てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレーキは・・・・・・踏めない!!

この前夜のタクシーに轢かれ掛けました。
そのお蔭で嫌な事を思い出してしまいました。

あれは、我が愛車ゼファーさんの納車から約13時間が経過した時のこと。
当時はトラウマになったので記事にはできなかったけど、ずいぶん時間経ったしネタに


納車日の緊張もあり、昨日寝ていないのもあってガソリンは夜入れることに決めていました。
交通量も少ないし、ちょっと乗りまわしてみよう。

やはり交通量が少ないと気楽に走れて良いな~と思いつつも、絶対に事故りたくないと凄く集中して同じところをグルグル回っていました。
気づくと深夜の2時、この時間になると私の地元では歩行者はまず見かけなくなります。
道路は運送のトラックぐらいしか走っていない。


時速50キロ程度でメットのフロントを開け風を気持ちよく感じていました。
すると直線状の歩行路に人を発見。サラリーマンでしょうか、友人と思われるもう一人の男性と立ち話をしていました。
別に気にすることでもないですが、「あれでいきなり道路横断してきたら避けられないだろーな」と考えつつも減速する事無く走っていきました。

そしたら、、、立ち話をしていてちょうど私が進む方向に対して背中を向けている男性が、もう一人の男性に手を振り、振り向きざまに道路の横断を試みたのです。
「そんじゃ、また明日」
的な勢いで道路に出た時すでに車線の真ん中アタリまで進行。

「貴様に明日は訪れない・・・」
もうブレーキを踏んでも間に合わないからです。最悪の状況
頭の中が真っ白になると共に
「納車してまだ一日も経ってないのにふざけるんじゃねぇ」と怒りがわいてきました。
そして例の「スローモーション」の世界に突入し色んな事が頭を駆け巡りました。

もしここで急ブレーキを踏もうものなら、後ろにピッタリ引っ付けてきてる巨大なトラックに追突され、三途のリバーへ旅立つ事になっていたでしょう。
また、何もしなければ時速50キロの凶器と化したゼファーさんをストライクしてサラリーマンの命を奪い、ポリスが来て問答無用で逮捕だったでしょう。

時速50キロで障害物を避ける練習なんて教習所じゃやりません。
せいぜい30キロで予め用意されたコーンを回避する程度です。ブレーキも空走距離や停止距離などを考えると全然間に合わないなと思いました。

私がサラリーマンの立場の場合どう考えるかと言うと、まず歩道に戻るかな?といったところですが、そうなるとちょっとキープレフトな私が避けるとなると、出来る限りハンドルを右に切る事になります。
そうなると最悪の場合反対車線に突っ込むことになり結局運悪ければ死あるのみならず他の車にまで迷惑をかけてしまいます。

あ~、もっと早く減速してれば良かったよ・・・
私の責任です。危険は予測したらそれなりの行動をしなければ

ミスればどうせ酷い人生だ!って事で、思いついたのがやっぱり避けること。
少しどうするのか躊躇している間にハンドルを右に切るのは間に合わない状況にまで追い詰められました。
サラリーマンと歩道の間約1メートルの隙間。
ブレーキ踏まなければ一瞬で通り抜けられる。
事故に祭し歩行者が上手く体のバランスを制御して車を避け歩道に復帰する事など出来ない。

出来ない!出来ないでしょ!出来ないはずだ!

だから私は難なくその隙間を通り抜けることが出来る!!
こんな分の悪い賭けは人生初。
そして、めでたくブレーキを放棄ことになったのです。

フロントが開いたメットからサラリーマンに対して強烈な視線を浴びせます。
「死にたくなければそこを動かないことだ」
そう心の中で思ったか、いや違う。
ビビッて何も思い浮かばなかった。とにかく隙間を抜けられるか抜けられないか、それのみ。


そして・・・・
やった!やったよママン 俺生き延びたんだ

スラローム風の危なっかしいテクを披露しつつ、通り過ぎざま、サラリーマンと目が合いました。
二人で死線をくぐり男になった瞬間です。

後続のトラックは猛ブレーキで停止。良かった良かった

その後は震える手を制しつつ帰宅。
そっこーで寝ました。


それからと言うもの、私の走行はさらに慎重になり、歩行者に過剰にビビルことになったのです。
私も普段は少し危険な歩行をすることもあるので、ドライバーと言うのは大変だなと思いました。
いつどこで事故が起こるかわからない。
歩行者・ドライバー共に警戒していれば事故はかなり抑えられるんじゃなかろうか?
と言っても、いつも気を張って歩いたり運転はできないものです。

気をつけましょう。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/09/10(木) 19:30:54|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ザ・ロック | ホーム | ドリキャス復活3>>

コメント

お久です^^
バイクでも車でも一度は経験しますよね、そういうの。
僕も昔は飛ばしましたけど、一度飛ばしてはいなかったんですが事故って以来運転には気をつけるようにしてます。
気をつけていてもクックさんのような場面もありますけどね~^^;
でも本当に大事にならなくてよかったですね!
  1. URL |
  2. 2009/09/15(火) 15:29:09 |
  3. GO GO LINA #-
  4. [ 編集 ]

コメントどうもです。
お久しぶりです。

いつか経験するだろうな~とは覚悟していましたが、まさか納車して即
このアクシデントとはちょっとヘコミましたね(笑
最近は歩行者を警戒し過ぎて逆に危ない運転になってしまっているかもしれませんね。
事故には本当に気をつけていきましょう。
  1. URL |
  2. 2009/09/20(日) 11:55:11 |
  3. クック #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fsibucook.blog29.fc2.com/tb.php/113-5b4fdab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。