てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開幕戦。1回で終了。

 昨日は野球ファン待望。開幕戦の日でしたねぇ!

私も家に帰って早速TVを付け、どこかの局でベイスターズの試合が行われているはず!とワクワクしていました。
TVKかBSで放送してることが多いっすね。

が、どこの局でも放送してない。
開幕戦は神宮なのでTVKでは放送しないのだ。他は巨人戦にソフトバンク戦くらいだったかな。


 仕方がないので、試合経過だけでも確認しようと「ベイスターズ公式ホームページ」へ行った。
すると、「本拠地開幕まであと3日!」とプラカードを持った三嶋の広告が画面いっぱいに広がった!

そう、公式戦開幕は今日だが、横浜でプロ野球が始まるのは3日後なのだ。本当に楽しみだ。

そしてそして、本日開幕戦の投手を務めるのはこの三嶋投手である!

私は三嶋の広告を「×」ボタンで消し、試合経過を覗き込んだ!


   二回裏: 横浜 1 - 9 ヤクルト

( ՞ਊ ՞)ファッ!?

二回の裏!?二回裏ぁぁ!!

開幕投手である三嶋は一回裏から早速着火していた模様で7失点、二回の裏には止めの2点を喰らっていた。

「ちょっこれwこれwへぇぇぇぇえぇぇぃぃ・・・ww」と思わず声が漏れてしまった。

 
 一回表横浜の攻撃は、石川二ゴロ 山崎三振 梶谷三振 と極スマートに凡退。
守りの裏で三嶋殿はシーズン最初の打者にいきなり快くない投球を披露し、3-0というクソのようなカウントからデッドボールを放る。
ケチの付け初めか、その後順調に乱れ、ベイスターズを開幕戦黒星へと導いた。

横浜ファンにとっての楽しい楽しい開幕戦は、試合開始から多分30分ほどで終了。


なに!戦いはこれからだ!!!
毎年言ってるけど、今年の横浜は期待できるから。


巨人の首を狩るのはベイスターズだって、ハッキリわかんだね(決意)


 そして、私はパソコンを放置し、TOKYOMXでやってたソフトバンク戦を見ることにする。
内川・デホ・長谷川・松田と、マジでパネェ打線が実現したソフトバンク、今年パリーグの優勝候補筆頭だ。

内川のポテンヒットやデホの渋いセンター前、犠牲フライなどで着実に点を重ねるソフトバンク。

強いチームの野球は見ていて面白いな・・・
と思った私はPS3の電源を入れゲームをすることにした。 続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/03/29(土) 01:57:02|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「トワイライト」

 勇気をもらえる映画でもなければ、感動もしない。
ただ男女がイチャイチャする過程を見るだけにしては、あまりにも長い2時間尺。暇つぶしにも適さない。

シリーズ全5作。
当時は結構流行ってたらしいが、流行に敏感な私の妹でも一作目で飽きた超大作。

「吸血鬼のイケメンとアメリカ娘の禁断の恋愛」というスウィートな日本少女マンガ風のストーリー。

 「好き//」「ボクも好きだ//」「ずっと一緒にいたい////」「駄目だ・・・ボキ達は住む世界が違うんだ・・・」
 「そんなのイヤ・・・!」「決めた!幸せになろう///」

これが「トワイライト」。

世の夢見る少女に一時の間、現実を忘れさせる。ふぁっきんぴゅあ糞な青春恋愛ラブラブ活動写真だ。

tw1.jpg


 良く磨かれた便器の様に白い肌、吸血鬼「エドワード」(100歳)と、よくいる頭のよろしくないアメリカ少女「イザベラ」(16歳くらい)のイチャイチャの恋愛模様がマジで全編・全シリーズ通して展開される。糞みたいにウンザリするほどイチャイチャするぞ!死ね!死ねよ!死んじまえ!

 そう。
エドワードは吸血鬼であり、死んでいるのだ。その体温は凍てつくほど冷たく、眼は紅く輝く。また、「鬼」の名に相応しい剛力と俊敏さ、人の心を読む能力を持つ。人間ではない。
 エドワードのような吸血鬼は人間と関わることを恐れ一族を成してワシントン州郊外の高級住宅に住んでいる。
血を見ると興奮してしまうが、人間に危害を加えたくは無い。とにかく正体を明かしたくない彼等は、血を求めて森で動物を狩ったり、極力人と距離を置く努力をする。後、医者をしてたり、普通に学校に通ってる。

TW2.jpg


吸血鬼は年を取らないため、17歳当時に人間を止めたエドワードなど若い見た目の吸血鬼は何故か何度も何度も高校に入学しては、卒業する。
コイツ等本当に正体を隠しているつもりなんだろうか。バレそうになったら一家総出で引越し、引越し先で同じような生活を始めるのだ。

TW3.jpg


 勿論「人間と恋愛なんて持っての他」的な鉄の掟みたいなのあるが、
そんな鉄の掟を甘い恋心で融解させる女、イザベラがエドワードたちのいる学校に転校して来る。
大変だゾ。

イザベラの血液は吸血鬼にとってとても魅力的、美味しそう過ぎて食べちゃいたいのだ。
しかしそんなことは出来ない。あからさまにイザベラを避ける吸血シャベル顔エドワードだったのだが、車に轢かれそうになっていたイザベラを超人的能力を持ってして助けてしまう。

その能力を目の当たりにしたイザベラはエドワードから距離を置くどころか、むしろ興味を持ち調べ始める。
車には轢かれなかったが、素敵な男性には惹かれてしまう。

初 恋 の 始 ま り だ 。

Tw6.jpg
Tw5.jpg
( ՞ਊ ՞)




恋愛要素の他にも、人間を食物とする「野生の吸血鬼集団」がおりエドワード等穏健派な吸血鬼連中と対立してたりする。その対立はやがて戦いに発展。

申し訳程度の糞みたいなアクションが要素としてある。

吸血鬼のアクションは主に「素早く動く・押して吹っ飛ばす」の2パターンで見応えは無い。
見栄え的にも、ちょっと押すと相手が違和感があるくらいすっ飛んでいくので笑える。怪力・俊敏という特徴のみを反映したチープなアクションシーンと言えるだろう。
吸血鬼は不死身。銃で頭を撃たれたりしても平気みたいだし、ちっとは生生しい描写でも組み込めばいいのに。
この映画どうやら、少年少女の健全な発育に寄与したいという素晴らしい意識を持って製作されているため、過激なシーンは御法度らしいのだ。


 もうここまでくると何一つとして観るべき所が無いのだが、ただ笑えるという点。ここは大事だ。

肛門みたいな笑えるアクションシーンに、純恋愛とは何たるか「付かず離れず・・・でもくっ付いちゃう」。「ボキと一緒にいると危険だ!愛しすぎちまった!」マジで笑えるキザでくだらない台詞が目白押し。
真面目には見てらんないが、ネタとして楽しむには中々。

「死傷者数」 5億万点
「死に方」  0点
「男らしさ」 1億万点
「大衆性」 13億万点
「おっぱい」17億万点

映画トワイライト;36億万点。

 ちなみに、エドワードとイザベラが性的に結ばれるシーンは4作目「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーンPart1」まで待たねばなりません。
私は観ました。 続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/22(土) 01:31:36|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「永遠の0」

 かなり遅ればせながら、観てきました。

知人が映画館で働いているのでこの映画の評判は良く聞いていました。
まさに大好評、大傑作。他の作品とは集客の各が違う。映画が終わって、泣きながら出てくるお客さんがたくさんいらっしゃると。
そして、感動のあまりお客さんがシートにゴミを放置してくるので掃除が大変だと。

また、御年配から若人までかなり広い層に観られている映画である。
女子高生がグループを成して自らの意思で観に来る日本の戦争映画ってのは珍しいもんだと思います。歴史に興味を持つ入り口の役割としてもとても成功している映画だ。

 岡ジュンに感謝だな


 本当に素晴らしい映画でした。岡准最高ですよ。


ストーリー:零戦パイロット宮部(岡准)は卓越した空戦技量を持ちながら「帝國海軍一の臆病者」「命を惜しむ卑怯者」と言われていた。その子孫である健太郎(三浦春馬)はある切欠から宮部の真実を調べていく。


 健太郎は、自分のおじにあたる宮部と当時の戦争を知る人物達に会っていき、段々と理解を深めていく現代のパートと。宮部の人物像を健太郎に話す回想としての戦争パートがある。

観る前は正直、
現代の描写なんて邪魔になり、無駄に映画が長くなる要因ではないかと思っていたが、大違いだった。
「永遠の0」の要点は、「過去を知る人から(宮部の物語を通して)戦争を言い伝わる」ことであり、三浦春馬くん演じる健太郎は今の日本の若者を象徴している。
現代パートはとても大事な要素だった。

宮部の事を知りたいだけだった健太郎が、いつしか図書館で「太平洋戦争」について理解を深めようと勉強を始める。勉強と言うと堅苦しいが、自分で知ろうとする事の大切さを示す素晴らしいシーンだと思った。

 映画全体を通して理解しやすく、良くまとまっていて面白かっし、
宮部と戦いを共にした証言者達の話し方は、私の爺さんの話し方にそっくりでなんだか懐かしい思いになった。

 「グラマンに打ち抜かれて~」「艦爆が~」「艦攻が~」など、聞きなれない単語がほいほい出てくるが、戦争経験者の話にはよくあること。
私もガキの頃は爺ちゃんからこんな感じで戦争の話を聞いた。


 さて、この映画は「海軍一の臆病者と言われた宮部だが、ではなぜそんなことを言われているのか」を解きほぐしていくうちに、なるほど「宮部は家族の元に生きて帰りたいがために臆病な戦い方をしていたんだ」となり、

最終的には「なんで宮部は最終的には特攻で命を散らしたんだろう」という謎になる。
戦争を通していつ何時も生きることを最優先にしていた男が、戦争の終局にきて自ら死ぬために飛び立った。

ここの答えは明確に描写されておらず、映画を観終わった人それぞれで解釈が変わってくるんじゃないかと思う。


 映画を通してCGは良好、迫力があり戦闘シーンも素晴らしかった。(ただ、一番最初の零戦が赤城に着艦するシーンだけ何故か安っぽかったが)

真珠湾奇襲・ミッドウェー海戦・ガダルカナル航空戦・沖縄特攻など太平洋戦争の様々な高空戦が再現されており、登場する兵器も多様。
飛行機と軍艦が主だが、その再現性は高いはず。


総じて見応えのある映画だと思う。 続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/18(火) 00:17:23|
  2. 映画見た
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬のウンコを踏む

 駄犬過ぎるだろ。ウチの犬は。
小便も大便もある程度は決まった所でやるんだけど、時折変な所にしでかす。

親父はコレを「トラップ」と呼ぶが、
マジで人が踏むところを予測してしかけている感じがする。

 飼い主に自分の糞を踏ませるという嗜みだ。

 今回私が引っかかったのは台所。

ご飯を茶碗によそるために台所までいったのだが、電気が消えており「ご飯よそるくらいだったら点けなくてもいいか。」
と思って炊飯器に近づいていったら踏んだ。
ピンポイント 右足 踵付近。

足元が全く見えない状況だったが、感覚で糞だとわかった。

私が「あ”あ”---これ!!!!」と咄嗟に声を上げると、尻尾を振り 舌をペラペラさせながら犬が顔を出してきた。

私の被害妄想かもしれないが、どこか楽しそうであり

「やったぜ。」と、まるで戦果を確認しに来たような面をしていた。

 右足を床につけぬようにケンケンで台所の電気を点けに行く。

やはり糞だった。


 こういうことは今まで何度もあった。
稀に工夫された場所にトラップが設置されていることがあり、一番驚いたのは「妹の靴の中」に仕掛けられていたときだ。
「人間は靴を履いて外に出るのだ」ということを完全に熟知しての犯行だろう。
当時、学校にいくために家を出る時間帯で、死ぬほど笑った。家族総出で玄関で奇跡の犯行現場を見ていた。
妹はキレていたが、皆で笑った。犬も尻尾振りながら楽しそうにしていた。

 しかしながら、これは犬にとっても難易度が高い。女物の靴は口が狭く、また犬の肛門もそこまで精度が高くないのだ。
その日の腹具合や、重力変動、喰ったエサ(いつものだけど)、など。
また、それはどうやら深夜人が寝静まった頃に放たれたものらしく、踏んだ妹が言うには「固い」。乾燥していたらしい。

つまり、馬鹿犬は人に見つかる危険を回避し夜に視界が不明瞭な中、一つの狂いもなくトラップをケツからだし、人を狩りに来た。


 他にも、食事の時にイスに座って足を下ろすところドンピシャに糞が仕掛けられていたり、
廊下のど真ん中に正々堂々と仕掛けていると思ったら、それはドアを開けて足を踏み出した一歩目に踏むように調整されていたりした。私は踏んだ。

 犬が私の留守の間に、部屋に侵入。散々荒らした挙句ウンコを置いていったこともあった。
ゴミ箱が引っくり返されてゴミ散乱、ウンザリしながら片付けその日は寝て、
次の日に起きたら机の下からウンコが臭ってきていた。臭いがなければしばらく気が付かなかっただろう。
時間経過で臭いだすという、時限爆弾的なウンコの使用である。

ゴミの散乱はウンコを隠すカモフラージュであった。ゴミを片付け安堵しているところを狩りに行く。ウンコ版ハートロッカーだ緊張感があったし、クスォを発見したときにはゾッとした。
あの後、机で勉強なんぞしようものなら確実に踏んでいたはずだ。勉強なんてしないけどな。

 ウンコトラップは、人間の習性を観察した上で設置されてることが明らかである。
また、忘れた頃に仕掛けられているなど、人の油断に浸けこむ高度な心理戦を要する。

私は犬に負けた。 続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/13(木) 21:15:50|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

赤色

 アメリカの事を勉強したくて(嘘)、ウィキペディアで社会階層の色分けを見ていました。
白・青は有名で、日本でもしばしばホワイトだブルーだとカラーで語ったりします。日本では独自にブラック・黒という主に酷い労働環境を表す言葉がありますが、アメリカだと黒人を意味するの言葉になりますかね。


 私が気になったのは「赤」。
レッドネックと呼ばれる、白人の貧困層の記事でした。
「赤色」というからには、社会主義的な思想のアメリカ人かな?と思いきや、全くの反対で、むしろ思想的には社会主義者をショットガンでブッ殺すタイプのアメリカ人。
日本で似たようなのを探すと、大分スケールが小さくなるがネトウヨなんかがこれに近いのではと個人的に思います。

 よく映画なんかで出てくる、「トレーラーハウスに住み、馬鹿。保守的で差別主義者。軍隊・戦争支持者。銃と狩猟が好きでパイプタバコに酒、愛車はボロッちいトラック、低い性への意識、カウボーイハット」という感じのヤツ等です。

映画だとマジで割とよく見ます。

最近だと、「ダラス・バイヤーズ・クラブ」の主人公がドンピシャでこれです。典型的なレッドネックです。
ちなみにこの映画面白いのでおススメ。


 で、ウィキペディアの文章に一つ気になる所があるんですよ。



aa.jpg





ブルース・ウィリスかアーノルド・シュワルツネッガーのアクション映画が好きである。もう少し階層が落ちるとジャン=クロード・ヴァン・ダム、チャック・ノリス、スティーブン・セガールとなる。」



吹いた。
続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/10(月) 05:08:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボコップ登場

 ロボコップがデトロイトから横浜まで来てくれました。

ロボコップ

robokoppu.jpg


 314キロもでるのぉ!?(歓喜)チャップマンより速いですね・・・

この醜いフォームを改善すれば更に速くなるってことですね。多分334キロくらいまでは上がるはずだ。
関節部分の稼動域を広げれば良い。


いつもならベイスターズに入団して欲しいという所だが、コイツの球を受けれるキャッチャーがいない。
恐らく一球受けるごとに捕手の手の平が粉砕される。1軍2軍の捕手を総動員したところで5~6球投げられたらベイの捕手が全滅だ。

思い切って打者として出てもらうほうがいい気もするが、やはり横浜の課題は投手。300キロを放る才能を無駄にはしたくない。
ここは高城か黒羽根を野球をする機械に改造し、ロボコップ専属キャッチャーにすることを検討するべきだ。
ICチップ「TANISHIGE」を頭にツッ込めば配球分析も完璧、また後逸など守備のミスも限りなく減るのではないかと思われる。

 懸念するべきなのは、オフに巨人に強奪される可能性が高いということだ。

20120503051517_68_1.jpg


 今年のベイスターズは強い!私はオープン戦を見てないのでよくわからないが、何か強い!と聞いた。頑張れ中畑監督!

アメリカではマー君がヤンキースへ。
そして松坂が一軍昇格!ことしも野球が面白くなりそうだ。 続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/09(日) 13:11:47|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっづ

 全国の児童虐待通告件数が2万件を越えた。

2万件とは通報の回数であって、
はたして実際は、通報はされてもちょいと厳しい躾だったということもありうるし、当然通報されないような虐待もあるはずだ。


 私の友人が児童保護施設で働いているのだが、友人の施設はいつまで経っても満杯だという。
児童保護施設とは虐待を受けたり家出した児童を「一時的」に保護する施設らしいのだが、だいたい虐待を受けた子はすぐに戻ってくる。

一時的に保護しても、家に戻ってまた虐待され、再び施設に預けられるということだ。
虐待といっても直接身体的に痛めつけられる子から、夫婦間で行われる暴力行為(DV)を見てしまい心が傷つく場合もあり、その場合は心的虐待になる。

子供が健全に育てられない家庭と言うのは、大体の場合改善できないみたいだ。ここまで来ると子供にとっては、もう家庭と呼べるモノでもない。しかし、子供には逃げ出す場所がなく、逃げる方法も知らないのでこういう施設が必要になってくる。


 保護する子供はやはり普通では居られないらしく、ほかの子とよく喧嘩したりと、感情を制御できない状態になるらしい。
そして、子供は純粋なので、自分が受けた罵倒、言葉使い、暴力を他人にも振るってしまう。普段から暴力を受ける環境にいては、その子にとってはそれが普通ということだ。「ムカついたら他人を殴って良い」ということを、親から体に叩き込まれているようなもんだ。全部親から覚える。
幼稚園児くらいの子が、大人が使う汚い言葉をさも自然に口にするなどかなりカオスな施設になっているようだ。


 これはどう解決すればいいのか解りませんな。
要は子供を殴らず、夫婦仲良くすれば良いというわけだが、それができない。
じゃあ何故できないのか、なんでストレスが子供に向けられるのか、どうして我慢できないのか、どこでストレスが堪るのか。
保護施設は子供を一時預かる場所であって、親の心までケアする場所じゃないと思うんだよね。
だから、虐待原因の解決は親がしなければならないわけで、原因を解決できなければ子供が戻ってきてもまたヤル。

大人を預かる保護施設は精神病院か刑務所くらいなもんですかね。子供を一時的に引き離してもどうにもならない。
最優先で解決するべき社会問題の一つだ。経済の再生なんかより大事だ。



 そういえば、虐待の通告は法律で義務化されてますね。
義務と言っても、虐待と思われる行為を目撃した際の自分の主観で断定するわけで、「これ虐待なんだろうか?」とか「もし間違ってたら恥をかかせる事になる」など色々と心配な事が多い。また、「何か面倒なことに巻き込まれる」という気分。
そして、たまたま虐待に見える躾もある。
そんなこんなで通告義務を全うできないで居ると、取り返しのつかない事態になってしまうかもしれない。


 義務と言うと「あの家、虐待してるぞ!」と、ハッキリわかった状態で通告するべきみたいな雰囲気。(?)
だが、通告の中には匿名のものや、「これが虐待かどうか判断して欲しい」と児童相談所に相談する形のものもあるらしい。

肝要なのは個人・地域・社会で、自分の周りに居る子供を守ろうとしなければならないということ。もしかしたら守ることができるということだ。
2万件の通告ってのは伊達じゃなく、この法律が効果的に働いている証拠でもあると思う。
近所から監視されているということで抑止にもなる。監視って表現はどうかと思うが、まぁ監視だろう。
思えば、子供を育てるのは親2人だけじゃなくて、周りにある社会そのものとも考えられる。


 中には、ちょっと夜泣きしただけで通報するような面倒な奴も出てくるだろう。
普通に子育てしてんのに虐待扱いされたらたまったもんじゃないが、普通の人が普通に見てれば虐待かそうじゃないかぐらいわかると思うんだよね。


 詳しいことはココを読んでくれ!「厚生労働省」←リンク

私はまだ読んでない。
関連記事
  1. 2014/03/07(金) 21:12:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すまぁとふぉぉぉぉんぬ

 スマホを使ってネットするとストレスが溜まりやすい。

読み込み遅いしキーボード(?)小さいし記号打ちにくいし。最近は電池があと40%ぐらい残ってる表示からいきなりエンプティーになって電源落ちることもあった。

 ネットやってて一番ムカツクのが画面のズレだ。ウィキペディアとか何か長い記事を読みすすめていって、ふと動作が重くなり何か読み込んでるのか~?とか思ってると、そのページの一番上まで勝手に戻りやがる。
熱中して読んでるときにコレが起きると本気で壁に投げつけたくなる。

また、重くなって操作を受け付けなくなり、
その間に「戻る」とかタッチしまくると、フリーズが解除された時に一斉に命令を実行しようとしやがるんだ。

普段、通常時には連打しても言う事聞かないくせにですよ!!

 
 あと、広告画像を遅れて読み込み、ページのレイアウトが一気にズレるので誤タッチの多いこと。
ミスって全く興味のない広告をタッチする上に、ページ打消しの命令を聞かずにリンクを開こうとして、しかもアップストアまで勝手にぶっ飛んで開こうとする。何かのアプリの広告だと思うのですが、死んでくれませんかね。糞みたいな広告だよ。


 「前田慶次が仲間になりたそうにこっちを見ている・・・!」
 「仲間にする」
「叩き斬る」

なんじゃコリャ!無駄に目に付くし、信長公を斬ろうとするバージョンまである。
斬っちゃいかんでしょ!猪俣邦憲なら斬りますけど、前田慶次は是非とも仲間にするべきだ。
信長の野望でもこんな酷い選択肢はなかった。斬るじゃなくて処断だろ!


 「寝る前にアイツの村潰しとく?」

髭面のオヤジがドヤ顔で尋ねてくるんだが、これは一体なんなんだよ!
村を潰しちゃイカンでしょ。寝る前にちょこっと殺生与奪。
また、アイツってのは一体誰のことだ!友人Nの村だったら徹夜で根絶やしだ!課金なんか絶対にしねぇがな!


 たかがゲームとはいえ表現がほんの少々生生しい。本当に、薄っぺらい流行りものの課金ゲーですって感じ。

と言うわけで、コナミは早く魂斗羅をアプリ化すんだよ。おう、あくしろよ。
タップする度に「イ”ヤ”ァェォ!」と自キャラが死ぬときの声が出るアプリや、目覚ましみたいに指定した時間にスピリッツのOPが流れたりする機能、ステージクリア時のBGMを着メロとして発売するんだ。

そんで3DSとかPSで新作出してぇ。 続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/05(水) 04:45:52|
  2. オンライン挑戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スパシーバ

 ロシア軍はウクライナ軍に対して最後通告。
「降伏しないと蹴散らすぞ」という、まるで世界大戦期のような脅しだ。スゲェおっかない。
中国が冬虫夏草を取るためにブータンに侵入するのとではわけが違う。
完全なる侵略行為なので、世界秩序で言えば最も慎まれるべき行為だ。国連というのはこういうことを阻止する為に存在するはずなんだが、なにやってんだろう。大国が絡むと役にたったことがないっすね。

ぷちn


 ウクライナ軍ではロシア軍に対抗する術が乏しく、戦闘になれば最悪の結果になることは明白だ。
完璧に詰んだ状態ならば、おとなしく降参しといたほうがいいような気がする。そうしないとロシアは絶対に殺るからだ。

結局のところ、力がある奴が勝つという悲しい出来事に変わりはないが、多くの犠牲者が出るのとそうでないのとでは大分違ってくる。
まぁ、なんだかウクライナ軍も新政府には同調してない感じなので、戦う気なんてないようだが。


 クリミア自治共和国を支援するということは、即ちロシアと衝突する可能性が高く、欧州各国もアメリカもそんなリスクを背負うことができないだろう。ロシアは今でも軍事大国だった。

しかしながら、ここでロシアの好き勝手にさせれば増長する奴らも出てくるはずだ。
中国とか北朝鮮はきっと便乗してくる。「どうせ怒られないなら何やってもいいんや!」って感じで調子に乗りまくりよ。ただでさえウザイのに。


 最近はアメリカの衰退が目に見えるようになってきており。「チベットの独立は認めない」発言とか、いまだに信じられない。アメリカが世界の警察だなんだと偉ぶってる時代は過去のもになりつつある。
アメリカには昔から大儀なんてものはなかったが、ついにプライドをも捨てて敵にも媚びる様になってきたという印象だ。
今回ロシアが強気に出てるのも、欧米の弱体化が大きな原因の一つなんじゃないのか。

 こんな暴挙を許していれば、いずれ大事を避けられない。
暴挙を許す隙があり、また止めることが難しい。まるで大戦直前の歴史をそのまま繰り返しているように見える。
プーチンが段々とヒトラーの姿に見えてきて、次期アメリカ大統領はおそらく共和党だからルーズベルト的な強硬な立ち位置に。中国はさながら昔の大日本帝国みたいな具合ですかね。


 最悪、今回の事変が第3次世界大戦の引き金だった・・・なんてこともありえる。
ヨーロッパ、マジで世界のデリケートゾーン。何回同じようなこと繰り返すんだ。

 とにかく、どうか穏便に済んでくれることを祈るばかり。無理っぽいけど。
元々、ソ連の勢力圏だっただけにどうも仕様が無いといった感じがする。嫌な感じよ。 続きを読む
関連記事
  1. 2014/03/04(火) 05:15:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。