てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セガール コレクション

セガール

無敵無敵アンド無敵。

セガール映画表。2002年までの書きかけです
未見のものが多いので、まとめる意味が果たしてあるのかどうか。

還暦をむかえても益々活躍。作品の量産体勢に入ったか。



刑事ニコ/法の死角(1988年) 伝説の始まり。本編OPで、合気道を修めていることが強調され、セガールの独自性が確立された。
完成度が高い刑事もののストーリーだが、反面突出した面白さは感じられない。ありきたりだが、安心して見れる。
セガールの強さもアクション映画として、まだ常識の範囲内と思う。(結構追い詰められる)
セガールの華々しいデビュー作だ。





ハード・トゥ・キル(1990年) 二作目にしてセガール史上最高の被ダメージか?。なんと7年間のこん睡状態に陥る。
しかしながら、至近距離で散弾銃の直撃を受けた直後に「コノヤロー!」と言ってすぐさま反撃に出るなど、セガールらしさが出てくる。何ともいえない表情でのカーチェイスや敵を容赦なくボコボコにする様が見所。
ストーリーもかなりよく出来た刑事もので、楽しく鑑賞できる。超オススメ。
ヤング・セガールのフレッシュさを堪能するべし。





死の標的(1990年) 麻薬捜査官セガール。ブードゥー教のエスニックな雰囲気が醸し出されたセガール作品。ストーリーがちゃんとまとまっている。
敵のスクリューフェイスは中々の強敵で、アクションも冴える。普通にオススメ。





アウト・フォー・ジャスティス(1991年) これまた刑事もので、早くも他の作品と記憶が混同しがち。
この映画は確か、かなり平凡な刑事映画だった気がする。あまり覚えてないので(もしかしたら見たことがない)、もう一回見てみて後で書き加えたいと思ってる。





沈黙の戦艦(1992年) 最強のコック、セガールがテロリストをボコボコにする話。舞台を洋上の戦艦ミズーリ艦内とし、閉鎖的な緊張感がある。が、逆に言えば、テロリストがセガールから逃れるのが極めて困難ということにもなる。旧式の潜水艦を一隻撃沈というセガールにしては珍しいかもしれない戦果をあげる。
敵の親玉を演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。
殺戮マシーン、セガールの本性が徐々に露になってくる。





沈黙の要塞(1994年) 破壊神セガール。初監督作品にして、めでたくゴールデンラズベリー賞「最低監督賞」を受賞。セガールはいたって真面目に作ったンだろうなぁ・・・という感じはするが、明らかにハッピーな出来に仕上がってしまった。
アラスカの自然を保護するという大義名分の下、敵を殺しまくった挙句、油田基地を一つ完全に破壊し尽す。
セガールがテロリストに見えなくもない。とにかく強い強い強い。
映画はいたるところで破綻をきたしているが、とても派手で面白い映画なので、鑑賞する時は家族揃って。
爆薬で吹き飛ばされるという結構なダメージを受ける。(瀕死だったがすぐに復活した)





暴走特急(1995年)★★★★★ 殺人コック第二作。「沈黙の戦艦」の続編であり名作。テロリストに占拠された列車内であっちこっち殺して回るセガール。
オモシロ黒人も登場し、映画を賑やかにしてくれる。
また、敵テロリストグループがスマートな出来る悪役であるのも良い。
 ライフルで撃たれても「貫通したから大丈夫」と流石の頑丈さを私たちに見せてくれる。
合気道の技も鮮やかに炸裂。テロリストのリーダーとの殺し合いは何度見ても飽きないね。本当に面白い映画だった。





エグゼクティブ・デシジョン(1996年) 友情出演。一説には、「この映画でセガールは初めて死亡した」と言われている。テロリストにハイジャックされた航空機内を舞台とした緊張感のあるハラハラドキドキのアクション映画だが、主役はカート・ラッセルである。セガールは序盤に少し出てくる程度で、中盤に差し掛かるあたりで映画から退場する。
カート・ラッセル、ハル・ベリーを初めとしてかなり豪華なキャストの映画で、
「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」実写マリオでルイージを演じた、ジョン・レグイザモ。
「ターミネーター2」のダイソン役、ジョー・モートンが米国特殊部隊員として活躍する。
セガールを抜きにしても十分に見応えがある作品だ。





グリマーマン(1996年) オモシロ黒人を相棒としたハートフルボッコ刑事映画。猟奇殺人事件を追う。ブラッド・ピッド、モーガン・フリーマンの名作「セブン」に似たような映画かと思ったら、違った。情け容赦の無いセガール拳で、敵が可哀相になる。
ストーリーは結構普通の刑事もの。完成度が高いと思う。結構(暴力シーンが)記憶に残っている。
サスペンス映画作ろうと思ったら、セガール映画になっちまった!みたいな。
とても面白かった。





沈黙の断崖(1997年) 環境保護局の調査官セガールが、有害廃棄物を不法投棄する巨大企業に法と暴力で立ち向かう。
自然環境を守るために企業の不当行為と戦う、という点では「沈黙の要塞」と似ているが、こちらはアメリカの自然豊かな田舎町を舞台としている。「要塞」で懲りたのか説教臭さがなくなり、わかりやすい勧善懲悪なアクション映画になっている。(沈黙の要塞もそうだけど)
期待通り中々のバトルに発展する。





沈黙の陰謀(1998年) 未見。
セガールが学者役で、新型ウィルスに立ち向かうらしい。凄く見たい。





沈黙のテロリスト(2001年) 未見・・・だったと思う。
この年、NY同時多発テロが発生し、その配慮からタイトルが「沈黙シリーズ/TICKER」に変更された。内容が思い出せない。多分未見。





DENGEKI電撃(2001年) DMXという有名なヒップホッパーと共演している。テロリストと戦う刑事もの。
同僚の警官とセガールが、スタンガンを体に押し付けて、我慢比べをするアホみたいなシーンが印象に残っている。
アクション良好でストーリーにもそこまで無理がない。ちょっとしたコメディチックなシーンもあり、普通に楽しめるセガール映画だ。





奪還DAKKAN アルカトラズ(2002年) 現代に蘇ったハイテク刑務所「アルカトラズ」を舞台にしたアクション映画。車泥棒で収監されたセガールが、何だかんだあってアルカトラズに侵入してきた武装組織と戦うことになる。
中二病チックな演出が痛い。少し珍しいセガール映画。
例えるならば、ジェリー・ブラッカイマーとかの映画の格好良いノリに近いが、果てしなく遠いものを感じる。
面白いのか、詰まらないのか、と聞かれたら、面白いと答えざるを得ない。



続く



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/08/25(土) 18:52:39|
  2. セガール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スポーツマン

堂上って捕手が犯ってしまったというニュースについて、

最初は知らない選手だし別に大した話題にもならんよな ってな感じだったが、彼の出身高校、出身大学が私の地元過ぎて驚いた。
私の友達も多くその高校に行ってた。大学もそう。

堂上容疑者は30歳とのことなので、私の年代と被ることはないが、下らん事で地元に泥を塗ってくれた。
横浜が良い所なのは疑う余地はないが、結構アレな部分も多い。 続きを読む
関連記事
  1. 2012/08/24(金) 10:30:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベイス

後藤が打ち過ぎて怖い。

甘い球に対する打ち損じがなく、
恐れのないスイングで一気に、ベイスターズに欠くことのできない存在になった。

二日連続で本塁打。

ありがとう。
いや、アリガトゥー・・・武敏キモティーー。。
思い切り振って、当たれば運もノッてきてる。

 セリーグ一年目、パの投手に揉まれた経験が爆発か。西武時代より若干痩せた印象があるが、これも好調の要因だろか。


末永くベイスでよろしくオナシャス!


 で、もっと怖いのがノリさん。
この成績で推定年俸1500万は恐ろしい。後藤と同じくらい?
本塁打は流石に減ったものの、守備が凄まじく正確で、打点も素晴らしい。
他球団からすれば、得点圏には絶対に回したくない打者の一人だろう。
足も腕もボロボロらしいが、どうか横浜のために頑張っていただきたい。

引退が近いお年なので、最後は優勝できるチームに行きたい・・・と願望があるとは思うんですけどね。






と、これ書いた途端に、後藤が足だか腰だが痛めてしまったようだ。
張り切り過ぎィ!
関連記事
  1. 2012/08/16(木) 20:41:04|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

先輩のおねがい。 無駄な時間編

いつも通りの練習を終えたある夜。

年長先輩は忙しくて来れず、平日なのでOBも来ない。
和気藹々とした素晴らしく充実した一日であった。

部室に戻り汗を拭き、私服に着替え皆で校門を出ると、先輩が早々に駆け出していった。
どうやら「席」をとりに行ったようだ。

今日は私を含め総勢8人。どこかの居酒屋や定食屋か、、

とにかく、今夜も先輩の奢りで夕飯にありつけるということである。やったね
(食事代は部費が使われるので結局のとこ部員皆で支払っていることになるのだが、8人もいると大抵部費では払いきれないので、そのときは先輩が自腹を切る)


 駆け出していった先輩の連絡を受け、私たちは焼き鳥屋に到着した。ちなみに女子マネージャーがこの日は二人来ていたが、速攻で帰った。

皆荷物をほどき、くつろぎ始める。
まずはビールや日本酒などの注文がなされるが、私は酒が飲めないのでウコン茶を注文した。あの苦味が堪らない。

酒が届くと今度は枝豆やらのツマミ。
酒が苦手な私は定食屋で腹いっぱい食べたいのだが、皆酒が飲めるのでこういうところでも楽しめている。羨ましい。

練習の疲れからか、皆はすぐに酔った。
学校での単位の取り方や「あの教授の授業は楽だよ~」みたいな、先輩から後輩へのアドバイスがなされ、私も興味深く聞いていた。

そんな爽やかな話題から、酒が入ったことにより

下品な下ネタ

彼女について

女性の素晴らしさ

どの芸能人とヤリたいか

駅に行ってナンパして来い

と、いうように話題が推移した。
最後の「駅に行ってナンパして来い」というのは、まさかの命令である。
冗談ではない。
何をどうすればこうなるのか、先輩達の脳みそはアルコールが回ると腐るの?

私は最初冗談だと思って「ハハハハー」みたいな、面白くないんだけど取り合えず笑っとくか みたいな感じでやり過ごそうとした。

ところが、

2年先輩「でもここじゃ席足りないっすね」

3年先輩「いいよ。店変えるから」

2年先輩「押忍!それじゃまた(店を)探しにいきます!」

3年先輩「それじゃ一年でじゃんけんして負けた子が行ってきて~」(一年生は私を含めて3人)


押忍!じゃねーよ。バカが。


そして私が負けた。
いかんなぁ・・・こういう仕事は大体友人Aが背負うことになるのだが、今宵は私ですか。ほう

3年先輩「そんじゃ○○(私)出来れば5~6人連れてきて~」

席をダッ!と立ち上がり、
私「押忍!」
と返事。

アカン。無理や・・・怖い・・・
なんでこんな事せにゃならんねん。どうせ誰にも声を掛けられずに帰って先輩達に睨まれるんや・・・
アホか・・・アホか・・・


3年先輩「一人じゃカワイソーだからお前もついてけ」

2年先輩「押忍!」

お!
仲間が増えた。
この2年生の先輩はこの夜、店の席を取るために駆け出した先輩で、
部活では私にキックボクシング式(ムエタイ?)のフックの出し方を教えてくれた優しい人だ。
が、3年生の先輩方からは専らパシリとして扱われている。


フック先輩「それじゃいこうか!」

私「おす!」


このフック先輩もかなり酔っているようで、顔が赤い。また、若干テンションが上がり気味のようにも見える。
多分、酒飲んでウキウキなんだろう。


焼き鳥屋から駅までは10分ほどあった。

道程、

私「先輩達、マジなんですかね?」

フック先輩「どーだろうね。酔ってるからね」


私は少し安心していた。やはり、酔っていてふざけているだけなんだ。
それに、一人でほっぽり出されてウロウロしているよりも、先輩がいてくれたほうが何かと頼りになる。
私は女性の集団に突っ込んで行ってナンパなんて出来ないので、もし本当にナンパせねばならないとしても、全部先輩にやってもらえば良いや。
フック先輩は酒が入ってるし、このテンションなら勢いで行けるんじゃないか?


そして、もし成功したら、私も良い思いが出来る。
穴があったら挿れたい という状況だ。ホテル街も近いし、持ち合わせもある。


 と、ガチ屑なことを考えていたらすぐに駅に着いた。



フック先輩「改札のところ行こうか」

私「押忍。」


階段を上り、改札につく。
人はかなり多いJRの駅である。私とフック先輩は改札の行き来が見える場所で、通行人の邪魔にならないように壁を背に二人で並んで立っていた。

改札付近ということもあり、待ち合わせをしている人も多く、それこそ これから飲み会だ!というような女性の集まりも見受けられた。また私の大学の生徒も多くいるはずである。

私は「うわぁ・・・こんなの絶対に声かけられないな・・・」とか思いながら突っ立っていた。
先輩早く行けよ!とも思っていた。

よく見れば見るほど美しい御婦人は通り過ぎていく。
結構手ごろな感じの女性達もスルー。

あんな女の子達と仲良くなれたら楽しいだろな~と、ただ立っているだけだったが、それはそれで結構楽しかった。


フック先輩「んじゃ戻ろうか」


は?


先輩は歩き出した。

良く見てみれば、あれ?


先輩?


酔いが抜けてる?


信じられないほどの真顔。
眼は輝きを失い、まるで鮫の目玉のようである。



フック先輩は完全に冷めた



絶望した。なんだったのかこの時間は。

私が悪いのかな?
行動を起こさないから。
やっぱり、こういうのって後輩がガツガツ動いていかないといけないものなのかな?



ファック先輩「実際無理だよね」

私「押忍。怖いっす。」


また十分ほど歩いて、焼き鳥屋の出入り口につくと、皆が食事を終えて待っていた。

3年先輩「今日はこれで解散!待ったよ!」 意味不明だ。


一本締めして解散。私は再び駅に向かって歩くことになった。




地元につくと、一人で松屋に入り、豚丼の並を食べた。

終了。
関連記事
  1. 2012/08/12(日) 16:50:28|
  2. 部活時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

/

スターマンさん
関連記事
  1. 2012/08/12(日) 15:04:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五輪

女子競技は至高だ。

ボールを用いた体操やフラフープ(?)のやつ、レスリングもいける。

日本代表は文句無しの美女揃い、
海外のスポーツ系美女も拝めるまたとない好機でもある。

オリンピックを通じて様々なスポーツを目にする楽しみ。という体で世界の美女を見つけちゃう。

 
 フェンシングなどの武術系は素晴らしい。物理的に強い女性というのはとても魅力的であるし、JUDOなどは是非寝技を直接御教授願いたいと思える選手もいた。
 妄想の中で彼女達に首の骨を折られるのも良い。


体操系では、柔軟性、しなやかさ。動きの美しさが好きだ。
頭のてっぺんからつま先まで全てが意識され、極限まで高められた動作の美しさを見せてくれる。
私が審査員をやるべきだろう。

関連記事
  1. 2012/08/10(金) 01:04:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝ったけども

最も勝ちたかった相手、広島に久々の勝利。

が、全然うれしくない。會澤選手が心配だ。


十分な球威を保った140キロの直球を顔面に当ててしまった。

山口はこの前の中日戦でもブランコの腕をへし折っている。
最下位なのはいいが、相手の選手を破壊するのはマズイ。

高崎投手が良いピッチング、粘って粘って漕ぎ着けた素晴らしい試合だったのに


しょっちゅう球が荒れよる
ランナー背負うと解り易く突然調子狂うという、守護神にあるまじき豆腐メンタル。

會澤選手に対してフルカウントになった時に、デニーがちょっと心配そうな顔してたし、嫌な空気はあったのかもしれない。
こんな事が起こってしまうとは、
頭部への死球は選手生命のみならず日常生活へも支障をきたす怪我に繋がる恐れがある。

テレビで見ていたときは、ヘルメットのツバが何とか緩衝しているように見えたが、そのヘルメット自体割れてしまっていたし、
どうもあの位置は眼球に近い。倒れた後も動けない状態だった様で、救急車が球場に入ってくる形で會澤選手が運ばれて行った。

どうか無事でありますように。
関連記事
  1. 2012/08/02(木) 22:59:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロンドン五輪

中国が凄いっすね。

流石のアメリカに、元気の無い日本。

柔道でもっと金メダル獲れると思ってたのですが、う~んJUDO・・・ JUDO!

少し、日本に流れが来てない感じがします。
女王の仏頂面から、開会式で何故か場外に誘導されたのがケチのつきはじめかw

その後も判定やらなんやらとで色々と厳しい大会でありますが、選手の皆様には日本国の代表として全力を出しつくし、胸を張って帰国していただきたい。

頼むぞ女子サッカー! 続きを読む
関連記事
  1. 2012/08/01(水) 12:35:04|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。