの腹に横薙ぎ一線 喰らわしているようだ。
刀を持った侍を相手にする場合、プレデターの懐の広さが仇になる。
ウハァ このシーン見るためだけに映画館に行きたい。

こんな盛大なシーンを予告CMに編集するなんて、かなり日本人専用トレーラーな気がしてならない。

デカく厚い筋肉の鎧を纏うプレデター、日本が生んだ伝統の刃で、どこまで斬り込めたのか、
日本刀とは、相手の肉を裂き、骨まで断つ、人類最高峰の個人携行兵器である。
この対決の行方は果たして!?


クーラーの効いた映画館でゆっくり鑑賞するするしかないぜ。
ホットドックとメロンソーダちょうだい



七夕の願い事は
「ハンゾーが勝ちますように」
関連記事
  1. 2010/07/06(火) 17:00:34|
  2. 映画見たい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲川の生き人形がヤヴァイ

夏になると活発になる生物がいる。

TUBEと稲川淳二さんである。
湘南 MY LOVE!!

ビールに、つまみ枝豆




友人に見せてもらった、稲川淳二ライヴ
「生き人形」。

昼に見るのも邪道だと思い、深夜に見てしまった。
丑満つ時って時間にね


風の強い夜だったなぁ・・・(淳二風)

ガァーガァーって風が窓を叩くんだぁ・・・(淳二風)


夏だね
この「生き人形」というのは、淳二ホラーコレクションの中でも群を抜いて恐ろしい。
普通、淳二の恐怖小話は長くて15分とかが多いのだけど、この話は長編1時間オーバーの淳二になります。
長いぜ淳二ぃぃ・・・

一体の日本人形が起こすとされる、怪奇現象。
話中に、関わった霊能者や、その人形を作った人形師?の死亡。
結構シャレにならない話しだ。 本当ならね
死人が出てんのに、ライヴでペラペラ話し、DVDで金まで取る。
淳二の豪傑さが垣間見れる。
怪談の権化

そして、「生き人形」 落ちも強烈で、ついゾワーっと鳥肌が立つ。
話の起こりと結末がガッチリしており、起承転結 淳二の話術が光る。
ノリノリで話まくる淳二、人を怖がらせるのが大好きな男なのだ。
恐怖と共に、物語として「この先どうなるのか!?」と話をもっと聞きたくなる。
怖い話好きの人なら、恐怖より好奇心が勝る。
苦手な人には致命的なホラーかもしれない。
正直言っちゃうと、ビビリまくって途中に、けいおん!!にエスケープした。澪ぉぉぉ


ついでに最後、証拠となる「生き人形」の写真まで披露され、
視聴者は否が応でもビビル。
(この写真は、見た目にも不気味なのに加え、かなりの曰く付き。)
ヤバイって!
マジなん!?この話マジなん!!??
Suck yourself!!Junji~
ガラスのメモリーズ過ぎる


セガール状態!!





怖かったよぉ~・・・

この映像見ている間、関東の暴風が止まず、窓がバンバン揺れた。
カーテンが捲られ、網戸を突っ切って来た雨粒が私の顔を濡らす。
淳二の雰囲気に完全にヤラレちまった私は、カーテンの捲れた窓の向こうに顔を向けることができなかった。

誰か居たら困るでしょぉぉ??

よく言うじゃないですか、怖い話してると寄ってくるって、
あぁ忘れてぇ~ この話わすれてぇよぉ~
思い出すたんびに怖いんだもんなぁ~
さよならイエスタデイ~


いやぁ、これは怖いですよ。
DVD買って見て見るべきですよ。だって夏じゃない
関連記事
  1. 2010/07/05(月) 01:21:42|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月突入

良い季節だ。


夏、学校に行くときや仕事に行くときには、拷問のように蒸し暑く感じるが、

遊んでいる時や、休日。
夏の暑さを心地よいと感じる日は、精神的にも肉体的にも健全な状態であることの証拠だと思う。

気分が乗れば、いくら汗をかいたって平気なのだ。
普段足の遅い人でも、鬼ごっこの時には快速を発揮する人の様に。

明日のための体力温存など考えず暴れまわり、
夜更かしして、落ちるように眠りたい。


さぁ、来い夏!
もっと暑くなれ、もっと熱くなれ



関連記事
  1. 2010/07/02(金) 01:01:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモンズソウル さん 地獄

腐れ谷は地獄。
蛆の親玉を倒し、面倒なので後回しにしていた腐れ谷。
レベルも上がり、より一層マッチョに
装備も一等。この前まで裸でヒィヒィ言ってたのが懐かしいほどに 立派な防具。
ちょっと頑張って、魔法も覚えたし
サクッとクリアで余裕 余裕。





SEGA!!.jpg






どんな目に遭ったと思う!?


プラトーンの終盤と
プライベートライアンの上陸シーン
エイリアンの巣と
ナイトメアービフォアクリスマスと
クライモリと
地獄の黙示録と
羅生門を合わせたような地獄ですよ。


湿気の多い梅雨の朝。
起きて、枕を捲って見たらキノコがわんさか繁殖し、
そこに便所虫とナメクジが集っている。とかそんな悪夢を想像してみるとわかりやすいかもしれない。
とにかくこのステージはヤバイ。

朝一番、ナパーム投下で一気にフッ飛ばしたくなる場所だ。

いかにもジメジメしたような湿気感。
人間の血と泥が混じったような、色んな生き物の屍骸が溶けたりしたような色の沼。
ところどころ湯気のようなものが出て、何かが蒸し返しているようだ。
そこらに腐りかけの死体。
ウジャウジャ飛んでる羽虫。
汚く暗いのに何故か色合い豊かに感じる景色。赤と茶色を掻き回したような配色だ



敵は腐れ谷最序盤から出てきたゴブリンのような奴。(元々は乞食らしい。この谷を住処にしてたみたい)

加え、体長1m50cmナメクジの化け物。
このナメクジ、PS3のグラフィックもあって、ただ遠くから見ているだけでも精神的にクル。
一体だけでも辛いのに、ウニャウニャ群れて居やがって最悪な気分だぜ!!
腐れ谷のエグイ景観と相まってそりゃもう凄いもんですよ。
こういう虫の群れって嫌だ。
ゲームだけど触れられたくない。
化け物ナメクジ一体の強さはそんなに脅威でもないけど、群れてハメられるとすぐ致命傷をもらう。


更に、大きいクラゲ キノコの化け物。
この胸糞悪い死のヘドロをプカプカ浮いて寄って来やがる!
移動速度は遅いものの、数の暴力で知らぬ間にあたり一面囲まれてるなんてこともある。
ふ~!!!
コイツ一体ならそんなに強くない。しかし群れでオソッテクルゾ


全体的に敵は弱い。
けど、この谷は沼状になっており、移動速度が著しく落ちる。
また深いところ(ほぼ沼全体)では足を取られて緊急回避が使えない。

戦闘に不利な条件が多いので、多数の敵を後ろに、横に、回さない立ち回りが大切になる。

そして、この沼は長く浸かっているとポイズン状態。反町隆史もビックリの鬼畜ステージだ。
弱いとはいえ多数のファッキン・エネミーを相手にし、回復薬も山の様に使い。
必死でノソノソ沼を進んで往けば、止めとばかりに突如毒に襲われる。
シンデシマウヨ



腐れ谷の冒険 
私の場合は、
沼はやけに広く、足場の悪い所を敵の影に怯えながら、酷な景色を見つつ延延彷徨うことになった。
ステージ全体が薄暗いため、遠くの敵を察知しにくい。
多分5時間ほどぶっ続けで、
迷って、死んでを繰り返して、心は折れた
振り絞ったのは意地。
「あと、もう少しで奥までたどり着けるはずだ・・・こんな美麗なステージだ、広すぎれば処理落ちしてゲームにならない・・・だから、あと少し あと少しの辛抱のはずなんだ」
腐れ谷にドップリ浸かってしまったので、引き返せなくなった。
このステージを後回しにすれば、きっとデモンズソウルは積みゲーになっていただろう。

そして、私の想像を遥かに凌ぐ沼の広さ。
極力キモイ敵の回避ルートを模索したために、何時までたっても先に進んでいる実感がない。
正規ルートで敵を蹴散らしたほうが楽だったと今思う。

ゴブリンとナメクジのエリアをダッシュで突破、結構シツコク追ってくる敵を尻目に新たな場所へ

ゴブリンの集落と思しき掘立小屋の集落。
体力ギリギリ、命辛々落ち延びたゴブリンの集落。
どこか落ち着いた場所で回復などして体勢を整えたい場面だった。

が、
横道から、小屋の中から、群がる群がる飽食ゴブリン。
5~8対のゴブリンが私の周りを取り囲み、ピーヒャラと叩いてくる。
やっとの思いでココまで来て、死ぬ。これがデモンズソウルか。

無防備な農村だと思って踏み込んだらベトコンの集落である。

ここで死ぬ、
次からはこの集落の制圧も視野に入れて・・・
ステージ始めから 

   このゲーム凄いだろうい!!?


毒を対処しながら、沼を掻き分け
強敵は回避する。
討伐の必要な敵は戦いやすい所まで引き寄せて殺す。
負けそうなら全力で逃げる。
薬草を食い、息を整えて奴らを殺しにまた出張っていく。
魔法も装備もアイテムも、全てを総動員して難所を越える。
弓も弩も、剣も槍も惜しみなく場所に合わせて使い切る。
こういう時に物をいうのは、突進火力!!

一木清直「ガダルカナル!?ついでにツラギも陥していいか!!?」

群がる敵を圧倒する。

集落のゴブリンは、例え無抵抗でも(時々何もしてこない奴がいる)背中から槍をぶっ刺して殺す。
敵を骨ごと断つ音が心地良いぜヒャッハー!!
乱戦時だと好戦的な野郎と見分けがつかない。
ここまで来ると、プレーヤーキャラがどんな敵より外道に思えてくる。
人気の無くなった集落で戦利品を漁り、残党を片付けて
更に奥へ・・・
運よくステージのショートカットを発見。
これで、次死んでもスタート地点からここまで直ぐに来れるようになった。

中ボス戦。
倒す。

更に奥へ・・・


腐れ谷のラスボス登場。
取り巻きを全滅させ、いざ聖女アストラエアの首級を取らんとする。


なんでこんな清純そうな乙女がこの地獄のような谷のラスボスなんてやっているんだ。
聖女なのに。

ドブ川だった一昔前の多摩川にハゼ釣りに行ったら、女子大生が沢山居た。(水着で)
それくらい場違いである。

無数の乞食ゴブリンに祭られ、無数の朽ちた赤子の化け物が守る。
凛とした護衛の騎士が、聖女の為に盾を構え一歩も引かん。

こは何事!?
ストーリーも深いデモンズソウル。

凄いゲームだ。
関連記事

テーマ:PS3 - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/07/01(木) 03:42:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。