FC2ブログ

てぃむてぃむ 沈黙のでぃさぴあ

ゲームとか映画とか( ՞ਊ ՞)☝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の感想

 ジョジョの後番組として始まったアニメ。


ストーリー:銀座に開いた異世界のゲートから、ファンタジー(盾と剣持った戦士とかドラゴンライダー)な奴らが日本に侵略してきて、自衛隊が阻止。自衛隊は逆に異世界に進攻してゲートを封鎖。防衛のために駐屯する。

ゲート1


 今までなかった斬新な設定、ちょっと戦国自衛隊に近い感じはあるけど。
漫画や小説は現役の若手自衛官に人気があり、駐屯地の売店でよく売れてるというというのを聞いたことがある。


前から興味があったので、録画して見てみた。



 

 銃やら戦車やら、ミサイルとか戦闘ヘリやらを使う自衛隊と、剣とか弓を持った敵が戦うので、武力ではまず日本に負ける要素がない、というのは面白く、このアニメ・漫画・小説のお楽しみポイントだと思う。

自分の国の軍隊の圧倒的な優位を味わう。一切の淀みなく、都合が良すぎるとすら感じる勝ちっぷりで、こんな設定、私は今まで見たことがない。

現段階で3~4回の戦闘が行われているけど、自衛官の殉職シーンはなし。(もしかして、これからエグいシーンが増えていくのかな)

「苦戦からの逆転」みたいなセオリーがなくて、「敵が来たから全部やっつける」というだけ、潔い。




 その分、見応えがない。
第1話からインパクト不足な感があり、一応3話まで見たけどいまひとつ。


 初っ端、銀座の襲撃では民間人に多数の犠牲者が出てるはずなんだけど、殺される直接的な描写が少なく、盛り上がりに欠けた。

この作品の導入・自己紹介として凄く大切な部分だと思ったんだけど、「日常が破壊される」という実感や危機感に乏しいスタートを切る。

アニメにするに当たって、あまり残酷なモノを盛り込めないというような限界があるのか、原作でもそうなのかわからないからなんともいえないけど、とにかく盛り上がりに欠ける。




 んで、自衛隊が出てきて敵を一掃。展開が早いのはいいが、味気ない。
(ちなみに、アニメーションとしては動きが少なくて戦闘シーンも少なめ、演出も地味で、低予算を感じさせる中の下のクオリティ。せめて第1話くらいは・・・と感じてしまった)



せっかく自衛隊が主役の作品なんだから、出動までの手順的なものを見せるべきだったのでは。



 「銀座で民間人が虐殺されてる!」って緊急ニュースで流れるシーンとか、携帯をボンヤリ眺める日本人を映すわけ、

 で、次に首相官邸に移って、総理が「警察を動員して暴徒?を食い止めろ!」

 「ダメだ警察じゃ止められない」→総理「自衛隊は・・・!?」→防衛大臣「既に出動の準備は整っています。」

 総理「よし。私の権限で自衛権を行使する」 → 事件後叩かれて退陣



これがカッコイイんじゃないですか!


自衛隊の出動ってそう簡単じゃないでしょう。遺憾ながら出動させちゃった感と、事務的な手順を踏む過程というのが少し欲しい。

夕方のアニメじゃなくて、深夜アニメなんだよ。もっとポリティカルな渋さと、少々のリアリティがあってもいいはず。


 あと、自衛隊は災害が起きると派遣命令が出される前から、自主的に準備を整え待機するらしい。そういう自衛隊の組織としての機能をソッと描写すればもっとかっこよくなったはずだよ。



 更には、相手が何にせよ初めての実戦なわけで、
引き金を引けない自衛官や、手が震える自衛官もいて、だけど仕事だから敵を撃滅する
そこに葛藤があったりといったドラマはないんだね。

深く描きすぎると説教臭くてテンポを阻害しウザイんだけど、
敵の大量の死体を見て「うわぁ・・・やっちゃったよ・・・」みたいな顔する自衛官のシーンを、さり気なく数秒いれるだけで少し深みが出るんじゃないのか。


ゲート2



 もう4話まで進んで、何クールやるのか分からないけど、普通だったらちょっとした佳境があって(または佳境を予感させて)もいいが、微塵も感じず。
むしろラブコメ化しそうな雰囲気であり、ダラダラしていて物語の推進力がない。

真面目なアニメじゃないんだな。という変な衝撃を感じている。



 異世界の設定の構築もゆるくて、スケールの大きさも感じない。

どんな人種がいて、宗教・経済の体系がって、色々な国が成り立ち、軍が動いてゲートを越えるのか、「こういう世界です!ドーン!!」と私たちに叩きつけれるタイミングも逸してしまった感があり、今後にも期待できそうにない。


そもそも、自衛隊の大規模部隊がはじめてゲートを越えて出た先が、何の変哲もなさ過ぎる平原であり、自衛官が「こんな光景なら北海道にもある」とか言い出す始末。

見たことない植物に驚くとか、変な動物がいるとか、地球ではありえない天体が見えるとか、そういうのないしね。

殺したドラゴンかワイバーンかの肉食うために、レンジャーがカレー粉で臭みを飛ばす光景とか、見たくないか!!?

これから見れるのかな!?


ゲート3


 自衛隊の斥候が高機動車で異世界のストーンヘンジの横をただ通り過ぎるんだけど、


 「この世界にもストーンヘンジがあるのか・・・(驚愕)」とか言えよ!!


もしかしたら、太古の昔にブリテン島にゲートが開かれ、そこに入植した異世界人が原住民化し、その名残がイギリスのストーンヘンジだったのかも知れないだろ!!


世界観の広がりをもっと節々にほのめかして欲しいところだ。


似たようなハーレム路線で現代日本が舞台の「はたらく魔王さま」は、物語の背景である異世界「エンテイスラ」にも、超典型的なファンタジーながらよく構築された世界観を感じた。


「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」は異世界が主な舞台なのに、大雑把に感じる。



 このままじゃ、自衛隊が題材のただの安易でイタい萌えアニメじゃないかと思うが、
原作の方はシリーズを重ねているようだし、もしかしたら、回を進めるごとにまとまっていくのかも知れない。

キャラクターは魅力的。




 作品の出来に関係なく、自衛隊の愉快なアニメが出来たことは嬉しく、この流れで「ライジング・サン」のアニメ化も期待しちゃう。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/28(火) 21:56:36|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<帝都五輪 | ホーム | 若者を戦争に送らない>>

コメント

おそらく原作未読だからだろうけど大半的外れな批評でワロタ
というか原作以前にアニメが誰の視点から話が進んでるか4話も観て理解出来ないってのも......ww
同じアニメ観ても某サイトの14歳のフィリピン人の少年のがよっぽど鋭い解釈してるよ
まあ今回のアニメで異変までやるか怪しいもんだけどね
  1. URL |
  2. 2015/08/17(月) 19:39:44 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

 コメントありがとうございます。

どこを楽しみ・観るべきなのか教えてくれるとありがたかったです。
  1. URL |
  2. 2015/08/17(月) 21:33:57 |
  3. クック #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fsibucook.blog29.fc2.com/tb.php/963-76a11acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クック

Author:クック
文章はあまり上手くありやせん
(⌒,_ゝ⌒)

魂斗羅とヴァンダムを信奉しています

最近の記事

カテゴリー

スポンサーリンク


最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。