てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帝都五輪

  東京五輪エンブレムにまでケチがついたぞ。ゴタゴタしますね。

ベルギー人デザイナー、オリビエ・ドビ氏が昔作ったリエージュ劇場のマークと五輪エンブレムがそっくりなんだと。


ニュースで見たけど、まぁデザインの大事な部分はそっくりそのままという感じで、日の丸をポンッと付け足しただけに見えてしまう。
ほぼ完全一致で、「似てる」とかの範疇越えてる。シンプルで、形は流石に良いんだけどね。


偶然か、本当にパクったのかは知らないけど、変更するべきだろう。なにしろ、先方はオコであるし。
パクリ疑惑となったロゴを使い通すのは気持ちが悪い。



 新競技場の資金問題もだけど、
な~んか見栄張ろうとしてコケてる感じが片腹痛いっすよね。
頑張って出来る限り盛り上げようというのは、とてもよく分かるんですけど。3.11以降、数少ない明るい話題だから。


 ぶっちゃけ、競技場とか普通で良いんじゃん。各競技が滞りなく安全・円滑に行えるのがまず第一で、形なんて別に。
北京とかロンドンの競技場の形なんてもう憶えてないし、そんなもんなんじゃないですかねぇ。

こういうのは、パーティの主催者は神経削るだろうけど、参加者や見ている人は特別気にしないのでは?


 競技場がダサくて笑われるのより、
競技がちゃんと行われない方が笑われるし、見に来た人の心に嫌な物を残す。

例えばだけど、陸上競技を小机の日産スタジアムで行っても、全く問題ないでしょ。綺麗だし。
新競技場の完成予想を見ても、特に「東京五輪」たる独自性を感じないですし、ちょっと変な形だとすら思ったよ。


というか、デザインを外人さんにやらせてどうするんだよ!!(費用糞高いし)
 

ここはどう考えても日本人デザイナー。日本の匠であるべきだろ。



 安部。この野郎は、せっかくだからもう一つ何か残して辞めていけよ。


競技場を日本文化・伝統を感じさせる設計に変更すんだよ。おう、あくしろよ。


日本武道館をパクった八角形設計や、首里城みたいなのも良いやんけ。


城郭を模した古風な競技場で、客席からスカイツリーとか東京タワーが見えるとか、
古なるものと新鋭なモノが調和した国。我が日本の個性を発揮し、お客様をまず視覚から喜ばせるんだよ。
一部客席は畳に座布団を敷いて両国前席で相撲を見るスタイルも良いんじゃないか。



エンブレムも下がり藤とか家紋を模したモノに変更だろ!
「2020」とか変な限定感をつけると、時が過ぎれば安っぽくなる。数字は入れずに、アニメキャラや怪獣とかと組み合わせたりしながら、日本に来た証として単品の完成度を高め。ストラップにして客に売る。


開会式にAKBとか初音ミクとか絶対やめろよ、日本舞踊と歌舞伎、勇ましい和太鼓と聖火の炎で八百万の神に五輪開催を伝え、整列した各国の選手団を鼓舞し、まるで合戦へと向かう侍たちをイメージさせるんだ。クールジャパンだろ?


 東京五輪を機に、初めて日本を訪れ、それが一生に一回の来日になる観光客も多いはずだ。
だから、選手の活躍と共に、目に焼きつく日本のアイデンティティーを何か用意しておくべきだ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 21:39:03|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の感想

 ジョジョの後番組として始まったアニメ。


ストーリー:銀座に開いた異世界のゲートから、ファンタジー(盾と剣持った戦士とかドラゴンライダー)な奴らが日本に侵略してきて、自衛隊が阻止。自衛隊は逆に異世界に進攻してゲートを封鎖。防衛のために駐屯する。

ゲート1


 今までなかった斬新な設定、ちょっと戦国自衛隊に近い感じはあるけど。
漫画や小説は現役の若手自衛官に人気があり、駐屯地の売店でよく売れてるというというのを聞いたことがある。


前から興味があったので、録画して見てみた。



 

 銃やら戦車やら、ミサイルとか戦闘ヘリやらを使う自衛隊と、剣とか弓を持った敵が戦うので、武力ではまず日本に負ける要素がない、というのは面白く、このアニメ・漫画・小説のお楽しみポイントだと思う。

自分の国の軍隊の圧倒的な優位を味わう。一切の淀みなく、都合が良すぎるとすら感じる勝ちっぷりで、こんな設定、私は今まで見たことがない。

現段階で3~4回の戦闘が行われているけど、自衛官の殉職シーンはなし。(もしかして、これからエグいシーンが増えていくのかな)

「苦戦からの逆転」みたいなセオリーがなくて、「敵が来たから全部やっつける」というだけ、潔い。




 その分、見応えがない。
第1話からインパクト不足な感があり、一応3話まで見たけどいまひとつ。


 初っ端、銀座の襲撃では民間人に多数の犠牲者が出てるはずなんだけど、殺される直接的な描写が少なく、盛り上がりに欠けた。

この作品の導入・自己紹介として凄く大切な部分だと思ったんだけど、「日常が破壊される」という実感や危機感に乏しいスタートを切る。

アニメにするに当たって、あまり残酷なモノを盛り込めないというような限界があるのか、原作でもそうなのかわからないからなんともいえないけど、とにかく盛り上がりに欠ける。




 んで、自衛隊が出てきて敵を一掃。展開が早いのはいいが、味気ない。
(ちなみに、アニメーションとしては動きが少なくて戦闘シーンも少なめ、演出も地味で、低予算を感じさせる中の下のクオリティ。せめて第1話くらいは・・・と感じてしまった)



せっかく自衛隊が主役の作品なんだから、出動までの手順的なものを見せるべきだったのでは。



 「銀座で民間人が虐殺されてる!」って緊急ニュースで流れるシーンとか、携帯をボンヤリ眺める日本人を映すわけ、

 で、次に首相官邸に移って、総理が「警察を動員して暴徒?を食い止めろ!」

 「ダメだ警察じゃ止められない」→総理「自衛隊は・・・!?」→防衛大臣「既に出動の準備は整っています。」

 総理「よし。私の権限で自衛権を行使する」 → 事件後叩かれて退陣



これがカッコイイんじゃないですか!


自衛隊の出動ってそう簡単じゃないでしょう。遺憾ながら出動させちゃった感と、事務的な手順を踏む過程というのが少し欲しい。

夕方のアニメじゃなくて、深夜アニメなんだよ。もっとポリティカルな渋さと、少々のリアリティがあってもいいはず。


 あと、自衛隊は災害が起きると派遣命令が出される前から、自主的に準備を整え待機するらしい。そういう自衛隊の組織としての機能をソッと描写すればもっとかっこよくなったはずだよ。



 更には、相手が何にせよ初めての実戦なわけで、
引き金を引けない自衛官や、手が震える自衛官もいて、だけど仕事だから敵を撃滅する
そこに葛藤があったりといったドラマはないんだね。

深く描きすぎると説教臭くてテンポを阻害しウザイんだけど、
敵の大量の死体を見て「うわぁ・・・やっちゃったよ・・・」みたいな顔する自衛官のシーンを、さり気なく数秒いれるだけで少し深みが出るんじゃないのか。


ゲート2



 もう4話まで進んで、何クールやるのか分からないけど、普通だったらちょっとした佳境があって(または佳境を予感させて)もいいが、微塵も感じず。
むしろラブコメ化しそうな雰囲気であり、ダラダラしていて物語の推進力がない。

真面目なアニメじゃないんだな。という変な衝撃を感じている。



 異世界の設定の構築もゆるくて、スケールの大きさも感じない。

どんな人種がいて、宗教・経済の体系がって、色々な国が成り立ち、軍が動いてゲートを越えるのか、「こういう世界です!ドーン!!」と私たちに叩きつけれるタイミングも逸してしまった感があり、今後にも期待できそうにない。


そもそも、自衛隊の大規模部隊がはじめてゲートを越えて出た先が、何の変哲もなさ過ぎる平原であり、自衛官が「こんな光景なら北海道にもある」とか言い出す始末。

見たことない植物に驚くとか、変な動物がいるとか、地球ではありえない天体が見えるとか、そういうのないしね。

殺したドラゴンかワイバーンかの肉食うために、レンジャーがカレー粉で臭みを飛ばす光景とか、見たくないか!!?

これから見れるのかな!?


ゲート3


 自衛隊の斥候が高機動車で異世界のストーンヘンジの横をただ通り過ぎるんだけど、


 「この世界にもストーンヘンジがあるのか・・・(驚愕)」とか言えよ!!


もしかしたら、太古の昔にブリテン島にゲートが開かれ、そこに入植した異世界人が原住民化し、その名残がイギリスのストーンヘンジだったのかも知れないだろ!!


世界観の広がりをもっと節々にほのめかして欲しいところだ。


似たようなハーレム路線で現代日本が舞台の「はたらく魔王さま」は、物語の背景である異世界「エンテイスラ」にも、超典型的なファンタジーながらよく構築された世界観を感じた。


「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」は異世界が主な舞台なのに、大雑把に感じる。



 このままじゃ、自衛隊が題材のただの安易でイタい萌えアニメじゃないかと思うが、
原作の方はシリーズを重ねているようだし、もしかしたら、回を進めるごとにまとまっていくのかも知れない。

キャラクターは魅力的。




 作品の出来に関係なく、自衛隊の愉快なアニメが出来たことは嬉しく、この流れで「ライジング・サン」のアニメ化も期待しちゃう。
関連記事
  1. 2015/07/28(火) 21:56:36|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

若者を戦争に送らない

 戦争反対とか言って凄い抗議が行われているらしい。全く素晴らしい。戦争は反対だ。

もし日本が戦争をしようとしてるのならね。

安保法案のいざこざで何で「若者を戦争に送るな」って話になるのかよくわからん。「戦争する」なんて誰も言ってないのでは?
こんな生ぬるい法案一つ通したくらいで戦争になるなら、何もせずとも遅かれ早かれ始まっとるわ。
そんでグダグダネチネチ国内で足引っ張り合ってるうちに負けてるだろう。そうなると若者どころか、命が惜しくてたまらないジジ・ババも死ぬ。

「戦争が始まれば若者が~若者が~」と人事か、体のいい口実みたいに連呼するが、まず自分もおっ死ぬ事の心配してよ。



 そして、戦争を始めるのは日本じゃなくて、どっかの中つ国とか北の楽園でしょう。
中国があります、日本があります。客観的に見て、危なそうなのどっちだゴラァ!!!
Fuck You 共産党!! Fuck You テラスハウス!!!

だから、日本人が日本人に向けて「戦争反対」とか言っても、 意 味 が ね ぇ ん だ よ !!!!
やる気はねぇんだから!!




 ニュースの街頭インタビューか何かで見たけど、

「戦争になりそうで怖い」とか「よく分からなくて怖い」とか、そういう馬鹿みたいなフィーリングで反対しとるだろ。
何でこう極端なの。右か左かしかねぇのかよ。

怖いのならむしろ、って話にならないのか。

 
 この「怖い」というのは、戦争への恐怖じゃなくて、現状が変わることへの安易な不安ではないの。
現状維持バイアスとかいうヤツだよ。確かに、戦後は特にどっかとやり合うことも無く、安定した時代を築くことができた。
だからと言って、これから永遠に安全かと言うとそうじゃない。

時代の変化に伴って環境は変わる。経済的にも、軍事的にも今この辺りがアジアの分岐点になっていく。
周りに対処していかないといけない。


 平和ボケしたスローガンを延々口走ってる老害を見るとですね、アレを思い出しますよ。戦時中の日本軍高官共です。
時代が変わったことを認めず、旧来の戦術に固執して、精神論・理想論、これで何人の若者を無下に殺しましたかね。
脳みその構造がガダルカナル島なんだよ!!

そんで前線にも出ず、責任も取らず。安全な所でワーワーやって、我が身可愛さで保身に走る。

一部の左翼の体質というのは、本人達が一番嫌いな旧帝国の体質と同じ。そっくり。
愚かな老害です。

歴史が証明するように、この類の人間はしぶといのでいつまでもいなくなりません。
長生きしては謳い酔い絶頂。


「じんけ~ん・・・じゆ~・・・じんけ~ん・・・じゆ~・・・」とか、うわ言の様に言い続けます。ガチです。
映像で見たことがあります。多分ボケ入ってんですよ。大丈夫ですかと!!!

でも、こういう人も現役で左翼活動家しとるんですわ。
一部だろうけどね。


尊敬しません。チンカスだと思ってるので、耳を貸す気にもなりません。



 糞左翼の一派はいちいち私の家に来て、変な宗教まがいの新聞渡してくるのもやめろ!!!
携帯番号しつこく聞くのもやめろ!!!
集会にはいかねぇ!!!

新聞はちょっと面白そうだったので読もうと思ったけど、
少し目を離してたら 犬 の 便 所 に 使 わ れ て た よ !!??




 安全保障ってのはこうだ。
 
もし家の周辺に不審者がいたら家に鍵して、警察呼ばないといけないし、
そいつが警告聞かず家に侵入し妹をレイプするようなら迷わず殺すか、行動不能にしなければならない。隣の家のオネェちゃんが襲われてても助けるために全力で殺しにいきますよ。

私が不審者の立場なら、こういう覚悟を持ったヤツを襲おうとは思わないけどね。

つまり、不審者が何もしなければ、こっちも何もしなくていい。


戦争しないことが目的なら、こういう形の平和でもいいだろ。




 話は変わるけど、
これから激しく暑い夏が始まります。熱中症には気をつけていこう。
関連記事
  1. 2015/07/16(木) 00:54:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩田社長が天国にダイレクト

 任天堂、岩田社長が死去。驚いた。

「ニンテンドーダイレクト」というネット番組で自ら商品のプロモーションをしたりしてて面白い人だったんですよ。
社長とは思えないほど、凄く親しみやすかった。芸がある人だったんでしょうな。
任天堂の顔として、私にとっては象徴的な人物でした。





 ニンテンドーWiiとDSを世界中に普及させた輝かしい実績、ライトで誰にでも手にとって楽しめるような物を世に出した反面、
任天堂を多数のコアゲーマー層から引き離してしまったという印象。
でも、「自分に出来る事は全部やってる」という頑張ってる感じが好きだった。

ファミコンソフト「バルーンファイト」の製作者の一人としても知られていて、社長になってからも時々プレイしていたらしい。
初心、当時の発想を大切に、「単純で簡単だけど面白いゲームを」って志向の持ち主だと思う。生粋のニンテンドーゲーマー。



 ゲーム業界低迷期の中で、一際苦戦を強いられている「WiiU」。ゲーム業界の王将としての陰りは見えた。
しかし、ニンテンドーを愛している人は決して少なくない。というかシェア的にはまだトップだったっけ?
地盤の厚みが違う。


私のWiiはまだ現役だし、3DSも手放せないゲーム機の一つだ。今更だけど、Wiifitが欲しい。
ファミコンとスーファミまでまだ現役バリバリだ。



 最新機においても、いまだに「マリオ」「ゼルダ」「カービィ」往年のブランドは継続している。
驚きの親しみやすさ、とりあえず「これなら間違いない」という安定感。

逆に言うと目新しさがないんだけど。


任天堂には、何と言うか、味がある。「あぁ任天堂って良いな」と思う任天堂らしい瞬間が必ずある。

岩田社長からもそういう「らしさ」を感じた。ゲーム好きの社長が、ゲーム好きに向けてメッセージを送る、それだけで距離の近さ、親近感があったし面白かったなぁ。

「任天堂は、ゲームで遊ぶ人の側に居るんだ」という意気込みも感じたよ。寂しいね。



 そして、今年はDeNAとの業務提携を取り決め、これからどうなっていくのか状況が動きつつあった所で逝ってしまわれた。
クッパ城に乗り込んでいって、ステージ途中で電源が落ちるようなものだ。

無念だ。


しかし、岩田社長のセーブデータは残っているはず。
頼むよ任天堂。

まだまだ私たちを驚かせてくれ。直接!!



スマホゲーはやらないけどね。
関連記事
  1. 2015/07/13(月) 20:04:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体力年齢40歳を越える

 久々にWiiスポーツをやりましてね。体力測定をやってみたんですわ。





何を根拠に年齢を計っているのか、という疑問はありますがっ。
ありえませんなぁ。この醜態。

ホームラン競争で上手くできないのはブランクがあるとして、ボーリングとか真っ直ぐ投げてるのに勝手に球が曲がりよるぞ。

やはり下半身、体幹の衰えがあるのかもしれない。
インナーマッスルっていうのか、筋トレはするけど運動はしない感じ?

柔軟体操もサボってるうちにやらなくなってしまったので、最早柔軟性も無い。


 こういう総合的な体力の無さが、この結果に現れている。



名誉挽回の為に「2日目」もやったんですけどー、録画ミスで無くなってしまいました。良い記録だったのに、言い訳にしかなりやせん。
関連記事
  1. 2015/07/10(金) 22:41:47|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンスター

 モンスターって栄養ドリンク。中々美味しくて、効きますなぁ。

飲んでから5時間くらいの間は「何でも来い」って感じで元気になれる。頭も回って言葉もスラスラ出てくる。
ただ効果が切れた後の疲労がスゴイ。

一日に使えるエネルギーを4~5時間に凝縮してくれる感じだ。
だから、「今日も一日がんばろう!」とかいって朝一から飲むものじゃないと思う。夕方前にはヘトヘトになってるかもしれないからね。


 効果が切れたときの、頭の空っぽさも凄くて、周りの音とかに若干鈍感になってる気もするし、ボーっとし過ぎて簡単な計算にも時間が掛かる気がする。

不快な疲労と言える。燃え尽きた状態に近い。
関連記事
  1. 2015/07/08(水) 22:35:48|
  2. 食物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽

 25日の夕陽。

窓の外を見ると凄く赤かった。

動画では光が強調されちゃってるけど、肉眼でみるともっと赤く、雲の凸凹がハッキリと見えた。恐らく南西の空で、その方向だけこんな赤い状態だった。
吉兆ですかね。





それにしても、私の使っている動画編集ソフトが骨董品過ぎてヤバイ。アップロード用に他人の顔が映らないように編集したんだけど、このソフトを通すと必ず画質が下がる。
いまだにAVIとMPEG2に出力だ。

約10年前の編集ソフトで色々便利(クロマキーとかフェードとか)だったし、昔はこんな画質でも十分だったんだけどな。
動作は重いし不安定。「ビデオスタジオ12」ってやつなんだけど、今は14とか15でしょ。

高校生の時とか、よくゲームのプレイ動画をニコニコに上げてたな。


 私のアイフォンにはこういう雲撮った動画が結構ある。何か、不思議な空模様だとつい撮影してしまう。
関連記事
  1. 2015/07/01(水) 23:58:41|
  2. 未知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。