てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蜘蛛さん

夜、布団を抱きしめながら寝るのにちょうど良い涼しさ。
10月に入りました。

昼は気持ちの良い陽気。
まだ蚊など飛んでますが、嫌気のさす暑さが去ってくれてありがたい。


虫達は涼しいのが苦手なのか家に侵入してきやがります。
深夜2時ごろ、

翌日の予定の鬱を乗り越え、浅い眠りに入ったころです。
電気は消してあって、壁掛けのライトの明かりを頼りに、夜の一服
薄暗い中灰皿を探っていた時でした。

この季節、窓全開では驚くほど寒く掛け布団の中でうずくまる様な姿勢。
何故か縮こまってると落ち着く。

眠い。

寝よう。

ライトを消す気力もなく、薄明かりの中眠りにつこうとしていました。

落ちる・・・
意識がスリープモードに入るときの独特の感覚。





右の耳元で ゴソゴソッ

!?


!?


蟲!
音の規模からゴキの気配を察知しました。
体が咄嗟に動かせない。
これから眠ろうとしていただけに凄いストレスです。

とにかく、敵の姿を確認しなければ。
顔を音のほうに向けます。

そしたら、

ゴソゴソッ ゴソゴソッ タンッタンッ っと私の顔を目指して一直線に走り来る影あり。

コイツは虫のくせに足音が聞こえやがります。
床を擦る小型の虫の足音と言うよりは、床を叩く足音に近い。

ライトを消さずに寝入ったため、すぐにソイツの正体がわかりました。
蜘蛛です。
それもかなりの大きさ。
タランチュラとか、そんな系統のレベルには到底及ばないものの
今まで生で見たことないような胴の太さと足の長さでした。


ッ!!!!??


血が逆流するぐらい早く正気を取り戻しました。
神速でバサッと飛び起きます。

デカイ デカ過ぎる。

何だコイツは 何で私の部屋にこんなおっかない生き物が・・・


私は本能的にエアーライフルを手に取ります。
BB弾を発射するオモチャです。
高校生の時に数万円を出して買っちゃったボルトアクション式の長物。
遠距離を覗けるスコープが装備されていました。


ダメだっ!怖い!あいつを殺すまで眠れない!

玉を込めて、
撃つ為にデカ蜘蛛の現れた位置に素早く目を戻します。

いない。
どこに隠れた!?

みんなが寝静まる深夜。
耳を凝らしてアイツの居場所を突き止めます。


ガサガサ・・・

聞こえる。

が姿が見えない。

狭い所に入られると手が出せない。

細い棒をその音がする所に突っ込んで蜘蛛を炙り出します。

キタっ!
やはり大きい。
そして素早い。
そこらで良く見る 小さい蜘蛛より数段足が速い。
恐怖です。


次から次に狭い場所に隠れて回ってどうしようもありませんでした。

コイツ何が目的なんだよ。

しばらく棒で突っつき 炙り出す行為を続けていると、ついに奴が小さい箱の中に入りました。
AMAZONの郵送に使われる小さな箱です。
本一冊注文して、わざわざこのサイズの箱で送ってくれるんだから、多分AMAZONの最小サイズ。
汚くバリバリに開けてあったこの箱。
蜘蛛の視点で考えてみると、入るのは簡単ですが、出るのはなんだか難しそうな感じがしました。

「ドコにでもへばり付く」虫の特性を自ら殺しているような巨体 何だかそれくらいの重量感を感じました。
しかもダンボールのスベスベな素材では、、

パンッ 箱に入ったため、姿は見えませんが一発撃ちこみます。
このエアガンはダンボールくらいなら容易に貫通します。


・・・・ヤツの音が聞こえなくなりました。

当たったかな、
やはりこの箱に入ったのが運のつき、私の絶対優位です。

・・・

なんだか可哀相になっていきました。
生身で私に戦いを挑んだ蜘蛛に対して、飛び道具なんて無粋なものを使ってしまった。
この蜘蛛、部屋に迷い込んだだけかも知れない。
迷い込んだだけで、殺されかけるのだから 蜘蛛にとって私はどんな存在なのか。

きっと鬼のように恐ろしい存在に見えたでしょう。



休戦。

私は箱を素早く閉めて、外に出ました。
そして恐る恐る箱を開け、外に逃がしました。

誠に申し訳ないことに、蜘蛛の足は一本欠けていました。
私が恐怖心に駆られて放った一発は蜘蛛にとっての最後の要塞、ダンボールを貫通し足を粉砕していたのです。
ビビッていた先ほどまでならともかく。
休戦した今、
蜘蛛さんの、一目散に逃げる後姿を見ると申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
本当にすまんかった。

最初から箱を閉めて 外に逃がしてあげれば良かった。

数分前まで殺そうとしていた私が思うのもあれだけど、
どうかお元気で

今度は何もしないので また遊びに来て欲しい。

めでたし めでたし。




箱に残っていた「足」 キモイ。
箱を振るとカサカサと音が鳴るほどの大きさ。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/10/12(火) 18:56:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<セフォー 対 ハント K1ワールド・GP2001 福岡 | ホーム | やっちまった>>

コメント

でかい蜘蛛とはビビりますよねw
蜘蛛ではないけどでかいムカデが部屋に入ったときは、さすがにパニくりましたよw
キンチョールごときでは動きを鈍らせるのが精一杯という感じで、最後は雑誌でベンベンと叩いてようやく瀕死状態。
夜中に家の前の竹やぶから折れた竹を2本もって来て、ムカデを挟んでポイしましたが本当に怖かったです。
  1. URL |
  2. 2010/10/13(水) 15:09:21 |
  3. GO GO LINA #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ムカデって・・・
あの足がウジャウジャ生えてるグロテスクな虫ですよね?
それもデカイときたもんだw
普段わりと見る蜘蛛なんかより、デカイ百足が現れた時の方が衝撃が凄そうです。
想像しただけで体が痒くなってきますw

虫苦手なんですよ~
  1. URL |
  2. 2010/10/14(木) 20:47:05 |
  3. クック #-
  4. [ 編集 ]

そうですw
あの長くて足がうじゃうじゃのですw

しかも刺されると超痛いらしく人畜無害どころか鬼畜な生物です。
僕も歳をとるにつれて虫ダメになってきました。

バッタでさえ触れなくなってきましたし、苦手というのは本当によく分かります。
  1. URL |
  2. 2010/10/15(金) 15:55:54 |
  3. GO GO LINA #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fsibucook.blog29.fc2.com/tb.php/270-0979cd17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。