FC2ブログ

てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寿司

 私はマグロが食えない。

特に赤身が駄目だ。血のゼリーに見える。味もマグロの血液だ。
そんなものを酢飯に乗っけて食うとか吐きそうになる。日本国民にあるまじき好き嫌い。

 「それは本当に旨い赤身を食ったことがないからだ」

と、親父が言うので、数年前の夏、
青森の漁港までいって、それこそ獲れたて無冷蔵のマグロの赤身を食った。

確かに、パックの寿司なんかとは全く違う。

より新鮮で・・・舌触りが良く・・・生臭さの無い・・・?

おぉ!!これは・・・!?

高級な血のゼリーだ

私はその極上の赤身を飲み込むことが出来ず、かといって大将(?)の前で吐き出すことも出来ず。
鼻で必死に息をする。マグロの臭いが鼻から抜けて涙が出てくる。
手洗いに急いで駆け込み対処。


 なるほど、マグロ・赤身の旨味、本当に旨い赤身というのは、血の味!!ということ?
血の味といっても、人間の鉄臭い血ではない。
マグロの持つフレッシュな血。それが魚肉によく染みた物が良い赤み。

 大将の華麗な包丁捌きは、繊維を傷つけることは無く、
生魚の持つ命、新鮮さをそのまま。風味を極限まで邪魔せず維持し、かつ一口でいけるよう。
切断するのではなく、マグロをマグロのまま完璧に斬り取っている。

 魚を切って食う。という一見シンプルな食事。注文から実際に出されるまで3分とかからない。
ある意味、かなり野性味のある食い物のはずだが、その単純さ故に、一品をより良く味わうために注ぎ込まれる技術は奥の深いものへと昇華している。
とても日本人らしい、細かいところまで突き詰められた食事。食べることに意義がある食べ物。

皿に一口サイズのモノを2貫という慎ましさ。まっさらな小皿の余白・空間、華を咲かせる(特にマグロさんは)。 
まるで大和絵のような侘び寂び。
美しいものは美しいまま食わねばならないから、一口一口で目の前から消す必要がある(昔は一皿に一貫で今より大きいものを食べたらしい)。なにより、シャリの崩れ、切り身の乾燥などを考えるととにかく寿命が短い食べ物。クッソ歪みねぇ!

出されたら、素手か箸でサッサと掴み、サッサと口に運ぶ。このスピーディーな一連の流れは、寿司が元来江戸のファーストフードだった名残を感じることができ、素手でいく場合のそのちょっとした俗っぽさが粋である。
良いですね寿司は。
食えないけど。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/09(月) 22:10:59|
  2. 食物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<amazonレビュー すごい | ホーム | イン・トゥ・ザ・ストーム>>

コメント

まぐろのステーキとかはどうでしょうか?
にんにく風味のステーキのタレをかけて食べるとイケる味です。
中まで火を通せば、赤身が見えなくなる利点アリです。
  1. URL |
  2. 2015/03/10(火) 22:03:54 |
  3. ようかん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

 こんばんは。コメントありがとうございます!

マグロを柵でドバッと焼く、美味しそうですね!
前から炙りだったら食べれるかも・・・と思ってたのでこれだったら食べれるかも。
火を通すと臭いが消せ、ニンニクソースも使えますし。

食感も、口の中でホロッと崩れるような感じですかね。
ごはんが進む予感です。
  1. URL |
  2. 2015/03/12(木) 23:21:45 |
  3. クック #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fsibucook.blog29.fc2.com/tb.php/893-bbbf3ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。