てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紳士のカントリ

 居間のパソコンの近くにメモの切れ端が置いてあって、こう書かれてた「イギリスはなぜ紳士の国と呼ばれるようになったか? ~日ていしゅつ」。

多分、弟の大学の課題か何かかな。英文専攻らしいから、宿題かなんかだと思う。


 思えば、なんであの国が「紳士の国」とか呼ばれてるのか疑問だ。
かなり漠然としたイメージで、シルクハット・スーツの白人がすぐに思い浮かぶが、そんな格好なら誰でも出来る。

そして、世界中を侵略しまくって虐殺の限りを尽くした帝国が、「紳士」というのは嘘だと気づく。
「栄光ある孤立」とかちょっと調べてみると糞笑えるからおすすめだ。
うちの国も過去を見返せば他人のことは言えないが、イギリスさんほどド汚くない。その残虐さには到底及ばない。
その厚かましさは日本も見習うべきだと、真剣に思う。


大体が、海賊の末裔の国で、紳士とは正反対の蛮ワイルドな国でしょ。
「エリザベス ゴールド・エイジ」っていうイギリスとスペインの戦争をテーマにした映画があるけど、あれ史実と違いすぎてマジで死ぬほど笑えるから、こちらもおすすめだよ。(ちなみに普通に観ていて面白い)


 多分、本当に「呼ばれてる」だけじゃないのか。
イメージ戦略で恥部を隠すために努力したんだ。ウンコにハンケチーフを被せて香水をたっぷり撒けば、一応ウンコには見えない。

そりゃキャサリン妃とかのニュースだけみてりゃ、上品な国には見えるよ。
でも実際のところは、かなり厳しい。ブラック企業の会社理念に似てる。



 紳士の信条に「弱きを助け」ってあった気がするけど、イギリスほど弱いものによってたかって虐め尽くした国はねいし。
また、2枚舌、3枚舌外交とか言われるように基本的に嘘つきで、自分が儲かればなんでもいい。
「007」の悪党のボスみたいな感じじゃないか。倒すことが出来ないから、より性質が悪い。


 
 実態がそうでなくても思い込ませればイメージとして定着する。
凄く便利だから、これは本当に日本も参考にするべきだ。
日本人は真面目だから、イメージだけじゃなくて実のあるものにも出来ると思う。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/05/16(土) 10:07:06|
  2. くだらない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恐怖の森 | ホーム | 強すぎる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fsibucook.blog29.fc2.com/tb.php/930-724b98e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。