てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩田社長が天国にダイレクト

 任天堂、岩田社長が死去。驚いた。

「ニンテンドーダイレクト」というネット番組で自ら商品のプロモーションをしたりしてて面白い人だったんですよ。
社長とは思えないほど、凄く親しみやすかった。芸がある人だったんでしょうな。
任天堂の顔として、私にとっては象徴的な人物でした。





 ニンテンドーWiiとDSを世界中に普及させた輝かしい実績、ライトで誰にでも手にとって楽しめるような物を世に出した反面、
任天堂を多数のコアゲーマー層から引き離してしまったという印象。
でも、「自分に出来る事は全部やってる」という頑張ってる感じが好きだった。

ファミコンソフト「バルーンファイト」の製作者の一人としても知られていて、社長になってからも時々プレイしていたらしい。
初心、当時の発想を大切に、「単純で簡単だけど面白いゲームを」って志向の持ち主だと思う。生粋のニンテンドーゲーマー。



 ゲーム業界低迷期の中で、一際苦戦を強いられている「WiiU」。ゲーム業界の王将としての陰りは見えた。
しかし、ニンテンドーを愛している人は決して少なくない。というかシェア的にはまだトップだったっけ?
地盤の厚みが違う。


私のWiiはまだ現役だし、3DSも手放せないゲーム機の一つだ。今更だけど、Wiifitが欲しい。
ファミコンとスーファミまでまだ現役バリバリだ。



 最新機においても、いまだに「マリオ」「ゼルダ」「カービィ」往年のブランドは継続している。
驚きの親しみやすさ、とりあえず「これなら間違いない」という安定感。

逆に言うと目新しさがないんだけど。


任天堂には、何と言うか、味がある。「あぁ任天堂って良いな」と思う任天堂らしい瞬間が必ずある。

岩田社長からもそういう「らしさ」を感じた。ゲーム好きの社長が、ゲーム好きに向けてメッセージを送る、それだけで距離の近さ、親近感があったし面白かったなぁ。

「任天堂は、ゲームで遊ぶ人の側に居るんだ」という意気込みも感じたよ。寂しいね。



 そして、今年はDeNAとの業務提携を取り決め、これからどうなっていくのか状況が動きつつあった所で逝ってしまわれた。
クッパ城に乗り込んでいって、ステージ途中で電源が落ちるようなものだ。

無念だ。


しかし、岩田社長のセーブデータは残っているはず。
頼むよ任天堂。

まだまだ私たちを驚かせてくれ。直接!!



スマホゲーはやらないけどね。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/13(月) 20:04:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<若者を戦争に送らない | ホーム | 体力年齢40歳を越える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fsibucook.blog29.fc2.com/tb.php/959-f2250be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。